-PR-
serica_r

ビオチンを作る乳酸菌にアシドフィルス菌がありますが、他にはないのでしょうか。
また、市販されているヨーグルト等に、アシドフィルス菌や、
ビオチンを作る乳酸菌が入っているものがあれば教えてください。

それから、ビオチンを食べてしまう乳酸菌があると聞きましたが、
何という名前の乳酸菌か、または、市販されているヨーグルト等
に使用されていることはありますか?

昨年、大病を患ってしまい、食事も取れず、急激に痩せた為、
皮膚が弱くなり、乾癬のような疾患もあります。
今まで使用していた、シャンプーや化粧品もことごとく合わなくなり、
ビオチン不足であろうと思われます。
薬も飲んでいますので、なるべく自然のものから摂取できればと考えています。

ご存知の方がいましたら、よろしくお願いします。
  • 回答数1
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全1件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2009-04-22 18:35:03
    • 回答No.1
    ビオチンはビタミンBの一種です。
    食品では、レバー、豆類、加熱した卵(生卵はX)、
    煮干、和人参(京人参)に多く含まれます。

    ビタミンBの吸収率を高めるものとしてビタミンCが有効です。
    生野菜や生の果物を一緒に取ると吸収率が高くなります。
    人参を調理するときは、植物油と一緒に調理、摂取すると
    吸収率が高くなります。

    生卵、牛乳、乳製品、酒、タバコはビオチンの吸収を阻害します。
    食事時には食べ合わせに注意してください。
    しかし、牛乳、乳製品は体に良い食品なので、
    空腹時にオヤツとして適量を食べるのは良いです。
    酒、タバコは控えめに、あるいは禁酒、禁煙してください。

    卵は生の白身がビオチンの吸収を阻害します。
    しかし、加熱すればビオチンの吸収は阻害されません。

    病院から処方された薬、栄養剤はきちんと服用してください。
    自然からの摂取が一番良いのはわかるのですが、
    あなたの場合は自然からの摂取が少なかった,
    あるいは、吸収率が低かったのですから。

    <  ビオチンを作る乳酸菌・・・
    上記のように乳製品はビオチンの吸収を阻害する性質があります。
    乳酸菌がビオチンを生産しても、乳タンパクが吸収を阻害してしまいます。
    結果として・・・あなたの望む効果があるかどうかは疑問です。
    お礼コメント
    詳しい回答ありがとうございます。
    乳製品は、ビオチンの吸収を阻害するのですか。
    便秘症なので、ヨーグルトは毎日欠かさず食べているのですが、食後に果物と合わせて食べることが多いです。改めた方がいいですね。
    確かに、乳製品はビオチンの吸収を阻害するのであれば、ヨーグルト等の乳製品に含まれるアシドフィルス菌を摂っても、効果があるかは疑問ということになりますね。
    まだあまりたくさん食べることが出来ないので、とにかくいろんなものをちょっとづつでもと思って食べていたのですが、ただ、食べるだけでなく、栄養の吸収率を高める工夫をすることが大事ですね。
    なんか、すごく勉強になりました。ありがとうございました。
    投稿日時 - 2009-04-22 21:24:43
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-
    • 回答数1
    • 気になる数0
    • ありがとう数6
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    自宅でもできるシンプルケアを教えます!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ