-PR-

解決済みの質問

質問No.6163910
困ってます
困ってます
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数1
閲覧数739
喉の疲れ。
喉の疲れ。




最近1人でカラオケ行くのですが、最初に歌う感じと、最後に歌う時の感じが同じ曲でも違います。

たぶん休みなく1人で歌ってるので喉が疲れてるのが原因だと思うんですが、大体30分経つ頃からビブラート?があまり使えなくなってきます。

キツいキーの曲ばかりを歌ってる訳でもなく、そんなに喉をツライような事はしてないのにビブラートが使えなくなるというのは、単に自分の喉の持久力が無いのでしょうか?

ボーカルトレーニング等は全くやったことないのですが、自分は持久力が普通より少ないと思いますか?


大体カラオケ一人で行くときは1.5時間位ですが、ほとんど休み無しで喉が枯れたりという感覚はした事ないのですが、明らかに後半の歌声は質が落ちています。

何か良い改善策はないでしょうか?


最後に、個人差はあると思いますが喉はどのくらいで回復するのでしょうか?



色々と質問ばかりして申し訳ないです。何かアドバイス等貰えたらと思い投稿しました。
それでは宜しくお願いします。
投稿日時 - 2010-09-06 23:05:38

質問者が選んだベストアンサー

回答No.1
バンドで10年ほど歌ってます。ライブや練習は喉を酷使する作業ですから、アドバイスを。

>大体30分経つ頃からビブラート?があまり使えなくなってきます。

ガラガラしたり、喉を痛める感じでなければ、むしろ、無駄な力が抜けて、体のエンジンがかかり、最も自然な発声が出来てきたと考えるべきかも。声がよく出る状態は「全身で声が出る開放状態」なのです。
また、ビブラートは意図的にかけるのではなく、その開放状態で初めて、勝手にかかってくるもの。演歌のビブラートや平井堅みたいなビブラートをイメージをしてませんか?アレは意図的に揺らしてるので、体からすれば「不自然な声」なんですよ。だから、体が起きてきて、全身で声を出すときには、無駄な部分がそぎ落とされて、自然でストレートな発声に収束するのです。それが本物のビブラート。確かにそれは開始30分ぐらい。


>明らかに後半の歌声は質が落ちています。

とは言え、喉は筋肉で疲れていくモンですから、やっぱり声帯の疲労とともに、疲れてきます。1.5時間も歌い続ければ、相当疲れるよね。できればこまめに水分補給しながら、首を回したりしながら、ストレッチしながら。

>最後に、個人差はあると思いますが喉はどのくらいで回復するのでしょうか?

よく言うのは、初心者は2日続けて練習するな。といいます。一日トレーニング、一日休み。あと睡眠が特に大事といいます。1日あけると、だいぶダメージも回復しますよ。ただ、喉を枯らしてしまうと、1週間は回復を要するので、おかしいな?と思ったら即中止。さ湯でも飲んで、ゆっくりお休みしましょう。

余談ですが、、喉の持久力はほとんど個人差がありません。要は、「喉をつぶさない自然な発声=耐久力がある」と言うことですから。鉄の喉なんていいますけど、アレは喉じゃなくて発声技術がイイんですよ^^;
投稿日時 - 2010-09-07 17:01:24
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
回答ありがとうございます!

>演歌のビブラートや平井堅みたいなビブラートをイメージをしてませんか?

正にその通りです><ビブラートってみんな意識してやってるもんだと思っていました。
でも演歌の【こぶし】みたいなあからさまなのではなく、自然な感じを意識的にやってる感じです。

曲の中でのばす時に少しもビブラートを使えないとカッコ悪い気がしてしまいます。

>できればこまめに水分補給しながら・・・

はい曲と曲の間や間奏の時にはジュースを飲んでいます。ストレッチはしたこと無かったです><
でも確かにガラガラしたり痛めてる感じはしないのですが、喉が疲れてる感じはあります。

>初心者は2日続けて練習するな。といいます
>喉の持久力はほとんど個人差がありません

そーなのでしたか!?勉強になりました!
投稿日時 - 2010-09-07 18:14:22
この質問は役に立ちましたか?
8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

回答募集中

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
カラオケ
-PR-

特集

背筋がゾクゾクする心霊体験を要チェック!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

【期間限定】1ヶ月無料キャンペーン中!

このQ&Aの関連キーワード

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
カラオケ
-PR-

ピックアップ

-PR-