総ありがとう数 累計4,282万(2014年10月22日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
TheBlackArtist

トロイダルコイルのインダクタンスについて教えていただけませんでしょうか。

トロイダルコイルの一回巻きとは、導線をコアに一周巻くことではなくコアの中に
貫通させる事と知り、ただ導線をコアの中を貫通させるだけで本当に電流に変化が起きるのか
興味を持ったので実験してみました。
しかし、コアを貫通させても何も変化が起きず、その原因が分からず悩んでおります。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂けませんでしょうか。


実験は、電源用トランスで100V→16Vの交流電圧原(60Hz)を作り、それに100Ωの
抵抗を繋ぎ、さらに別の電源トランスのコアの中に導線を通して、100Ωの抵抗
のみの場合と比べて電流値が変化するかを確認しました。

しかしながら、導線をコアに貫通させるか否かにかかわらず、電流は160mA(rms)で、変化は
ありませんでした。

インダクタンスLを計算し、L=0.14程度と見積もっていたので、インピーダンスはコイルの分
(ωL = 2π×60Hz×0.14 = 53Ω)が加わった、Z = √(100^2+53^2) = 113Ωとなり、電流の実効値の
変化は十分判別できると考えていたのですが・・・


インダクタンスの計算は
http://www.nyanya.sakura.ne.jp/es/ant/ant016.html (トロイダルコイルの自己・相互インダクタンス)
を参考に、
内半径R1=3cm, 外半径R2=4cm, 高さh(幅?)=3cm, 透磁率μ=100, 巻き数N=1 (100V用電源トランス)
で計算しています。
透磁率100は実際はわからないのですが、それくらいはあるだろうと推測して入れています。
もし透磁率の問題なのでしたら、鉄の棒を買ってきて試してみようと思います。
  • 回答数2
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全2件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2011-05-07 19:26:53
  • 回答No.1
インダクタンスの概算で、真空中の透磁率μ0が計算に入っていないように思います。
ご質問で書かれている透磁率というのは、たぶん比透磁率(μs=μ/μ0)ではないでしょうか。
とすると、インダクタンスLにはさらにμ0(=4π*10^(-7))がかかるので、計算値の約100万分の1程度になり、ほとんどインダクタンスの影響は現れなくなるかと思います。
お礼コメント
真空の透磁率を忘れて比透磁率だけを入れていたとは・・・影響が出ないのは当たり前でした・・・
ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2011-05-07 21:05:50
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全1件)

  • 2011-05-07 19:32:35
  • 回答No.2
>インダクタンスLを計算し、L=0.14程度と見積もっていたので
> 透磁率μ=100

透磁率μ=100 とは、実際にはμs=100のことで
μ=μ0×μsなので、μの値は100程度ではなく、その100万分の1程度です。

μ0=4π×10-7(マイナス七乗)です
お礼コメント
ご回答いただきありがとうございました。
真空の透磁率を入れ忘れていたことに全く気付きませんでした・・・
投稿日時 - 2011-05-07 21:06:33
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数2
  • 気になる数0
  • ありがとう数0
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ