-PR-
hanna777

最近、刺繍を始めた者です。

図案を布に写す時、『チャコピー(手芸用複写紙)』『トレーサー』『トレーシングペーパー』『セロファン紙』を用意すると本に書いてありましたが、こんなに用意しなくてももっと簡単に転写する方法ってないでしょうか?

実は以前、『チャコエース 図案写しマーカー』という「図案の上をなぞるだけで転写できる」というチャコペンを買ったのですが私の使い方(図案を布の上に置いてなぞった)が悪いのか全く転写できませんでした。これならチャコピーやトレーサーは必要ないので便利だと思ったのですが…。

みなさんはどのように転写されているのでしょうか?
やはりチャコピーやトレーサーを購入した方がいいでしょうか?
よろしくお願いします。
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全3件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2008-02-11 03:25:44
    • 回答No.3
    私もチャコエースは便利だと思って購入したのですが、図案の紙質によって全くうつらないことも多く結局片面チャコで写しています。チャコエース専用のペーパー(←ただの不織布ですが)も売っていますよ。
    私は片面チャコに図案をコピーしたものを重ね、3号くらいのかぎ針の先でなぞっています。
    図案を使い捨てにする場合はセロファンは使いません。
    生地が濃色・厚地でなければ昼間、窓ガラスに図案をはり、生地を重ねて透けた絵をチャコペンで写しています。
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全2件)

    • 2008-02-07 21:32:43
    • 回答No.1
    片面だけのチャコペーパー。 セロハンとボールペン(太字のタイプ)があれば十分です。 生地の上にチャコペーパーを置き、図案を乗せセロハンで覆います。 図案を写すときは,線で写すのではなくて,点で写します。 太字のタイプのボールペンが良いのは、セロハンを突き抜けて生地を汚さないようにするためです。 先の細いペン状のものであれば良いですが。
    片面だけのチャコペーパー。
    セロハンとボールペン(太字のタイプ)があれば十分です。

    生地の上にチャコペーパーを置き、図案を乗せセロハンで覆います。

    図案を写すときは,線で写すのではなくて,点で写します。

    太字のタイプのボールペンが良いのは、セロハンを突き抜けて生地を汚さないようにするためです。
    先の細いペン状のものであれば良いですが。
    • ありがとう数0
    • 2008-02-08 13:17:46
    • 回答No.2
    私も片面チャコペーパーとボールペンです。 本に出ている図案を使う事が多いのでコピーするか薄手の紙(FAX用紙・トレーシングペーパー)に図案を写して使います。これは使い捨てなので、直接ボールペンでなぞっています。インクの出なくなったボールペンが有る時はそれを使います。図案が破れた時の事を考えるとセロファン紙を使った方が良いみたいですね。 「チャコエース」って知りませんが此処でのボールペンの様に使うのでは ...続きを読む
    私も片面チャコペーパーとボールペンです。
    本に出ている図案を使う事が多いのでコピーするか薄手の紙(FAX用紙・トレーシングペーパー)に図案を写して使います。これは使い捨てなので、直接ボールペンでなぞっています。インクの出なくなったボールペンが有る時はそれを使います。図案が破れた時の事を考えるとセロファン紙を使った方が良いみたいですね。
    「チャコエース」って知りませんが此処でのボールペンの様に使うのでは?(私の想像です)
    • ありがとう数0
    • 回答数3
    • 気になる数0
    • ありがとう数14
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    自宅でもできるシンプルケアを教えます!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ