OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

教員採用試験について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.220885
  • 閲覧数514
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 16% (34/209)

私は来年に教員採用試験を受けようと考えてる大学生です。小学校教諭になりたいと考えています。ちなみに、受けようと考えている所は兵庫県と岐阜県です。兵庫県や岐阜県の教採の特色を知っている方がおられましたら、是非教えて下さい。また、早速教採の勉強をしたいのですがまったくの初心者のため何から手をつけていけばいいか分かりません。今から勉強するには一般教養からやった方がいいのか、それとも教職教養からやった方がいいのか、それとも小学校全科からやった方がいいのか具体的に教えてくれるとありがたいです。よろしくお願いします
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 100% (1/1)

はじめまして。私は、兵庫、岐阜を受験したことはないのですが、過去に7県の受験経験があり、そのうち4県に合格した経験から、少しでもアドバイスできればと思います。
 canon420さんは、現在大学3年生ということでしょうか?教員への道も険しいこのご時世、早めに勉強をはじめておくことは、とても大切なことですね。まずは、一般教養から始めてはどうですか?一番範囲が広く、復習も大変な教科だと思うからです。県によっても違いますが、高校受験から高校初歩位までの内容で出題されると思うので、結構忘れているものです。私の場合は、きれいさっぱり忘れていたので、教科によっては高校受験用の問題集なども購入し、初歩の初歩から勉強し直しましたよ。そして、小学校受験者はラッキーなことに、一般教養の勉強が、即、小学校全科の内容につながったりしますから、一石二鳥だと思いますよ。兵庫の小学校全科は、他県に比べとても問題数が多かったような記憶があります。(受験したことはないですが、過去問を解いたことがあります。)その点を考慮しても、早めの対策が肝要だと思います。
 教職教養も、早ければ早い方がいいのでしょうが、こちらは割とつぶしが効くと思います。復習ではなく、新しいことを覚えていくだけですし、教員を目指す人間なら、興味の持てる分野とも思いますので、のってくれば、私の場合はそんなに苦ではなかったです。教職教養は、かなり集中すれば、短期間でも高得点をねらえる教科です。(個人差はあるかと思いますが・・・。)
 基礎固め→実力養成→実践力養成と、こんな流れを頭に描いておくといいかと思います。基礎固めには、「ランナー」や「パスライン等が有名ですね。実力養成には、私の例を出せば、時事通信社の通信添削講座が良かったです。私の肌によく合っていたので活用できました。今は、いい市販問題集や、通信添削も様々な会社のものがでていると思うので、よく吟味されて、自分に合う物を選んでください。力がついたら、模試を受けましょう。大学でも実施するかもしれませんが、多くの会社は自宅模試という形でもできるようになっているので、こちらもどんどん挑戦すると、自分の位置が把握できます。お勧めです。
 いろいろと書きましたが、一番大事なことはcanon420さんが、試行錯誤する中で自分のスタイルを作り上げていくことだと思います。まだ十分に時間があると思うので、いろいろと調べてみるとよいと思います。教採雑誌も参考になりますし、時事通信社のHP(http://book.jiji.com/kyouin/kawai.html)もよいですよ。頑張って下さい!応援しています!
  
お礼コメント
canon420

お礼率 16% (34/209)

返事ありがとうございました。とても参考になりました。
今年の春大学3年になるのでまだ時間的余裕はありますが、何事も早めにしとこうと思い質問させていただきました。まずは、一般教養から初めていこうとおもいます。頑張ります
投稿日時 - 2002-02-25 13:53:55
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ