OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

こぶ斜面の滑り方

  • 困ってます
  • 質問No.205914
  • 閲覧数1117
  • ありがとう数7
  • 気になる数1
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 88% (40/45)

 急斜面のコブをすべる時、どうしても後傾になり、スキーがいうことを聞きません。誰かコツを教えてください。特にあの゛怖さ゛から克服できるコツとは?
因みに、スキーは10年前のケスレーをいまだ使用しております。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル7

ベストアンサー率 43% (7/16)

こんばんはまたメールします。
今度は感情面についてです。
人間は意志では、感情をコントロールすることはできません。怖いものは怖いのです。やはり技術(コントロールする力)を身に付ける以外はありません。怖いながらするしかないわけですが、スピードに慣れるには、こぶ斜面をパラレルターンで飛ばしてみるのもいいかもしれませんよ。こぶの頂点を2・3個跳んでみる、ちょっとオーバースピードになっても切れあがって山に登っていけば必ずスピードは落ちるのですから・・・。
小回りでも、腰が引けてしまったときのリカバリーをどうするか確実に出来る方法を身に付けることが大切で自信になります。前にも書きましたが体の後方にストックを突いて一気にまわしてしまうなどさまざまです。内足ですべる練習も取り入れられてはいかがでしょう。リカバリー能力は高まるし、チャールストンは滑っていて楽しい!

人からのアドバイスや本で読んだ事も、人によって受け取り方・感じ方が違うので、信用しすぎないようにしましょう。
 上半身のひねり・戻しは、こぶをすべるとき必要です。私は、上体を振る意識をもって先行動作をしています。
 ストックなしで早い小回りターンをしてみてください。うまく行ったなと思うとき、どんな感覚・身体操作をしているのでしょう。きっと私とは、違う意識でされていると思います。
お礼コメント
kurodai

お礼率 88% (40/45)

たびたびの回答ありがとうございました。プリントアウトしてポケットにいれつつ、今度練習したいと思います。(笑) 紙を持って滑っているヤツがいたら、是非声をかけてください。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-02-13 18:02:29
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 14% (44/298)

こぶに乗ってしまったときって、上体が後ろにひけてしまいますよね。そのときダブルストックで、上体を持ち上げる、うまくいえないけど、両方のストックをついて、腕に力を入れて、上体をぐいっと前に押し出す感じにすると、スキーの操作がしやすくなります。ちなみに「モーグルをやろう」というのであれば、ダブルストックは減点になると思います。ただこぶを楽しく滑りたいのであれば、これでかなり、楽になります。 ...続きを読む
こぶに乗ってしまったときって、上体が後ろにひけてしまいますよね。そのときダブルストックで、上体を持ち上げる、うまくいえないけど、両方のストックをついて、腕に力を入れて、上体をぐいっと前に押し出す感じにすると、スキーの操作がしやすくなります。ちなみに「モーグルをやろう」というのであれば、ダブルストックは減点になると思います。ただこぶを楽しく滑りたいのであれば、これでかなり、楽になります。
お礼コメント
kurodai

お礼率 88% (40/45)

 ありがとうございました。今度是非やってみます。
投稿日時 - 2002-01-28 18:39:47
  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 38% (39/102)

比較的穏やかな斜面で、滑ろうとするコブ斜面をじっくり見てみましょう、(急な斜面プラスコブでは、ニガテ要因がおおくてゆっくり考えることができません。)そうすると、溝と溝との間に一本のコースが見えてきます。   コブのできる過程は、人工的なものでない限りは、スキーヤーのターンによってできるため、上級者の多いコブ斜面ではきれいな、リズムのあるコースができています。   滑ろう!と意気込む前にまずそちらの ...続きを読む
比較的穏やかな斜面で、滑ろうとするコブ斜面をじっくり見てみましょう、(急な斜面プラスコブでは、ニガテ要因がおおくてゆっくり考えることができません。)そうすると、溝と溝との間に一本のコースが見えてきます。
 
コブのできる過程は、人工的なものでない限りは、スキーヤーのターンによってできるため、上級者の多いコブ斜面ではきれいな、リズムのあるコースができています。
 
滑ろう!と意気込む前にまずそちらの観察から始めたらいかがでしょうか?
 
コブの中腹あたりを削るようにターンをして次のコブの腹を蹴飛ばすようにしてスピード調整をすると、比較的楽に滑れるはずです。(中腹でターンする場合板の両端が軽く中に浮く感じになり雪面への接地面積が少なくなるためスムースです)

 一気に滑らずはじめは2~3個のコブでとまって
感覚をつかみ、じょじょにならしていきましょう。
 慣れてくればそこからはリズムをつかみ、頭の中で
リズムを刻みながらすべると楽しくなりますよ。
 
スキーの板の件ですが十年前のケスレーというと、どのタイプかはわかりませんが、反発の強い確か硬めの板だったのではないでしょうか。
 
ひょっとすると、反発力の強さに、脚力が負けてしまっているのではないですか?
 
 今やスキーは、十年前の品物とは雲泥の差になっております、しかも値段が安い!
 ブランドやスキルにこだわることなく、まず今のカービングを乗られてみてはいかがでしょうか、きっと
世界が変わりますよ!
 
 ここのところゲレンデで肩身の狭くなったスキー、
でもやはりスキーは最高です!!
 がんばってくださいね!!!!!
 
お礼コメント
kurodai

お礼率 88% (40/45)

 目から鱗って感じです!! ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-01-28 18:38:21
  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 43% (7/16)

 こぶの中腹をこぶに沿って回って行けという人がいますが、これは初中級者がこぶの急斜面を安全に降りられる方法で、スピードを出すと破綻します。  krykさんの言われるように、こぶの中腹にスキーをぶつけて切り替える(エッジング)といくとうまいくと思います。  ただ斜面が特に急だったりコブが大きかったりするとどうしても体が遅れますが、そうなると当然コントロールできなくなります。 (スキーを送り出してエ ...続きを読む
 こぶの中腹をこぶに沿って回って行けという人がいますが、これは初中級者がこぶの急斜面を安全に降りられる方法で、スピードを出すと破綻します。

 krykさんの言われるように、こぶの中腹にスキーをぶつけて切り替える(エッジング)といくとうまいくと思います。
 ただ斜面が特に急だったりコブが大きかったりするとどうしても体が遅れますが、そうなると当然コントロールできなくなります。
(スキーを送り出してエッジングするのではなく、体の側面でエッジングする感覚を持つようにしています。←あくまでも基本)
 私も体が遅れたら
 kasuteraさんの言われるようにWストックや体の後方にストックをつくなどして上体を立て直しています。

 自然にできたコブは中腹を蹴ってばかりでは滑らせてくれないので、コブに乗り上げたときは上体をねじって先行(スキーの向きとは逆)動作をとるなど、状況に応じていろいろ試してください。
 難しいけど、だからスキーは楽しいんでしょうネ
 
 
お礼コメント
kurodai

お礼率 88% (40/45)

ありがとうございます。頭では、わかっているんですがね、でも気合を入れて突進すると、殆どウルトラマン状態?になっちゃうんですよね。難しいですよね。だから
やめられないんでしょうね。でもヒントが得られた気がします。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-01-28 18:35:49
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ