-PR-
解決
済み

シフトアップについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.28949
  • 閲覧数666
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 100% (6/6)

初歩的な質問ですいません。皆さんあきれないでで聞いてください。
中古のマニュアル車を買い、もう一年ほど経ちます。しかし,いまだにシフトチェンジがスムーズにできません。
特に一速から二速にうつる時、がたっとなります。別に強化クラッチとか入れているわけではありません。
どの車に乗ってもそうなので,クラッチが悪いとか車の問題ではないのでしょう。
予想されるのは急にクラッチペダルをリリースしているからだと思うのですが,どうも半クラしたくない気持ちが大きく,
(発進もほとんどアイドリング状態から)無意識に半クラの時間を短くしてしまってます。
時々スムーズにシフトアップできるときがあり,車速とエンジン回転数が合えばスムーズにギアチェンできるのかなと思いました。
しかし、その原理がいまいちわからないのでどなたか教えていただきたいのですが。
シフトチェンジする時は最初アクセルを離す-回転数が落ちる-クラッチを踏む-シフトアップであってますか?
アクセルを離すと,回転数が落ちるので,シフトアップしてクラッチをつないだ時、一気に回転数が上がり、がくっとなりませんか?
この考え方は間違っていますか?
アクセル踏みっぱなしで回転数維持したままのシフトアップはいけないのでしょうか。
クラッチとエンジンにやさしいシフトチェンジ法教えてください。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 30% (26/84)

最初は頭で考えて行動しがちですが、それで結構だと思います。
次は身体に覚えさせましょう。

まず、アクセルを離すのと、クラッチを踏むのは同時がよいです。
状況によって(アクセルをどこまで離すかは異なります)
アクセルを離してからクラッチを踏むと回転数が落ちすぎて
車体がガタっとなると思います。
また、アクセルを踏みっぱなしでクラッチを踏むと
「ブーン」なんて(エンジンが)言って回転数が上がりすぎ、
下手をするとオーバーレブ(エンジンの焼き付きを誘発する回転数)
になるでしょうし、ならなかったとしても、
クラッチをつないだとたんに車が加速します。

クラッチをぱっと離すのも、ミッション(変速機)に負担をかけて
しまうので、(回転があった状態なら別ですが)初心者には
勧められません。
上達すれば、少ない時間でクラッチを離すことが出来るようになります。

エンジンの回転計(タコメータ)があればそれを見ながら
操作するとよいかもしれませんが、前方不注意にならないように
注意して下さい。
慣れてくれば、快感になってくると思います。
オートマチック車ではこの辺の操作感は味わえません。
マニュアル車ならではの楽しみだと思いますよ。

安全運転をこころがけ、車ライフを楽しんで下さい。
お礼コメント
progest

お礼率 100% (6/6)

ありがとうございました。
色々微妙な操作が必要なことがわかりました。
アクセルをはなしたほうが良いとおっしゃられる方もいらっしゃれば,
アクセル踏んだままが良いという方も。
やはりそこは,体で覚えるしかないのでしょうか。
色々わからないことだらけですが車の運転は楽しいです。
投稿日時 - 2001-01-16 21:11:29
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 42% (40/95)

マニュアル車のギアチェンジが苦手、という人は珍しくありませんから、どうぞ安心してください。徐々に練習するつもりでいればいいと思いますよ。  さて、ギアチェンジの方法ですが、まず「アクセルを踏みっぱなしで」というのは、私はお勧めしません。回転数を維持するというよりも、むしろ急に上がってしまったりして、かえって危険なことがあります。ギアをチェンジするときには、アクセルははなしてください。  あなたの車には ...続きを読む
マニュアル車のギアチェンジが苦手、という人は珍しくありませんから、どうぞ安心してください。徐々に練習するつもりでいればいいと思いますよ。
 さて、ギアチェンジの方法ですが、まず「アクセルを踏みっぱなしで」というのは、私はお勧めしません。回転数を維持するというよりも、むしろ急に上がってしまったりして、かえって危険なことがあります。ギアをチェンジするときには、アクセルははなしてください。
 あなたの車にはタコメーター(エンジン回転計)がついていますか? もしそうであれば、基本としては 
(1)適切な回転数(車によっても違うが、メーターの12時の位置、3000~4000回転程度が多い)まで引っ張ってから、
(2)アクセルをはなし、
(3)クラッチを最後まで一気に踏んでギアを入れ、
(4)そして半クラッチでつなぐ
と考えてください。タコメーターがなければ、回転計のことはとりあえず気にしないでもいいでしょう。
 肝心なのは、この「半クラッチ」です。これが上手になれば、ギアチェンジはスムーズにいくと思います。
 「アクセルを離すと回転数が落ちるので、シフトアップしてクラッチをつないだとき、一気に回転数が上がり、がくっとなりませんか?」というのは、むしろシフトダウンの時ではないかと思います。それまで高いギアで走ってスピードがのっていた状態から低いギアにシフトするので、エンジンの回転数が上がるわけです。すると、がくっとなりやすくなりますね。
 これを防ぐためには、クラッチを切ってニュートラルにした瞬間に、かるくアクセルを「ブォン」とふかしてみてください(クラッチがつながっているうちにしちゃだめですよ)。すると一瞬エンジンの回転が上がったのちにぐんと下がって、低いギアに入れるときにスムーズになります。
 いろいろ書きましたが、とりあえずは半クラッチを丁寧にする練習をしてみてください。マニュアル車は楽しいですから、安全運転で頑張って下さいね。
お礼コメント
progest

お礼率 100% (6/6)

ありがとうございます。
なんだか勇気付けられました。
タコメーターついてます。
自分の車も2500-4000回転ぐらいで一番加速するような気がします。

国道など,周りの流れが速い時は4000回転ぐらいまで加速時に引っ張れるのですが,街中ではそうもいきません。
やはり,街中での走り方と,国道などでは使い分けるのでしょうか。
あれ、また質問してしまいました。
すいません・・
投稿日時 - 2001-01-16 21:06:32


  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 25% (873/3452)

> シフトチェンジする時は最初アクセルを離す-回転数が落ちる-クラッチを踏む-シフトアップであってますか? 間違ってます。 [クラッチを切る]-[切ると同時にアクセルをゆるめながらシフトアップ]-[クラッチ接続] です。 クラッチを切る前にアクセルをゆるめたらエンジンブレーキがかかって 減速しちゃいます。加速チェンジはそれじゃ駄目です、そのやり方は減 速チェンジです。ちなみに減速 ...続きを読む
> シフトチェンジする時は最初アクセルを離す-回転数が落ちる-クラッチを踏む-シフトアップであってますか?

間違ってます。

[クラッチを切る]-[切ると同時にアクセルをゆるめながらシフトアップ]-[クラッチ接続]

です。
クラッチを切る前にアクセルをゆるめたらエンジンブレーキがかかって
減速しちゃいます。加速チェンジはそれじゃ駄目です、そのやり方は減
速チェンジです。ちなみに減速チェンジの場合でもクラッチを切ってか
らアクセルを踏んで回転を合わせてから繋げないとがくんとなります。
回転が合わせられないのであれば感覚が掴めるまで半クラッチを使って
繋げるようにして感覚が掴めるように練習すると良いと思います。
お礼コメント
progest

お礼率 100% (6/6)

速レスありがとうございます。
そうですよね・・
どうも車の挙動がギクシャクしてたと思った。
アクセル踏んだままクラッチ切ると「ぶおっ」とエンジンがうなるのでなんだか怖く、エンジンはなしてからクラッチ切ってました。
だから、減速のほうはなんとかできてたんですが・・・
なんだかすっきりしました。初歩的な質問ですいませんでした。
もう少しで,教習所行くとこでした。お手数かけました。
投稿日時 - 2001-01-16 18:58:30
  • 回答No.4

アクセルの開閉については他の方が述べているのでそちらにまかせて・・・。 ようは一連の動作を一つずつ順に追っていってるからぎくしゃくしちゃうわけです。 ギアチェンジをするとき重要なのは、今の車速に対応する次のギアでのエンジン回転数はいくつなのかを知ること。 そしてクラッチを繋ぐときにはその回転数になるようにアクセルを調節してやることです。 つまり、クラッチきりながらアクセル操作もしてやらなき ...続きを読む
アクセルの開閉については他の方が述べているのでそちらにまかせて・・・。

ようは一連の動作を一つずつ順に追っていってるからぎくしゃくしちゃうわけです。

ギアチェンジをするとき重要なのは、今の車速に対応する次のギアでのエンジン回転数はいくつなのかを知ること。
そしてクラッチを繋ぐときにはその回転数になるようにアクセルを調節してやることです。
つまり、クラッチきりながらアクセル操作もしてやらなきゃいけないわけです。
これは加速・減速どちらにも当てはまります。

回転数あわせは最初は意識しながらじゃないと出来ないかもしれませんが、慣れれば呼吸するのと同じ自然にできるようになりますよ。手足耳目が勝手に覚えちゃうんです。
体が覚えるまで是非是非走り込んで下さい。

ちなみに回転数あわせがきっちりできるようになると、区発進・時以外はクラッチ踏まなくてもギアチェンジできるようになります。(笑)
(ただし機構上やりにくいトランスミッションもありますけどね・・・)

あとはダブルクラッチを拾得するのもひとつの手かと・・・。
ながくなっちゃいましたので、もしご存じなければ改めてやり方記載します。
お礼コメント
progest

お礼率 100% (6/6)

ありがとうございました。
納得。
頭で考えてるから、余計な時間がかかり,ぎくしゃくする・・・
ほんとは言葉で順を追って表せるものではないのかもしれません。
なれなんですね・・・
難しいですね。
投稿日時 - 2001-01-16 21:01:40
  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 25% (45/179)

 がたっとする原因は、車速と回転数があっていないからです。(=ミッション&クラッチに優しくない)  まず車速と回転数、ギアの関係ですが、 仮に60km/hで走ると、当然 ギア比高(1速や2速)=回転数高 ギア比低(5速や6速)=回転数低 となります。 2速から3速へシフトアップするときに、 2速の回転数のまま3速にしたら、 回転数に車速が追いつかない=前にがたっとする。 回転数が下がりす ...続きを読む
 がたっとする原因は、車速と回転数があっていないからです。(=ミッション&クラッチに優しくない)
 まず車速と回転数、ギアの関係ですが、
仮に60km/hで走ると、当然
ギア比高(1速や2速)=回転数高
ギア比低(5速や6速)=回転数低
となります。
2速から3速へシフトアップするときに、
2速の回転数のまま3速にしたら、
回転数に車速が追いつかない=前にがたっとする。
回転数が下がりすぎても、
車速に回転数が追いつかない=後ろにがたっとする。
ので、微妙に回転数をあわせて(アクセルを抜いて)クラッチミートすればスムーズな加速ができます。
 実際はギアチェンジ操作の時間(クラッチリリースからクラッチミートまで)、といっても1秒にも満たないわずかな時間ですが、その中で、回転数が下がってなければ、半クラで微調整し、下がりすぎたらアクセルを踏み&半クラで微調整します。
 シフトダウン(減速)のときも同様に、車速と回転数を合わせます。
 これが結局車にも同乗者にも優しいと思います。
スムーズな操作を心がければ、元気よく(おまわりさんに目をつけられない程度に)走っても、長持ちしますよ。
 前乗ってた車は1600ccの120psのせいもあったでしょうが、12万km以上持ちましたよ。
  
 以上の説明で、ご理解いただけましたでしょうか?
不十分な点があれば、補足いたしますので、遠慮なくおっしゃってください。
お礼コメント
progest

お礼率 100% (6/6)

丁寧な解説ありがとうございました。
仕組みが良く理解できました。
シフトアップのときはアクセルを抜くことにより,回転数を下げるのですね。
すぐシフトチェンジしないと下がりすぎてしまいますよね。
僕の場合、クセなのか1速から2速はなんだか時間かかってしまいます。
回転数がおちすぎていたんですね・・・多分。
投稿日時 - 2001-01-16 20:58:46
  • 回答No.6

シフトアップの際は高いギアに入れることによってより低いエンジン回転数で同じ速度になるため、エンジン回転を維持したままでは、車速とエンジン回転は絶対に合わないことになりショックがあるのは当然です。ましてラフなクラッチ操作ではなおさらです。アクセルを戻し同時にクラッチを踏み込みシフトアップしクラッチをつなぎアクセルを踏み込むという一連の操作をスムーズに行うことでショックなくシフトアップできるはずです。アクセル ...続きを読む
シフトアップの際は高いギアに入れることによってより低いエンジン回転数で同じ速度になるため、エンジン回転を維持したままでは、車速とエンジン回転は絶対に合わないことになりショックがあるのは当然です。ましてラフなクラッチ操作ではなおさらです。アクセルを戻し同時にクラッチを踏み込みシフトアップしクラッチをつなぎアクセルを踏み込むという一連の操作をスムーズに行うことでショックなくシフトアップできるはずです。アクセルを踏んだままでシフトアップし急激にクラッチをつなぐような運転を続けていると、半クラッチでクラッチ板が減ってしまう前に、クラッチ板に内蔵されたダンパースプリングの折損やトランスミッションのシンクロメッシュ機構の破損など、駆動系統すべてに悪影響を与えます。減速時のシフトダウンの際はクラッチを踏むと同時にアクセルを踏み、一段低いギアでの同じ速度で走る場合の回転数までエンジンの回転を上げることは有効ですが、これとても通常一般路で必要とすることはほとんどないでしょう。半クラッチが必要なときに使用しないというのは、クラッチの磨耗以上に車にダメージを与える場合が多いので必要な半クラッチはケチらないことです。ラフな操作を避ければクラッチ交換までに8万キロ~10万キロは乗れます。
お礼コメント
progest

お礼率 100% (6/6)

おっしゃるとおりです。
妙に納得しました。
下手に半クラをしないようにして逆に、エンジンなどに負担欠けているような気がしました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-01-16 20:54:24
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ