-PR-
  • すぐに回答を!
  • 質問No.1730239
締切り
済み

ねじの座面の等価摩擦直径

  • 閲覧数5422
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/2)

ねじの軸力の計算をしているのですが、

その計算で使用する、座面の等価摩擦直径dwというのは、実際の座面の直径とは異なるものなのでしょうか?

異なる場合はどう計算すればいいのでしょうか。教えてください。お願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 10% (2/20)

軸力を計算するのに用いられるのは一般的に「呼び径」です。ねじの山部分の直径と谷部分の直径の平均が用いられます。 あくまで一般的な話です。場合によっては違う値が用いられますよ ...続きを読む
軸力を計算するのに用いられるのは一般的に「呼び径」です。ねじの山部分の直径と谷部分の直径の平均が用いられます。
あくまで一般的な話です。場合によっては違う値が用いられますよ
補足コメント
tyari325

お礼率 0% (0/2)

回答ありがとうございます。

計算しようとしている式は、

ボルト軸力 F=2T/〔(d2/cosα+dw)μ+P/π〕

T:締め付けトルク
d2:ねじ有効径
α:ねじ山半角
dw:座面の等価摩擦直径
μ:ねじ総合摩擦係数
P:ねじのピッチ

なのですが、お答え頂いたのはd2についてということであってますでしょうか?

dwの座面等価摩擦直径は首下部分の座面の面積をそのまま用いてもいいのでしょうか。お教え願います。
投稿日時 - 2005-10-23 13:03:00

  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 100% (1/1)

締め付けトルクと軸力の関係で使う径ではないでしょうか? 座面の各径での面圧分布から、各径でのモーメント量を出して、その値を積分したものを、軸力で割ったものだと思います。 あまり自信はありません。
締め付けトルクと軸力の関係で使う径ではないでしょうか?

座面の各径での面圧分布から、各径でのモーメント量を出して、その値を積分したものを、軸力で割ったものだと思います。

あまり自信はありません。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ