-PR-
解決
済み

建築確認の軽微な変更の条文の不自然について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.6996
  • 閲覧数301
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 12% (3/25)

建築確認が受理されて、着工したあとに、
軽微な変更をすることができて、
その根拠条文は、建築基準法の第12条第3項と
聞き及んでおりますが、条文を読んでも、
全く、そのようなことができそうに理解できません。

最近、この軽微な変更が厳しくなっていると
聞いていますが、まず、条文を理解したいのですが。

12-3「(略)建築主事は、(略)建築主(略)に対して、
建築物に関する工事の計画(略)に関する報告を
求めることができる。」
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 21% (48/221)

「工事の計画に関する報告を求めることができる」=「申請の通りでない場合は、ちゃんと報告をし、許可を取りなさい」くらいに砕けて考えれば良いでしょう。

tuhaさんが言ってみえる通り、配置や面積に関わる変更は、申請の出し直しになります。
それ以外の変更で、例えば間取りの変更などは、現在は変更申請を行うことになっています。以前は記載事項変更の届け出だけでしたから、かなり厳しくなり、申請料も必要になりましたから、お施主さんにかかる負担は大きくなってしまいました。
ただし、この辺りも建築事務所との打合せ次第で、法的に影響ない場合ですと、記載事項変更の届け出で許可していただける場合も多いです。私の経験だけかも知れませんが。

何故このように厳しくなったかというと、申請時と完成時では全く異なっている建物が多発したからとか(特に住宅で)。申請業務を民間に開放するに当たり、その再審査が無料では負担が大きい為、変更申請と言う形をとり、有料にしたとの事。
工事中の中間検査や完成時の書類など、我々の方は手間ばかり増えて、負担が大きくなってしまいました。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 7% (3/41)

条文の内容は読んだトウリデ、何を云っているかと言うと、もう一度確認申請取り直しなさい! と言っているのです。 理不尽な事は解かりますが、今はそうなっています(最近) 軽微な変更 この内容が解かりませんので、なんとも申し上げにくいのですが、面積 配置 の関わることであれば、OUT です。
条文の内容は読んだトウリデ、何を云っているかと言うと、もう一度確認申請取り直しなさい! と言っているのです。
理不尽な事は解かりますが、今はそうなっています(最近)

軽微な変更

この内容が解かりませんので、なんとも申し上げにくいのですが、面積 配置 の関わることであれば、OUT
です。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
家選びの決め手、契約時に気をつけたこと。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ