OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

自分の夫のことを「だんな」と言うことについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.189564
  • 閲覧数146
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

女性が会話で自分の夫のことを「だんなが~」と言うのをよく耳にしますが、
「だんな」は他人の夫を呼ぶ時の尊敬語ではないでしょうか。
自分の夫のことは昔は「主人」と読んだと思いますが、男女平等の意識から、
「主人」とは言わなくなったのかもしれませんが、
それなら「夫が~」と言うほうが普通のような気がしますが、
今の大体の常識と、言語や男女平等の専門家の見方(将来はどういう流れになるのか)はどうなっているのでしょうか。

ついでに、男性は、自分の妻のことを昔は「家内」と呼んだと思うのですが、
今は「うちの奥さんが~」と言っています。これでは男女平等の解決にもなっていないですから、「妻が~」と言ったほうが普通のように思いますが、
こちらはどうなるのでしょうか。

今度「看護婦」という言葉が廃止されるといったような、言葉のトレンド(移り変わり)の観点でお答えお願いいたします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 29% (1122/3749)

【旦那】というのは仏教では施主であり、一般用語としては商人がお客に対して「旦那さん」という言い方をしたり【妻や雇い人】が

家の主(あるじ)を指すのに使った言葉ですから、妻は使用人と同等の扱いということになり、かなりの【差別語】だと判ります。

・・・つまり尊敬語には違いないのですが、あまりにも妻の座を低く置いた表現だといえます。


かつて自分の夫を呼ぶのに一番相応しく、差し障りのない言葉は【宅:たく】という言い方でした・・・少なくとも戦前は!

「宅の都合は~~~」という言い方は、山の手言葉というかいわゆる奥さま言葉なので「使い勝手」は悪かったかも知れません。

自分の夫のことを「主人が~~」と言い出したのは戦後だと思いますが、「宅が~~」というより抵抗がなかったためでしょう。

男性が自分の妻を呼ぶ時ですが、私はこのOKWebの中の書き込みでも[女房][家内]など使っていますが「妻が~」は使いません。

「妻が~」でもよいのですが云い慣れてなくて、むしろコロンボ刑事の「うちのかみさんがね~ェ」の方が照れ隠し的には使えます。

差別をなくす観点からすれば「家内」も家に閉じ込めている雰囲気だし、私自身は何がよいのか判りません???

~という結論では何を書いていたんだと言われそうですが、現状は皆さんも同じではないでしょうか。。。
お礼コメント
noname#2233

ありがとうございました。
現在のところは悩んでいる最中だということですね。
投稿日時 - 2001-12-24 00:57:05
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 56% (1020/1799)

 過去類似の質問がありましたが、私も「主人」も「檀那」もなんだかなぁと思います。もっと時代にあった言い方があればいいと思います。  ただ、言葉は変わっても、現実問題としてその本質が変わらず、結局問題が巧妙に隠されるだけということもあるので、気をつけなければいけないのかも知れませんが。   ...続きを読む
 過去類似の質問がありましたが、私も「主人」も「檀那」もなんだかなぁと思います。もっと時代にあった言い方があればいいと思います。

 ただ、言葉は変わっても、現実問題としてその本質が変わらず、結局問題が巧妙に隠されるだけということもあるので、気をつけなければいけないのかも知れませんが。
 
お礼コメント
noname#2233

ありがとうございました。
はっきりした流れや答えが、現在は未だ無いようなのですね。
毎日使う言葉なのに腑に落ちないながら使っているのが、
いまいちすっきりしないですよね。
本質が変わらない、という意味はよくわかります。
投稿日時 - 2001-12-24 01:04:16


  • 回答No.3

こんにちは。 回答ではありません。ご容赦ください。 昔ある本で知ったことなんですが、(著者もわかりません) 「だんな」のだの字は、英語の「ダーリン」のダと語源は一緒であると、いうことでした。 仏教用語で、インド語で「ダーナ」というらしく、それが東に渡り「だんな」となり、西に渡り「ダーリン」となったそうであります。 本の名前も覚えておりませんが、ウソか本当かは、ご判断ください。 ...続きを読む
こんにちは。
回答ではありません。ご容赦ください。
昔ある本で知ったことなんですが、(著者もわかりません)
「だんな」のだの字は、英語の「ダーリン」のダと語源は一緒であると、いうことでした。
仏教用語で、インド語で「ダーナ」というらしく、それが東に渡り「だんな」となり、西に渡り「ダーリン」となったそうであります。
本の名前も覚えておりませんが、ウソか本当かは、ご判断ください。
お礼コメント
noname#2233

ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-12-24 21:50:10
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ