OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

微分積分の参考書

  • すぐに回答を!
  • 質問No.208860
  • 閲覧数429
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 33% (1/3)

微分積分、そのなかでも線積分、グリーンの定理が必ず載っているわかりやすい本を探しています。今日の授業でこれらを扱ったのですが、指定の教科書には記述がなく、全くわからないので、参考書を買って自学することにしました。大学の生協で何冊か見たのですが、どの本が良いのかわからず困っています。また、試験まであまり日数がないので、できるだけ早い解答と、注文を待つ時間すらないので、その売っていると思われる場所を教えていただけると助かります。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 4% (1/22)

改訂 微分積分 洲之内治男/和田淳蔵 共著 サイエンス社 と言うのに載っていました ...続きを読む
改訂 微分積分
洲之内治男/和田淳蔵 共著
サイエンス社
と言うのに載っていました

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 26% (324/1203)

「応用解析要論」(田代嘉宏著、森北出版) 付録のページの最後のところにグリーンの定理が載っています。計算式もすべて書いてあります。 他の微分積分の分野についても演習量が豊富で分かりやすいので、勉強しやすい教材だと思います。(言うなれば、チャート式というか)
「応用解析要論」(田代嘉宏著、森北出版)

付録のページの最後のところにグリーンの定理が載っています。計算式もすべて書いてあります。
他の微分積分の分野についても演習量が豊富で分かりやすいので、勉強しやすい教材だと思います。(言うなれば、チャート式というか)
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ