OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

DB設計に要する見積もりについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.243506
  • 閲覧数889
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 20% (15/75)

新規のシステムで、全体の見積もりを行う中で、DBだけに注目して容量の算出、テーブル作成、正規化等プログラミングする前にいろいろやる事があると思いますが、その部分だけの作成にはどのような情報があれば、工数を算出できるのでしょうか?

勿論、テーブルの数や名前、その中の項目数や項目名、収まるデータ量なんか
はDB作成以前の設計段階での工数見積もりに入ってくると思うので、ここでは
DB見積もりから除外して考えております。

宜しくお願い致します。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 31% (6/19)

基本的に、DBの見積もりをミリミリ気にしないと
いけない状態(環境)であるならば、
まずは!
単純なフィールドサイズ、レコード件数です。


検索スピード当に関する、キー等は
2の次ですね。この変は経験や実動でしか、
図れないですね
それと、費用対効果の問題の方が大きいです。
そりゃー、でかい方がいいに決まってますが、
お金の問題が一番ですよね。
お礼コメント
minekichi

お礼率 20% (15/75)

まずは、そこから初めて行こうと思っております。
有難う御座いました。
投稿日時 - 2002-03-30 04:05:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 29% (38/127)

まず、DBの置かれている環境のハードウェアとOS、外部とのインターフェース、プラットフォーム、開発言語、技術者(市場で)の習熟度、開発環境と本番環境の差異の有無、移植の有無、サポート体制と肝心のDBの利用の要件が必要と思われます。 また、項目数と項目名、データ量に言及されていますが、肝心のインデックス数とリンケージの関係、バックアップ環境や回線状況なども容量に関わってきます。 ...続きを読む
まず、DBの置かれている環境のハードウェアとOS、外部とのインターフェース、プラットフォーム、開発言語、技術者(市場で)の習熟度、開発環境と本番環境の差異の有無、移植の有無、サポート体制と肝心のDBの利用の要件が必要と思われます。

また、項目数と項目名、データ量に言及されていますが、肝心のインデックス数とリンケージの関係、バックアップ環境や回線状況なども容量に関わってきます。
お礼コメント
minekichi

お礼率 20% (15/75)

大変勉強になります。これを念頭において取り組んで行きたいと思います。
有難う御座いました。
投稿日時 - 2002-03-30 04:04:08
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ