OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

恐怖感でものすごい震えが襲う

  • 困ってます
  • 質問No.191996
  • 閲覧数599
  • ありがとう数3
  • 気になる数1
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 0% (0/3)

私はピアノを勉強している音大生です。昔近所の先生とのレッスンの時に、きちんと練習してきたのに、緊張してうまくいかなくて、その時に先生に全く練習してきてないと思われものすごい声で怒られて、怒鳴られてあまりの恐怖に体中が震え何もできない状態になりました。                        今は音大の先生に教わっているのですが、おもわれてそれ以来10年くらい経った今でも、きちんと練習してきた場所が急に弾けなくなったときとか、先生に大声で怒られたりする時にものすごい恐怖感が襲い、手が極度に震え(緊張の震えとは違う、恐怖感からくるものすごい震え)、手が思うように動かなくなってしまって、自分をコントロールできなくなってしまい何もできなくなってしまうんです。
 またペダルにのせている足もがくがく震えてしまって、それがペダルにあたってカタカタいってしまい先生に変に思われてしまうんです。「また怒られるんじゃないか」という恐怖感や、逆に「またできなくなっちゃったらどうしよう」という不安感がレッスンの時にいつもあって、実際にそうなってしまった時にものすごい体中の震えの状態になってしまうんです。なにか解決策はないでしょうか。どうか助けてください。 
通報する
  • 回答数3
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 21% (28/132)

お察しします。きちんとしたカウンセラーに相談された方がいいと思うの ですが・・・・。心理的な治療を施してくれる様な。 (詳しい事はあまり知らないので「アドバイス」にしました)
お察しします。きちんとしたカウンセラーに相談された方がいいと思うの
ですが・・・・。心理的な治療を施してくれる様な。

(詳しい事はあまり知らないので「アドバイス」にしました)


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 31% (726/2280)

これはやはり精神的なものですので、まず先生に事の重大さに気がついていただくしか手はないと思います。 つまり、貴方はノー天気な人とは全く正反対な神経の細かい性格で過去を引きずるタイプだと思います。 解決法は可能かどうかわかりませんが、立場の逆転、つまり、貴方が小さな子どもを教えることで先生の立場を経験するということです。そこで貴方がどういう経験をするかで今後の方針が決まってくるような気がします。 とこ ...続きを読む
これはやはり精神的なものですので、まず先生に事の重大さに気がついていただくしか手はないと思います。
つまり、貴方はノー天気な人とは全く正反対な神経の細かい性格で過去を引きずるタイプだと思います。
解決法は可能かどうかわかりませんが、立場の逆転、つまり、貴方が小さな子どもを教えることで先生の立場を経験するということです。そこで貴方がどういう経験をするかで今後の方針が決まってくるような気がします。
ところで、巨人の星という漫画をご存知でしょうか。主人公の星飛雄馬が巨人に入って挫折した時に、座禅を組んでいて何度も和尚にたたかれ、彼自身たたかれまいと思えば思うほど体が言うことをきかずたたかれ続けるのですが、開き直った彼はそこで悟ったのです。「打たれて結構、むしろ打っていただこう」という精神が大切であると。
つまり、貴方はいつもしかられまいと思って練習をしてきたと思います。それでは何のためにレッスンにいっているのですか。誉められたいからですか。違うでしょう。自分の欠点を指摘してもらおう、そういう精神で望めば少しは気が楽になるのではないでしょうか。
あくまでも練習なのですから。大成功は本番までとっておきましょう。
少しは気休めになったでしょうか。
  • 回答No.3

こんにちは! 私も同じような経験があるので気になり多少アドバイスをさせて頂こうと思い投稿しました。 先ず、私の経験からです。親に自分の適正とは関係無しに職業をほんの気まぐれから決められました。自分には全く向いていない職種でしたが逆らうことはできずその職業につきました。それまで、例えばテストで90点を取ったら褒めるどころか、お前は馬鹿だから100点が取れないといった感じで傷つけられていました。大学でそ ...続きを読む
こんにちは! 私も同じような経験があるので気になり多少アドバイスをさせて頂こうと思い投稿しました。

先ず、私の経験からです。親に自分の適正とは関係無しに職業をほんの気まぐれから決められました。自分には全く向いていない職種でしたが逆らうことはできずその職業につきました。それまで、例えばテストで90点を取ったら褒めるどころか、お前は馬鹿だから100点が取れないといった感じで傷つけられていました。大学でその職業につく勉強をそのような状態でしていたので、いざその職種についてからも、そのトラウマから逃れることが出来ず辛かったです。仕事を止めてからも何年もいろいろな意味で苦しみました。 

szymaさんは偉いと思います。子供の頃の先生と言うと小学生の時でしょうか、緊張感を克服し音大まで入ったのですから。私は前に述べたように嫌なことは避けました。それも心理学者に言わせるとひとつの選択で決して自分に負けたわけではないそうです。 szymaさんはトラウマに立ち向かっているので、今は辛いと思いますがt_mさんの言う通りカウンセラーと話してみると気持ちが少し楽になると思います。szymaさんが音大の先生にここに書いてあることを話せるのだったら、その必要はないかもしれませんが、そうではなかったら、ものは試しでという気楽な心構えでいらしたらどうでしょう? 相性のいい悪いがあるので、もしカウンセラーが気に入らなかったら他を当たればいいのだし。(お金を払うのはszymaさんは何ですからね!)

それから、簡単なリラックス法を紹介します。アメリカでベストセラーの本を幾つか出している、Dr. Andrew Weilというハーバード出のお医者さんの方法です。息を4数えながら吸います。吸い終わったら息を止め七つ数えます。そして八つ数えながら吸い出します。緊張しているとなかなか旨く出来ませんが何度もこれを繰り返すと気持ちが落ち着いてきます。

長くなりましたがピアノのお勉強、頑張って下さい。おそらく子供の時の先生をあなたはこえているのではないでしょうか? 子供に後々まで恐怖感を残すようなやり方は最低ですよね。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ