OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

DBエンジンの仕組みについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.182565
  • 閲覧数195
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 48% (37/77)

はじめして。
例えば、認証システムを作ろうとします。
現在一万人の登録があるとして、田中さんが8千人目に登録されているとします。
そして、田中さんを検索するとき、
PerlとCSV形式のテキストファイル使用して検索する場合、上から順に8千行まで探して見つけますよね。
MySQLなどのDBサーバーを仕様する場合は、どういう形式で保存されているて、どういう形で検索するのでしょうか?
DBエンジンを使うと何万件もの登録に耐えれ、かつレスポンスも早いとききます。なぜそうなのか、その根本的な仕組みをどなたか教えていただけないでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 53% (41/76)

DBエンジンでも索引無しの場合は全データを上から順に検索していきます。
索引無し検索の場合、検索速度は大変遅くなります。
数千~数万件程度では索引無しでもそれほど大きな違いは出ませんが、数千万件のデータがあるような場合は必ず索引を付けなければ実用に耐えません。

DBエンジンによっては、OSが提供するファイルシステムを使用しないものもあります。
DBエンジンが独自にI/Oを行うことによってOSのオーバーヘッドを避け、より高速なI/Oを実現するためです。
これを使うと、ファイルシステム上のデータを検索するより遥かに高速にデータを取り出すことが出来ます。

またDBエンジンの設定にもよりますが、メモリ上に読みこむのは通常は索引だけです。
一旦読みこんだ実データ(レコード)はメモリ上にキャッシュされますが、使用されなけばキャッシュからは順次破棄されていきます。
でも出来るだけキャッシュをたくさん取れる様にしておいた方がパフォーマンスは良くなります。(当たり前ですね(^^;)

>例えば、一万件のレコードをもつファイルが一つあるとします。
> そして欲しいレコードが五千件目とわかっているとします。

DBエンジンにも依りますが、一般的なDBエンジンなら5000件目という概念はほとんど意味がありません。
索引が無ければ全件を検索しにいきますし、索引があれば検索条件にヒットしたレコードだけが選択されるからです。
索引付きのデータの場合、メモリに読みこまれる(=ディスクから読みこむ)のは検索条件にヒットしたデータだけです。

また通常DBで使用されるテーブルは固定長レコードです。(各カラム毎にフィールド長が決まっています)
CSVのように可変長レコードではありません。
可変長フィールドを扱う場合、可変長フィールドには実際のデータを保持しているファイル等へのポインタしかありません。
このため、可変長フィールドがあっても実レコード長はほぼ固定です。

データが固定長であるため、CSVのように行末文字の検索をする必要がなく、より高速なI/Oが可能になります。
特に索引付きである場合、該当レコードはこのファイルの先頭から何バイト目というように直接読み出すことが可能になるわけです。

その他、SQLで複雑な検索ができたりなど、DBエンジンを使用するメリットは多く、業務アプリケーションには必須といえる存在です。
補足コメント
snake103

お礼率 48% (37/77)

みなさん。回答ありがとうございます。本当にためになります。最後に私の解釈を確認したいのです。

「索引は、HD上のアドレスを保持しているため、特定のレコードだけ読み込む事が出来る。索引をつけない場合、HDのアドレスを特定できないため、ファイルが、バイナリであろうと、csv(テキスト)であろうと、その欲しいレコードまですべて読み込まなければ特定できない。例えば五千件目に記録されてる場合、五千件目のレコードだけほしくても五千件目までのデータすべて読み込むことになってしまう。」

という解釈でよろしいでしょうか?
投稿日時 - 2001-12-12 10:31:01
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 48% (25/52)

勿論、圧縮技術なども速さの要因にはなりますが、根本的な理由として、以下が挙げられます。 Perl+CSVの場合、上から順に、ファイルの一行一行をすべてプログラム内で読み込み処理します。データベースシステムの場合は、「索引情報」というものを用いて、直接ファイルを読み込まずに、索引情報を参照し該当したもののポインタやリンク情報を基にデータを吐き出します。 索引には、「田中さんはどこにいるか」という、「番地 ...続きを読む
勿論、圧縮技術なども速さの要因にはなりますが、根本的な理由として、以下が挙げられます。
Perl+CSVの場合、上から順に、ファイルの一行一行をすべてプログラム内で読み込み処理します。データベースシステムの場合は、「索引情報」というものを用いて、直接ファイルを読み込まずに、索引情報を参照し該当したもののポインタやリンク情報を基にデータを吐き出します。
索引には、「田中さんはどこにいるか」という、「番地番号(何行目)」も入っていますので、それを基にデータを読み込む、というわけです。

このような手法は、コンピューターが一般的に(ファイルを読み込むときなどに)行う手法でもあります。デフラグというのは、番地が飛び飛びになったものを順序良く戻す、ということですが、索引を付け直す、というのと同じことをやっているといえましょう。
補足コメント
snake103

お礼率 48% (37/77)

回答ありがとうございます。補足質問させて下さい。
1、索引を使用しない場合、レスポンスの差は圧縮技術の差によるとういこでしょうか?MySQLなどでDBのバックアップをとるとテキストとしてはきだされますが、それはバックパップ用で実際はバイナリとして保存されているということでしょうか?

2、索引を利用するとき、一万件のデータをいったメモリ上に読み込ムわけですよね?その場合csvで順に読み込むとのレスポンスの違いが明確にわかりません。

詳しく教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-12-10 09:52:20


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 37% (64/169)

DBエンジンでデータを取り出す場合には おそらく二分木探索(バイナリサーチ)が使用されているものだと思います。 例えば7つのデータがあった場合に 下記のような構造でデータを管理しているのでしょう。 (論理的に、ですが)    4  3   6 1 2 5 7 ここで5番目の値を取り出したい場合は 一番上の4と比較して、それより5が大きいので右下に進みます。 その後、6と比較して ...続きを読む
DBエンジンでデータを取り出す場合には
おそらく二分木探索(バイナリサーチ)が使用されているものだと思います。
例えば7つのデータがあった場合に
下記のような構造でデータを管理しているのでしょう。
(論理的に、ですが)

   4
 3   6
1 2 5 7

ここで5番目の値を取り出したい場合は
一番上の4と比較して、それより5が大きいので右下に進みます。
その後、6と比較してそれより5が小さいので左下に進みます。
その後、5と比較してそれと一致するのでそこのデータが
目的のデータとなるわけです。
7つの場合ですが、必ず3回以内の比較で目的のデータ
へたどり着くことができます。

1,2,3,4,5,6,7
と並べて順に探索していく場合だと最悪7回比較する
必要があります。

これはデータ数が多ければ多いほど、その差が大きく
なっていきます。
補足コメント
snake103

お礼率 48% (37/77)

ありがとうございます。参考になります。
補足で教えて下さい。

1、あるテーブルでどのフィールドにもIndex(索引)=バイナリサーチをつけない場合は、DBエンジンの探し方も、保存形式がバイナリかテキスト化の違いだけで、Perl+csvと同じ上から順に目的のレコードに到達するということですよね?

2、これは、パソコンの基本的動作の質問にはいると思うのですが、
例えば、一万件のレコードをもつファイルが一つあるとします。
そして欲しいレコードが五千件目とわかっているとします。
この場合メモリにバイナリデータでもテキストデータでも一万件のデータ=一つのファイルをすべて読み込んでから上から順に五千件目に到達するのでしょうか?私はプログラム、テキストベースの考え方しか出来ないので、そのファイルを扱う場合、いったんメモリにそのファイルのすべてを読み込むというイメージがわきます。
それとも、その部分だけメモリに読み込むことがバイナリデータの場合可能なのでしょうか?
私の勝手な今の偏見なのですが、可能じゃないとIndexの意味がないと思ってしまうのですが。
投稿日時 - 2001-12-11 03:09:42
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ