総ありがとう数 累計4,312万(2014年11月29日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
RSS12

【緊急です】
石油ファンヒータが点火するときに白煙がもうもうと出てきます。
仙台市内で修理してくれる所を教えていただけませんか?
  • 回答数2
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全2件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2010-01-26 23:11:47
  • 回答No.1
長くお使いのファンヒータだと思います。
灯油の中の水分が長い間にヒータ下の小タンクの底に溜まり、
点火時に水蒸気として出てくるものです。
実害は有りませんが、だんだん点火しにくくなります。

対策は、差し込み式の灯油タンクとその下のフィルターを外し、
小さな灯油溜まりの水を含んだ灯油を吸取紙で吸取ってください。

燃焼している状態で、まずカートリッジ式の灯油タンクを外し、
給油ランプが点灯しても構わずにファンヒータを燃焼させ続けます。
炎の勢いが弱くなり燃焼音が低くなったらファンヒーターを止めます。

ファンヒータの温度が下がってから灯油の残りを吸取紙で吸取ります。
ファンヒータの種類によっては、灯油吸い出し部の底がフィルター部の
底より低いものが有ります。この時には、ファンヒータを30°ほど
傾けてフィルタ側に灯油が流れるようにして残りを吸い取ります。

後は、灯油カートリッジを差し込んで普通のように点火します。

ファンヒータによっては、空焚きだけで直る場合も有ります。まずは
これを試してください。

これに気付いたのは、我が家ではファンヒータはぼろぼろになるまで
使っているのに、シーズン始めに時々まだ新しいファンヒータが
廃棄されて居ることです。3個ほど持ち帰りチェックしましたが
いずれも「白い蒸気」症状でした。全て直されて出番を待っています。

「白い蒸気」がとても灯油臭かったり、点火器が遅れて起動している
場合は、電気系統の故障の可能性も有りますので、買い換えるほかありません。
補足コメント
昨日、取り扱い説明書をみたら、本体の水抜き方法が書いていませんでした。タンクを取り出しても「溜まり」的なものもありません。
説明書にあったクリーニングをやってみたら、少しは煙が出るものの大丈夫そうです。週末に再度クリーニングしてみます。
本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2010-01-28 06:29:29
お礼コメント
詳細に教えていただきましてありがとうございます。
早速、やってみます。
投稿日時 - 2010-01-27 06:14:38
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全1件)

  • 2010-01-28 09:22:00
  • 回答No.2
改善したようで良かったですね。
取り扱い説明書に水の話は一切書いてありません。
それが、まだ十分使えるファンヒータがよく捨てられている理由かと思います。
ちなみに、家の近所では今週もまた一台捨てて有りました。
我が家では出番待ちがまだありますので、もう持ち帰りはしませんが。

灯油溜まりは、カートリッジタンク差し込み部からは見えません。
差し込み部のフィルター(樹脂製の小さな篭形状のもの)を外した
底からヒータ側に寄った部分の底が更に1cm程度低くなっていて、
ここに灯油が集まるようになっています。灯油より重い水が溜まる易い
構造です。

原理的には、ジーゼル車の水抜き剤を入れれば直るはずです
(軽油と灯油はほぼ同じなので)。
しかし、自分でもやったことが無いのでお勧めはしませんでした。
お礼コメント
ありがとうございます。
水のことは説明書に書いてないんですね。よーく解りました。
週末に水の溜まりを除去して見ます。
ご親切にありがとうございました。
投稿日時 - 2010-01-28 22:22:13
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 回答数2
  • 気になる数0
  • ありがとう数4
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集


年賀状のマナーや作り方を学べるQ&A特集!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ