OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

肋間神経痛について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.3461
  • 閲覧数4827
  • ありがとう数28
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 0% (0/14)

10数年前より肋間神経痛が出ます。ある日、突然痛みだし、しばらく我慢していると痛みが治まるので、医者にかかっていません。喫煙をするのでビタミン不足が原因でしょうか。肋間神経痛を未然に防ぐいい方法はないでしょうか。肋間神経痛について詳しく教えてください。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 26% (5/19)

 脅かすつもりはありませんが、私の友人で肋間神経痛だと言っていた人が実は心臓の病気だったようで急性心不全で亡くなっています。  私も、肋間神経痛だと知人に言われてずっと我慢していたのですが、結局は、尿路結石が原因でした。  一度医師の診断を受けられた方がいいと思いますよ。処置が必要でもそうでなくても、早いにこしたことはありません。何ともなければ安心ですしね。
 脅かすつもりはありませんが、私の友人で肋間神経痛だと言っていた人が実は心臓の病気だったようで急性心不全で亡くなっています。
 私も、肋間神経痛だと知人に言われてずっと我慢していたのですが、結局は、尿路結石が原因でした。
 一度医師の診断を受けられた方がいいと思いますよ。処置が必要でもそうでなくても、早いにこしたことはありません。何ともなければ安心ですしね。
  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 0% (0/14)

本当に肋間神経痛でしょうか?…きちんと診断を受けないと何とも云えませんが…胸痛を来す疾患は、一杯あります。例えば気胸、肺炎、結核、狭心症、肺癌、などがあります。…また放散痛を来たす疾患も多いものです。急性心筋梗塞、虫垂炎、急性膵炎、腎結石、胆石、帯状疱疹、…etc。もし本当に肋間神経痛ならばその原因を精査する必要があるでしょう!…単なる喫煙やビタミン不足で来るような疾患では、ありませんから!… 肋間神経 ...続きを読む
本当に肋間神経痛でしょうか?…きちんと診断を受けないと何とも云えませんが…胸痛を来す疾患は、一杯あります。例えば気胸、肺炎、結核、狭心症、肺癌、などがあります。…また放散痛を来たす疾患も多いものです。急性心筋梗塞、虫垂炎、急性膵炎、腎結石、胆石、帯状疱疹、…etc。もし本当に肋間神経痛ならばその原因を精査する必要があるでしょう!…単なる喫煙やビタミン不足で来るような疾患では、ありませんから!…
肋間神経痛自体は、麻酔科や整形外科のDr.に神経ブロックをしてもらうと収まるものですが…ペインクリニックをするにしてもきちんとした診察と診断が必要ですから素人判断をせずに一度近くの整形外科で良いですから受診してみるのが良いと思います。
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 22% (107/466)

健康第一です。栄養をバランス良く。適度な運動。たばこは関係ありません。 僕は坐骨神経痛ですが、整体をした後がまず感じがいいですね。整体師にはピンからキリまでいるので、一回で旨く行くとは限りませんが。 後は適度な運動と、柔軟体操。ストレッチ。 鍼灸の類も興味があれば、以外に気持ちいいですよ。
健康第一です。栄養をバランス良く。適度な運動。たばこは関係ありません。
僕は坐骨神経痛ですが、整体をした後がまず感じがいいですね。整体師にはピンからキリまでいるので、一回で旨く行くとは限りませんが。
後は適度な運動と、柔軟体操。ストレッチ。
鍼灸の類も興味があれば、以外に気持ちいいですよ。
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 64% (69/107)

肋間神経痛は肋骨にそって、突発的に激しい痛みを感じます。 自覚症状としては、背中から脇腹にかけて切られるような痛みが走るようになったり、体を捻った時はもちろん、くしゃみをしたり、深呼吸をしただけでも動けなくなるほど痛い場合があります。 胸、脇腹、背中など肋骨にそった部分に激痛が走る状態が肋間神経痛です。多くは片側に表れる発作的な痛みですが、様々な病気の初発症状の場合もあるので注意が必要です。他の重い病気 ...続きを読む
肋間神経痛は肋骨にそって、突発的に激しい痛みを感じます。 自覚症状としては、背中から脇腹にかけて切られるような痛みが走るようになったり、体を捻った時はもちろん、くしゃみをしたり、深呼吸をしただけでも動けなくなるほど痛い場合があります。
胸、脇腹、背中など肋骨にそった部分に激痛が走る状態が肋間神経痛です。多くは片側に表れる発作的な痛みですが、様々な病気の初発症状の場合もあるので注意が必要です。他の重い病気の部分的な症状である場合と、独立した神経痛である場合がありますので10年間も改善されていないのなら、きちんと病院で検査されることをおすすめします。素人判断は大変危険です。

原因は一般的に、外傷(肋骨の骨折やひび)、過労や風邪をひいた後におこる感染等によるものの他、狭心症、脊椎や肋骨のカリエス、腫瘍、大動腑痺、外部からの圧迫、寒冷などによる神経炎などです。また、帯状疱疹も肋間神経痛の原因となります。ただし、原因が不明の場合も少なくありません。脊椎(結核、梅毒、腫瘍など)の炎症、梅毒性脊髄膜炎、脊髄腫瘍、大動脈瘤、胸膜炎など、様々な病気の初発症状である場合があります。

病院での診断は問診、視診、理学検査、X線検査などと共に他に重大な疾患 がないかどうか調べられ、治療は一般的な消炎鎮痛薬を使用して経過を観察しながら他の原因となる病気の可能性を考え更に詳しい検査が行われてゆきます。外傷による場合は、胸郭を固定。原因となる病気が明らかな場合はその治療を行います。薬物が効かない場合は、肋間神経ブロックなどが行われることもあります。鍼治療や低周波治療なども効果があります。

※病院で診察されて肋間神経痛だと断定された場合に自分で出来る治療方法としては、神経痛には温熱療法が効果的と言われています。患部を温めることで血管が拡張して滞っていた血液の流れが促進されるからです。痛みの走る部分を蒸しタオルで充分に温めてください。風呂に入るか、ドライヤーの温風で温めてもいいです。体が冷えると神経痛には良くないので、冬場は冷えないように注意するのは当然ですが夏場のクーラーにも注意してくださいね。
肋間神経痛に効果的なツボ療法はこちらをご覧ください。
http://www.datadeta.co.jp/sample/kenko/011012.html
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ