-PR-
11201228

先月の8日に足の甲に怪我をして、縫合をしました。
そして、18日に抜糸をしました。
昨日でちょうど1ヵ月が経ち、傷口は塞がったのですが、傷の回りを押してみると痛みがあるのですが、これは後遺症みたいなものなんでしょうか?
後、足を伸ばすと皮膚が引っ張られる感じがします。
引っ張りすぎると、傷口はまた開くのでしょうか?

よろしくお願いします。
  • 回答数2
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全2件)

    回答 (全2件)

    • 2009-09-10 11:37:32
    • 回答No.1
    私も今までに2回縫合手術をしていますが、早くて半年1年経てばみみず腫れみたいなのが1本の糸のように目立たなくなります。 ただし、医者の腕によるそうです。 傷跡はいじってはいけません、刺激になって治りが遅くなる様です。 左手の指は、縫合した次の日からスキーをしたので、傷口が少し開き見にくいです。 左の耳は、スキーで転んで外れたスキーのエッジの上に倒れて切れてしまいました。 スキー場のパトロールセン ...続きを読む
    私も今までに2回縫合手術をしていますが、早くて半年1年経てばみみず腫れみたいなのが1本の糸のように目立たなくなります。
    ただし、医者の腕によるそうです。
    傷跡はいじってはいけません、刺激になって治りが遅くなる様です。
    左手の指は、縫合した次の日からスキーをしたので、傷口が少し開き見にくいです。
    左の耳は、スキーで転んで外れたスキーのエッジの上に倒れて切れてしまいました。
    スキー場のパトロールセンターに駐在していた医師が縫ってくれました。
    自宅へ戻り近所の医者に言ったら、綺麗に縫えてますねこれなら傷跡は目立たなくなりますと言われましたが、半年位みみず腫れが1年後に言わなければ分からない程になりました。
    • ありがとう数0
    • 2010-02-09 00:46:04
    • 回答No.2
    創の治癒にあたって、最も重要なのは受傷時の創の程度・状態です。 例えば、手術では鋭利なメスで皮膚割線に沿って切開しているので、きちんと縫合すればキレイに癒合します。 創が深い場合や創の縁が挫滅していたり、不整であったりすると、通常の縫合では多少の痕は必ず残ります。・・・が、それを目立たなくするのは、救急処置の縫合ではなく、美容整形外科的な処置になります。 創が深くて皮下に血腫を伴っていると、しばらく ...続きを読む
    創の治癒にあたって、最も重要なのは受傷時の創の程度・状態です。
    例えば、手術では鋭利なメスで皮膚割線に沿って切開しているので、きちんと縫合すればキレイに癒合します。
    創が深い場合や創の縁が挫滅していたり、不整であったりすると、通常の縫合では多少の痕は必ず残ります。・・・が、それを目立たなくするのは、救急処置の縫合ではなく、美容整形外科的な処置になります。
    創が深くて皮下に血腫を伴っていると、しばらく腫脹感や圧痛が残りますが、1-2ヶ月で通常は正常化します。ただ、熱感があったり、発赤を伴った腫脹で、だんだんと悪化するようだと、皮下に感染を起こしている可能性がありますので、処置を受けた医療機関に相談して下さい。
    縫合した皮膚や筋膜、腱などは、癒合してからも完全な張力を取り戻すのに、やや時間がかかりますので、しばらくツッパリ感はありますが、過度な張力がかからなければ、通常の範囲での可動は問題ありません。
    • ありがとう数0
    • 回答数2
    • 気になる数0
    • ありがとう数3
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ