総ありがとう数 累計4,329万(2014年12月18日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
noname#138315

ニール・アームストロング船長の「これは私には小さな一歩だが人類にとって大きな一歩」は有名ですが、二人目の到達者が「これは私には小さな一歩だが、アームストロングにとっては大きな一歩」だ、というギャグを言ったと聞いたことがあります。アームストロングが小柄だったので。

これを言った人、誰かわかりますか。

アームストロングの着陸船に同乗していたオルドリン飛行士のセリフなのか、それとも次のアポロの乗船者が言ったのか、はたまた単なる落語かコントか何かのジョークでそんな事を言った人はいないのか。

真相を知ってる方いらっしゃいますか。
  • 回答数1
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全1件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2011-01-05 23:40:41
  • 回答No.1
 正確には月に降り立った「3人目」のピート・コンラッドでしょう。ちなみに、そのときのセリフはこうです。

「ニールにとっては小さな一歩だったかもしれないが、ぼくにとっては長い一歩だ」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89#.E3.82.A2.E3.83.9D.E3.83.AD
お礼コメント
noname#138315

ああ逆だったのか。自虐ネタだったんですね。

ともかく、まさにこれでした。ありがとうございます。
投稿日時 - 2011-01-06 09:01:08
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数1
  • 気になる数0
  • ありがとう数0
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集


年賀状のマナーや作り方を学べるQ&A特集!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ