OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

生前贈与

  • すぐに回答を!
  • 質問No.247644
  • 閲覧数391
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (6/6)

私は父から認知されてなかったため
遺産が入ってきません。
そのため死後認知をしてもらいたいと思っています。
私は大学まで進みましたが
その学費は母がコツコツ貯めたお金で出してもらいました。
卒業後5年以上たった頃、
父がその時の学費だといって母に500万ほど
手渡しでくれたのですが
これは生前贈与にあたるのでしょうか?
毎月父から母へ送ってきていた生活費も
生前贈与になるのでしょうか?
ちなみに父の家族は息子が二人なのですが
二人とも父に学費と生活費を出してもらっていたようです。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 29% (172/591)

まず、死後認知は、死亡後3年を経過したときには、認知の訴えをすることは、できません。気をつけられたらよいと思います。

死後認知をされるとあなたも相続人となります。しかし、既に遺産分割がされていると、既になされた遺産分割が無効になるわけでは、ありません。この代わりにあなたは、金銭の支払いを求めることができます。

あなたの相続分は、あなたの義理の兄弟の2分の1になります。

お尋ねの学費の件は、特別受益になります。特別受益の対象になるのに「生計の資本として贈与をうけたばあい」があります。これに、高等教育も含まれると思われるからです。

これに対して生活費は、特別受益にはならないと思います。少なくともあなたが認知された場合、お父さんは、直系血族にあたり、扶養義務を負い、それを果たしたことになるからです。贈与とは、考えにくいと思います。あなたのお母さんに対する生活費については、内縁関係にあり、夫婦の扶助義務の規定を類推し、その義務の履行と考える余地があります。この場合は、やはり贈与にはならないと思います。

義理の兄弟の学費、生活費に関してもです。前者に関しては、特別受益になりそうです。後者の生活費に関しては、お父さんの扶養義務の履行となり、贈与にあたらない可能性が大きいと思います。

いずれにしろ、死後認知の処理は、早くすまされる必要があると思います。
お礼コメント
akichikage

お礼率 100% (6/6)

貴重な御意見ありがとうございました。
認知に関しては来週に正式に弁護士さんに依頼することに
なっています。
投稿日時 - 2002-04-06 02:59:44
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 24% (702/2850)

生活費・教育費は、贈与税の対象外です。 1.卒業後の学費相当分は、税務署に否認(つまり贈与認定される)可能性大。 2.生活費は、贈与にはなりません。 ...続きを読む
生活費・教育費は、贈与税の対象外です。
1.卒業後の学費相当分は、税務署に否認(つまり贈与認定される)可能性大。
2.生活費は、贈与にはなりません。
お礼コメント
akichikage

お礼率 100% (6/6)

貴重な御意見ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-04-06 02:55:22


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ