OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

梨の名前の由来

  • 暇なときにでも
  • 質問No.199310
  • 閲覧数554
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 66% (2/3)

 こんにちは(^o^)丿
晩三吉という梨がありますが、名前の由来を教えて下さい。
お願い致します。m(__)m
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 早生三吉という品種から、偶然発生した品種だそうです。早生(わせ)に対して晩(ばん)としたのかもしれません。 ...続きを読む
 早生三吉という品種から、偶然発生した品種だそうです。早生(わせ)に対して晩(ばん)としたのかもしれません。
お礼コメント
shimazou

お礼率 66% (2/3)

 ありがとう御座いました。1kgほどあるのを見せて戴いたので、気になりまして(^_^;)
 晩(ばん)は何処からつけられたんでしょうね?
投稿日時 - 2002-01-16 12:08:45


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 24% (905/3709)

http://www.toa-s.co.jp/seika/j-pear/j-pear_bansan.htm 簡単に載っています
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 71% (105/146)

 参考URLによると、明治初期あるいは江戸末期に新潟県中蒲原郡両川村において発見された品種だそうです。「偶然実生(みしょう)」とありますので、種から生えた突然変異種でしょう。  「晩三吉」は「おくさんきち」と読むようですね。  まず「三吉」という品種の梨があって、それの種から生えた木になった梨が、今までの「三吉」の実と違って熟すのが遅い(大きさや味とかも違っていたかも知れませんね。)ので「おくて」 ...続きを読む
 参考URLによると、明治初期あるいは江戸末期に新潟県中蒲原郡両川村において発見された品種だそうです。「偶然実生(みしょう)」とありますので、種から生えた突然変異種でしょう。
 「晩三吉」は「おくさんきち」と読むようですね。

 まず「三吉」という品種の梨があって、それの種から生えた木になった梨が、今までの「三吉」の実と違って熟すのが遅い(大きさや味とかも違っていたかも知れませんね。)ので「おくて」の「三吉」ということで、「おくさんきち」となったもの思われます。これに対して最初の「三吉」が「早生三吉」と呼ばれるようになったのではないでしょうか。たぶん商品価値は「晩三吉」の方が上なのでしょうね。

 野菜なんかだと種を蒔いてから収穫するまで、果樹だと花が咲いてから実を収穫するまでの期間が短いもの(早く収穫できるもの)が「わせ(早生)」、期間が長いもの(収穫が遅いもの)が「おくて(晩生)」、その中間が「なかて(中手)」です。
 稲の場合は「早稲」「晩稲」と書くのが普通で、「早稲」を植えた田が「わせだ」ですね。
お礼コメント
shimazou

お礼率 66% (2/3)

 詳しい内容のご回答ありがとうございました。大変勉強になりました。
また何かありましたら、よろしくお願い致します。m(_ _)m
投稿日時 - 2002-01-16 14:11:32
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ