-PR-
解決
済み

陰茎がんについて (第三期、第四期)

  • すぐに回答を!
  • 質問No.58393
  • 閲覧数482
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 60% (3/5)

陰茎がんについて色々と調べています。
第三期、四期の患者に有効な治療法、医薬、漢方薬などについての情報を
集めています。また、兵庫県神戸市近郊で癌患者とその家族のサポートグループが
あれば連絡先をお教え下さい。
インターネットのアクセスのない友人の為に資料を集めています。
どうかよろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

陰茎にできる悪性腫瘍は陰茎(いんけい)がんと呼ばれます。四○~六○歳が好発年齢ですが、頻度としては多いものではありません。最近は、とくに減少しているようです。がんの組織はほとんどの場合扁平上皮(へんぺいじようひ)がんです。
 陰茎がんの本当の原因はわかっていませんが、患者の七割は真性あるいは仮性包茎であること、乳幼児のときに包茎手術(割礼)を行うユダヤ人には本症がほとんどみられないことから、包茎や恥垢(ちこう)が陰茎がんの発症に大きく関係していると考えられています。

はじめは、亀頭部や包皮の内側の皮膚が赤くなったり、小さなポツポツができたり、斑状に白くなったりします。この時期は無症状で、本人も気づかないことが多いのですが、小さな腫瘍は徐々に大きくなって、包皮口からカリフラワー状に突出してきます。外側に大きくならないで、陰茎の内側に根を延ばすように増殖して、陰茎が部分的に硬くなる場合もあります。

 腫瘍の表面に感染が加わると、膿状の分泌物がでて、悪臭を放つようになります。そうすると、ひたすら隠そうとして受診が遅れるため、ますます発見が遅れる傾向があります。
 診断は、それほど難しくありませんが、尖圭コンジロームなどと区別しにくいときは、疑わしい部分を一部採取して、顕微鏡で調べる生検を行って診断を確定します。

 本症では発見が遅れる傾向があるため、進行した状態ではじめて診断されることがあります。鼠径部(そけいぶ)のリンパ節を介して、肺などに遠隔転移をきたした進行がんでは、予後はあまり良くありません。
 陰茎がんの治療法には、抗がん剤、放射線療法、根本的手術療法があります。早期がんの場合は、陰茎切断術をせずに、抗がん剤と放射線療法を行います。がんが陰茎全体に浸潤したり、それ以上に進行しているときは、両者に加えて陰茎切断術、ときにはリンパ節郭清術もあわせて行います。早期がんの死亡例はほとんどありませんので、他のがんと同様に早期発見が非常に大切です。

下記のページを参考にしてください。
陰茎がん
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/sites/0sj/penis.html

がん患者の会については下記を参照してください。
全国のがん患者の会
http://www.interq.or.jp/www-user/soreiyu/group.html
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか? 「陰茎がん」 「陰茎癌」 このページで特に「治療」等と関連リンク先を参考にして下さい。 治療法に関しては、 ◎http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/index/0sj/treatment.html (治療) さらに、 ◎http://www.ktx.or.jp/~kenkou/link/linkca ...続きを読む
以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「陰茎がん」
「陰茎癌」
このページで特に「治療」等と関連リンク先を参考にして下さい。
治療法に関しては、
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/index/0sj/treatment.html
(治療)

さらに、
http://www.ktx.or.jp/~kenkou/link/linkcan.html
(『がん克服』総合リンク集)

ご参考まで。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ