総ありがとう数 累計4,331万(2014年12月21日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
mooot5

アルミの電解発色ってなんですか?
電解着色は、陽極酸化塗装複合皮膜のことですよね?
  • 回答数1
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全1件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2010-10-20 10:32:07
  • 回答No.1
下記の書類(PDF)「アルミニウムの表面処理」を参照下さい。「三協立山アルミ」の中のページです。
http://buildingsash.net/tech/pdf/STB0235ASIRYO_11.pdf

これによるとアルミの表面処理(仕上げ)については、大まかにいうと
・複合皮膜
 -シルバー
 -電解着色
 -ホワイト
・複合着色
 -グレイ
・着色塗装
 -フッ素樹脂塗装
 -熱硬化アクリル樹脂塗装
 -ポリウレタン樹脂塗装

に分かれるようです。(一応これはこの会社の仕様ですが、どこも同じようなものでしょう。)
この中で「シルバー」とされるのが、いわゆる「陽極酸化被膜処理」のものです。これに対して「電解着色」とあるものは一般的に「ブロンズ」と呼ばれる「薄茶色~コゲ茶色」の発色のものです。
これからわかるように、一般的なアルミ(特にサッシなど建材)では「複合被膜」といわれる仕上げがほとんどです。残りの「複合着色」「着色塗装」の二つは相当特殊な「特注品」としての仕上げになります。
質問者様のおっしゃる「電解発色」というのは実は「電解着色」と同じものです。で、「電解着色」とは「陽極酸化被膜の上に塗装被膜を施したもの」であり「陽極酸化塗装複合皮膜」という呼称でも通ります。
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数1
  • 気になる数0
  • ありがとう数2
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集


年賀状のマナーや作り方を学べるQ&A特集!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ