OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ドキソルビシン心筋症について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.240275
  • 閲覧数3467
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (1/2)

H13.8月子宮ガンの手術をして、9月から抗がん剤(アドリアマイシン)を4クール受けました。
12月半ばに退院しましたが、1週間ほどで、高熱が出て再び1ヶ月半入院。
リンパ液が残っていたらしい。この頃血圧が低く、横になるのが、苦しいことがあった。
退院して1週間ほどで、息苦しくなり急患に行き、検査の結果ドキソルビシ心筋症と診断されました。(心不全。心室頻拍)
致死的不整脈がありましたが、薬で不整脈は安定したようで、今は治まっているようです。その薬の名称がよくわかりませんが、1週間ほどで体調を崩し使用を止めました。 主治医の診断に寄ると、今の状態よりよくなる事は無いそうです。
他の病院に行って治療を受けてもそれは変わりないのでしょうか?
何か情報があれば、教えてください。宜しくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 59% (22/37)

産婦人科医ではありませんが,血液内科医として腫瘍内科の立場から専門家としてお答えします。

ドキソルビシンとアドリアマイシンは呼び方が違うだけで,全く同じ抗がん剤のことです。
この系統の抗がん剤は心筋に蓄積する性質があり,投与を受けた総量が多くなると,心筋の収縮力が落ちて心不全を起こすことがあります。心不全の原因としては他にもいろいろ考えられますから,抗がん剤による心筋障害と診断を下すには,検査で他の原因を否定する必要があります。
蓄積した抗がん剤を取り除く方法は今のところないので,心筋障害のために心不全を起こしてしまった場合,心筋の動きそのものを元に戻す方法は残念ながらありません。ただし心不全そのものに対して治療法がないわけではなく,心臓への負担を減らしたり不整脈を止める治療で症状の改善を図ることは可能です。
心不全の原因が抗がん剤による心筋障害であるなら,主治医の先生のおっしゃることは間違ってはいませんし,病院を変えても同じです。

以上が一般論ですが,個人的感想としては,子宮がんに対する治療4コースだと,抗がん剤の量が心不全を起こすにしては少ないかも‥‥?とも思います。抗がん剤の総量が多くなるほど心不全を起こす危険が高くなるのです。検査の上での診断でしょうから間違いはないと思いますが‥‥‥。以下がおわかりになるのでしたら補足をお願いします。

・以前に心臓の病気を患ったことがありますか?
・糖尿病,高血圧,高脂血症を患っていますか?
・以前に抗がん剤治療や胸部の放射線治療を受けたことがありますか?
・心臓の検査は,何と何をされましたか?
補足コメント
kei10

お礼率 50% (1/2)

早速、ご解答いただきありがとうございます。

>以前に心臓の病気を患ったことがありますか?

2,3年前に心臓が締め付けられる症状があったのですが、病院に行ったときには症状が無く、様子を見ると言う事で薬の投与も無く、それ以後も症状が出る事はありませんでした。

>糖尿病,高血圧,高脂血症を患っていますか?
>以前に抗がん剤治療や胸部の放射線治療を受けたことがありますか?
  
ありません。

>心臓の検査は,何と何をされましたか?

心臓カテーテル検査、アイソトープ検査、心臓エコー検査を受けました。

>心臓への負担を減らしたり不整脈を止める治療で症状の改善を図ることは可能です。
それはどのような、治療法でしょうか?
一般的な心筋症の様に、バチスタ手術、カテーテル焼灼術等の事でしょうか?
投稿日時 - 2002-03-24 15:40:03
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 59% (22/37)

補足,拝見しました。 抗がん剤の正確な投与量が分からないので推測でお話しするしかないのですが,初回治療ということですから,やはり子宮がんに4コースの治療では量が少ない印象はぬぐえません。しかし,エコーに加えカテーテルとアイソトープの検査までされているのですから,まず診断に間違いはないと思います。心疾患の既往も虚血性心疾患の危険因子もお持ちでないようですが,2~3年前の症状が狭心症で,治療前に心筋に虚 ...続きを読む
補足,拝見しました。

抗がん剤の正確な投与量が分からないので推測でお話しするしかないのですが,初回治療ということですから,やはり子宮がんに4コースの治療では量が少ない印象はぬぐえません。しかし,エコーに加えカテーテルとアイソトープの検査までされているのですから,まず診断に間違いはないと思います。心疾患の既往も虚血性心疾患の危険因子もお持ちでないようですが,2~3年前の症状が狭心症で,治療前に心筋に虚血性の変化がすでにあったため,少ない量でも心不全が発症したと考えることもできなくはありません。しかし今からそれを裏付けることは困難ですし,またそうする利益もないので(治療に変わりがない),これ以上の検査は不要と考えます。
さらに付け加えるなら,治療前に心不全の発症を予測することは困難だったと思います。

>それはどのような、治療法でしょうか?
>一般的な心筋症の様に、バチスタ手術、カテーテル焼灼術等の事でしょうか?

「心筋症」という言葉のため混同されているようですが,肥大型閉塞性心筋症,拡張型心筋症などの特発性心筋症(真の原因は不明)と,抗がん剤による心筋障害とは別のものです。紛らわしいのでこの回答でも「心筋障害」という言葉を使っています。申し上げた治療というのは,利尿薬,強心薬,抗不整脈薬,降圧薬などを用いた,原因の如何によらない一般的な心不全の治療ということです。
循環器の専門的な検査も行える病院のようですので,私の個人的意見では,今の病院を信頼してよいと思います。主治医の先生とよくお話ししてください。納得いかない場合は,循環器の専門医が常勤し,抗がん剤治療も多数行っている規模の大きい病院(がんセンターなど)にセカンドオピニオンを求めてもよいでしょう。

現状は元には戻せなさそうですが,心不全の症状がなく,普通に日常生活が過ごせますよう願っています。
お大事になさってください。
お礼コメント
kei10

お礼率 50% (1/2)

ありがとうございます。 今の所様態も安定しているようです。
これから、主治医の先生とも相談して出来る限りの手を尽くしたいと思います。
また解からない事があれば、質問することがあると思いますのでご解答頂ければ
嬉しく思います。 
投稿日時 - 2002-03-26 21:14:09
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ