-PR-
締切り
済み

動的粘弾性について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.29226
  • 閲覧数376
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 38% (32/83)

 粘弾性流体に見られる、緩和時間の特性には静的なものと、動的なものがありますが、それぞれの一般的な計測方法について教えて下さい。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

どの分野での事なのかわりませんが、直接的な回答ではありません。以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか? 「粘度計」 リンク先も参考にして下さい。 ・http://www.nshkk.co.jp/japan/TP/lab/av250.htm (ハンドヘルド粘度計 -AV250) ・http://www.eko.co.jp/eko/bunseki/index.html (英弘精機) ...続きを読む
どの分野での事なのかわりませんが、直接的な回答ではありません。以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「粘度計」
リンク先も参考にして下さい。

http://www.nshkk.co.jp/japan/TP/lab/av250.htm
(ハンドヘルド粘度計 -AV250)
http://www.eko.co.jp/eko/bunseki/index.html
(英弘精機)

それ以外にも「科学機器」のカタログを調べれば、沢山あると思います。

成書が知りたいのでしたら補足お願いします。


  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 30% (3/10)

緩和時間も時間の長さによって計測方法が異なりますが、私が以前に計測していたのは高分子溶液の粘弾性を超音波の吸収からでした。高分子の形態変化によるエネルギーレベルが丁度メガヘルツ領域で測定できるのです。超音波の吸収は水晶振動子の間に高分子溶液を入れてパルス超音波の減衰量を計測します。
緩和時間も時間の長さによって計測方法が異なりますが、私が以前に計測していたのは高分子溶液の粘弾性を超音波の吸収からでした。高分子の形態変化によるエネルギーレベルが丁度メガヘルツ領域で測定できるのです。超音波の吸収は水晶振動子の間に高分子溶液を入れてパルス超音波の減衰量を計測します。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ