OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

酸素解離曲線と温度

  • すぐに回答を!
  • 質問No.168339
  • 閲覧数937
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (2/2)

酸素解離曲線において、PaO2が同じのとき温度が低い方が酸素結合しやすいとありますが、なぜ酸素と結合しやすいのですか。また、手術などにおいて体温を低くするのはこのことからだと思うのですが、どうなのでしょう?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 52% (351/671)

ヘモグロビン(Hb)と酸素との結合は発熱を伴う反応です。 従って、温度が上昇すると、それ以上の上昇を防ぐべくHbは酸素を解離しますし、逆に低温の際にはそれ以上の体温の下降を防ぐべくHbは酸素を解離しない性質を持っているのではないでしょうか? ...続きを読む
ヘモグロビン(Hb)と酸素との結合は発熱を伴う反応です。

従って、温度が上昇すると、それ以上の上昇を防ぐべくHbは酸素を解離しますし、逆に低温の際にはそれ以上の体温の下降を防ぐべくHbは酸素を解離しない性質を持っているのではないでしょうか?
お礼コメント
potter2000

お礼率 100% (2/2)

回答ありがとう御座いました。大変参考になりました。これからも宜しくお願いします。お礼の言葉が遅くなりましてすみませんでした。
投稿日時 - 2001-11-23 12:48:59
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ