OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

下水道についての質問

  • すぐに回答を!
  • 質問No.217659
  • 閲覧数3653
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 36% (11/30)

今下水道について調べております。
マンホールと管きょとはどういう違いがあるんですか?
また管きょについてくわしくおしえてください!

また下水道処理など下水道に関する資料またはURLがあれば
是非教えてください。

よろしくお願いいたします
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 32% (91/282)

管路(管渠)についてご説明します。
 家庭のトイレや台所、風呂場などから排水された汚水は敷地内の管路(宅内配管)を通って道路下に埋設された本管に排水されます。敷地内の管路は直径50~100mm程度の塩ビ管でできています。これは個人の所有物ですが、道路下の本管に接続される取付管はこの家の人の占用施設ですが公共施設です。敷地内の管路と取付管は公共マスによって接続されています。公共マスも塩ビ製がほとんどでこれも公共施設です。敷地内の道路との境目近くか場合によっては道路側にあります。直径100mmぐらいの水密性の蓋がついていますが簡単に開けることができますので、宅内配管がつまったりしたら、ここから修理をしたりすることができます。
 下水道本管は通常自然勾配で流下していきますが、平坦な道路や管路勾配に対して道路が逆勾配になっている場合ではこの勾配を確保するために下流に行くほど埋設深が深くなってきます。埋設深が深くなると管路を埋設するときの工事費が高くなるし、家を新築したりして後から本管に取り付けたりする場合の工事が大変なので一定の深さまで行くと、次のマンホールを浅くしてポンプで汲み上げて圧送したりします。マンホールのそばに配電盤を見かけたらそのマンホールの中には圧送ポンプが入っていると思って間違いありません。このマンホールは前後のマンホールよりも蓋が大きいことでもすぐわかります
車の通りの少ない夜中などにマンホールに耳を近づけてみるとポンプが動いている音が聞こえます。(もっとも夜は入浴時間を過ぎると下水の流量も一気に減るのでポンプが作動する時間も短いですけどね)
 下水本管は最上流部は直径100mm程度からスタートしますが、下流で次第に合流していき口径も太くなっていきます。農業集落排水事業(農村地域の下水道事業)など、数百~数千人程度の小規模の処理人口の施設では最下流の汚水処理施設の流入口付近でも管路の口径は200mmからせいぜい400mm程度で材質は塩ビ管がほとんどです。一方、大都市の流域下水道(下水道は「公共下水道事業」や「農業集落排水事業」等、市町村単位で実施されるのが普通ですが、場合によっては複数の市町村が参加して処理人口数万~数十万規模の処理施設を造ることもあります。)などでは直径数メートルの管路もあります。そうなると塩ビ管などでは強度的にも耐えられないので、コンクリート管が主流になってきます。
 また、現代の下水道は「分流式」と言って汚水と雨水を別々に流す方式が主流です。農村地帯などでは側溝などで受けた雨水をそこらへんの用排水路や渓流、水田に捨ててしまえば良いのですが、昔は汚水と雨水を一緒に流す「合流式」がほとんどで、明治の時代から都市部が先行して下水道を整備してきたため、現在もそれを引きずっている東京都など都市部の自治体は多いようです。都会の場合、分流式を採用しても雨水を捨てる場所も少ないし雨水用の専用管路を敷設するにはかえって費用がかかる場合も多いようですが、合流式は雨水が流入する分、処理量も多くなり処理施設も大規模になるばかりか、大雨になって許容流量を超えそうになった場合、汚水(トイレや台所の水)が混入していても途中でやむを得ず河川に放流する場合もあり、環境や衛生上の問題もあります。それでも河川に放流するのは緊急避難的な措置として計画上織り込まれていることなのですが、都市部は雨水の地下浸透がほとんど期待できず、丘陵地帯の宅地開発、ヒートアイランド現象の影響もあるとかで、時間雨量強度の増大して、近年下水管への流入が極端に増え、管路の許容流量を超えて一気に下流域に流れ込んでマンホールから汚水もろとも吹き出すなどの困った現象が相次いでいます。ニュースでも最近映像が時々流れますよね。また合流式は汚水が雨水で希釈されるので処理前の汚濁度は低いのですが、処理槽内のバクテリアのエサになる有機物すなわち汚濁物質の濃度が低いとバクテリアの活動が鈍くなり処理効率が悪くなりかえって処理水の水質が悪化するようです。このような理由から合流式の下水道は今後は次第に縮小されていく運命にあります。
 あっ、ちょっと話が横道にそれてしまいましたね。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1

したのURLを参考にしてみては。また探してみますんでしばしおまちを ...続きを読む
したのURLを参考にしてみては。また探してみますんでしばしおまちを
  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 47% (17/36)

管きょは端的に言うとまさに下水を流すところ,マンホールは,その名の通り人が出入りする穴,つまり管きょの点検や清掃のために人が出入りするところになっています. ただし,マンホールはそれだけでなくて,通気のための空気の出入り口にもなりますし,管きょを接続・合流させる役割もあります.たとえば,管きょの起点や合流点,あるいは方向・勾配・管径の変化する点,段差を生じる点になります. その他諸々の情報は,日本 ...続きを読む
管きょは端的に言うとまさに下水を流すところ,マンホールは,その名の通り人が出入りする穴,つまり管きょの点検や清掃のために人が出入りするところになっています.
ただし,マンホールはそれだけでなくて,通気のための空気の出入り口にもなりますし,管きょを接続・合流させる役割もあります.たとえば,管きょの起点や合流点,あるいは方向・勾配・管径の変化する点,段差を生じる点になります.

その他諸々の情報は,日本下水道協会に行ってみてはどうでしょうか.
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ