OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

国民健康保険について

  • 困ってます
  • 質問No.187960
  • 閲覧数100
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 45% (53/116)

リストラで退職になり国民健康保険に加入しなければならなくなった場合に
家族で両親が国民健康保険に加入している場合と
弟の厚生保険の扶養に入ってる場合とでは自分の
国民健康保険税の額はどっちが少なくなるのでしょうか?

自分一人だけより、家族も国民健康保険に加入している場合は
多くなるようなことをテレビで聞いたのですが、どうなんでしょう?
あと、自分が弟の厚生保険の扶養に入るのは難しいようなので
国保に入るしかなさそうなのでぜひ、教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

実際の生活が弟さんの扶養になっているのであれば、扶養に入れば、保険料は不用です。ただし、兄弟だと、認定は難しいです。弟には兄の扶養義務はないですから。
親兄弟で一緒に暮らしている場合は、無理でしょう。

国保のばあいの所得割は「世帯」でかかってきますので、均等割りが一人増えるだけでなく、あなたの分の所得(前年実績で)が計算されるので、全体の所得割がすぐ、「最高額」になります。私の知人は、親の年金と息子の非常勤講師の収入で「最高額」になりました。

とりあえずは「任意継続」がおすすめです。自己負担の有利のほかに、入院した時の傷病手当(休職補償)があります。もし、失業が続けば、所得が下がるので、そのときに国保に入っても保険料は下がっている、ということになります。
お礼コメント
takashi01

お礼率 45% (53/116)

よくわかりました。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-21 01:07:40
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 弟さんの社会保険の扶養に加入するのは、難しいと思います。弟が兄を扶養するよりも、親に扶養してもらうのが順番です。また、成人者が無職を理由に、親や兄弟の扶養になるのには条件が厳しい保険者が多いようです。  仮に、弟さんの扶養になれた場合は、あなたは国民健康保険ではなく社会保険ですので、国民健康保険税は発生しません。また、弟さんの給料から引かれる社会保険料も変わりません。  家族が国民健康保険で ...続きを読む
 弟さんの社会保険の扶養に加入するのは、難しいと思います。弟が兄を扶養するよりも、親に扶養してもらうのが順番です。また、成人者が無職を理由に、親や兄弟の扶養になるのには条件が厳しい保険者が多いようです。

 仮に、弟さんの扶養になれた場合は、あなたは国民健康保険ではなく社会保険ですので、国民健康保険税は発生しません。また、弟さんの給料から引かれる社会保険料も変わりません。

 家族が国民健康保険ですので、あなたが国民健康保険に加入した場合は、従来の保険税に均等割といって1人当り年間**円という額と、前年所得に対する所得割、あなた名義の固定資産税があるのでしたらその固定資産税額に対する資産割、この3種類の額が加算されることになります。具体的な額につきましては、市町村によって料・率が異なるため、お住まいになっている役所の国民健康保険担当課に尋ねると概算で教えてくれます。また、国保に加入すると年金は国民年金となり、現在は1ヶ月13,300円を納めることになっています。

 もうひとつの方法ですが、社会保険の加入期間が2ヶ月以上あるのでしたら、退職しても社会保険を継続する「任意継続」という方法があり、2年間まで継続できます。言葉の通り、退職しても社会保険を継続できるのですが、退職していますので保険料の会社負担がありませんので、保険料は退職時の2倍程度になります。しかし、病院での自己負担は2割のままです。この制度を選択しても、年金は国民年金へ加入することになります。

 従って、社会保険の任意継続をして、保険料を従来の2倍納め病院の自己負担割合を2割のほうを選択するか、国民健康保険に加入して自己負担3割を選ぶか、どちらかの得な方を選択すると良いでしょう。なお、国民健康保険に加入しても、社会保険のときに継続して治療している疾病がある場合には、継続療養制度により2割で診療を受けれる制度もあります。

 社会保険の任意継続は、退職後20日以内に管轄している社会保険事務所で、手続きを行ってください。国保と国民年金の手続きは、住所ちの役所の国保担当課・国民年金担当課で行ってください。
お礼コメント
takashi01

お礼率 45% (53/116)

よくわかりました。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-21 01:08:55


  • 回答No.3

ところで厚生保険とありますが健康保険の勘違いですよね。 >弟には兄の扶養義務はないですから。 扶養の義務がなければ扶養認定の対象にすらなりません。直系血族および三親等内の親族は扶養の範囲として認められています。つまり兄弟は扶養できるのです。ただ兄弟でも年上の兄弟(兄姉)は同居し生計を共にする関係でないと認めてもらえません。年下の兄弟(弟妹)は別居していても収入の限度などほかの基準を満たしていればOK ...続きを読む
ところで厚生保険とありますが健康保険の勘違いですよね。
>弟には兄の扶養義務はないですから。
扶養の義務がなければ扶養認定の対象にすらなりません。直系血族および三親等内の親族は扶養の範囲として認められています。つまり兄弟は扶養できるのです。ただ兄弟でも年上の兄弟(兄姉)は同居し生計を共にする関係でないと認めてもらえません。年下の兄弟(弟妹)は別居していても収入の限度などほかの基準を満たしていればOKです。
弟さんと同居していないという時点で被扶養者になれません。

任意継続はお勧めではありますが、退職時の標準報酬が適用されます。つまり所得がなくなっても会社に勤めていた時と同じだけの保険料を徴収されます。(実際には事業所が負担してくれていた分も払うので増額になりますね)原則2年の加入期間のうちずっと同じ保険料を払い続けることになります。それに任意継続は本来「国保に入りたいから」という理由で脱退が出来ません。(実際には違いますが、原則...)その辺り考えた方がよろしいかと。

では。
お礼コメント
takashi01

お礼率 45% (53/116)

よくわかりました。
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-21 01:05:32
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ