-PR-
解決
済み

ガソリンの特性について教えてください。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.75078
  • 閲覧数6563
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

灯油の気化する温度は61度、そしてガソリンの気化する温度は-21度、ということを最近知りました。ということはガソリンはたとえば手を入れた場合とってもつめたいということなのでしょうか?ガソリンスタンドで給油する場合、オイルタンクに入っていくガソリンは液体なのに外気は常に気化する温度よりかなり高いのになぜ液体のままなのでしょうか?そしてということはガソリンスタンドのガソリンはもしかして冷蔵のきくタンクに入っているのでしょうか?
すいません、変な質問で。でも回答まっております。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

確かに気化することのできる温度は常温よりかなり低いのは事実ですが、これは液体でいられなくなる温度ということではありません。液体でいられなくなる温度は沸点と呼びます。たとえば水の沸点は100℃(正式には99.976℃)ですが、常温で水が蒸発しないかというと決してそんなことはありません。コップに水を張って放っておけばやがては蒸発してなくなりますが、決して沸点まで加熱したわけではありません。ガソリンでも話は同じで、気化はしますが沸騰しているわけではないので液体で存在できるのです。エアコンなどで使用するフロンガスなどは沸点が常温よりもずっと低いので、密閉容器から出したとたんに気化して、液体の状態ではなくなってしまいます。それ以下の温度では気化しないということと、沸騰してすべて気化するということはまったく別の話です。
お礼コメント
noname#7655

すゴーくわかりやすかったです。なるほど!ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-05-12 19:44:48
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 19% (92/463)

化学の事は疎いの気体液体の話はどなたかにお任せするとして・・・ 製油所のタンクも、スタンドのタンクも 白油と言われる燃料油(ガソリン、軽油、灯油)は 常温保存タンクです 実質の容量に対して何%と保存する容量が決まっていまして 10キロリットルと表示されていれば タンクの因って違いますが5%~10%の余裕を見て 作られています 白油は熱膨張しますので夏場と冬場では容積が変わります 確か夏場 ...続きを読む
化学の事は疎いの気体液体の話はどなたかにお任せするとして・・・
製油所のタンクも、スタンドのタンクも
白油と言われる燃料油(ガソリン、軽油、灯油)は
常温保存タンクです
実質の容量に対して何%と保存する容量が決まっていまして
10キロリットルと表示されていれば
タンクの因って違いますが5%~10%の余裕を見て
作られています
白油は熱膨張しますので夏場と冬場では容積が変わります
確か夏場と冬場では10キロリットルに対して
500リットルは平気で狂いますよ
って事で余談を含めたスタンドのお話でした
お礼コメント
noname#7655

ほーー。ありがとうございます。しらなかったです。ガススタ女のこはどうしてみんなみんな金髪なんでしょうか。という偏見に近い疑問を抱く今日この頃です。
投稿日時 - 2001-05-12 19:47:21


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ