-PR-
m31639

平衡の問題を考えるうえで、
1、反応式を書く
2、最初の分子量、反応量、反応後(平衡時)の量
というやり方で解いているのをよく見かけます。
そこで質問なのですが、
例えば最初の量がxだったときに、反応量がx-aのパターンと-axのパターンとではどう見分けるのでしょうか。わかりにくかったら申し訳ありません。どなたか回答よろしくお願いします。
  • 回答数1
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全1件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2012-02-16 10:11:27
    • 回答No.1
    a を反応量として、x‐a (mol)

    a を電離度(解離度)として、x‐ax=x(1‐a)


    このような違いで、どちらにするかは問題に依るでせう。

    後者の方が近似しやすいです。
    お礼コメント
    ありがとうございました。参考にします。
    投稿日時 - 2012-02-16 19:26:00
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-
    • 回答数1
    • 気になる数0
    • ありがとう数0
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ