OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

オススメホラー小説ありますか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.164869
  • 閲覧数452
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

最近まで、「黒い家」にはまってました。映画の方はまだ見てないです。
リング・らせんは映画より小説の方がめちゃ怖かったです。
怖がりなんですが、なぜかドキドキハラハラビクビクするホラー小説が好きです。
どなたか、「これは読み応えあり!」という、オススメホラー小説を
ご存知の方、いらっしゃいましたら宜しくお願いしますm(__)m
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル8

ベストアンサー率 14% (6/41)

 私も、「黒い家」ははまりましたが、ビデオはさほどではなかったです。大竹 しのぶは最適キャストだと思ったんですが・・・・

 で、同じく貴志 祐介さんの「天使の囀り」はもうお読みになりましたか?これも怖かったです・・・
 この2作品が今まで、私が読んだ洋物和物のホラー小説の中でNO.1、NO.2の座にあります。(異論ある方、たくさんいらっしゃるだろうけど)
お礼コメント
noname#1315

たった今、「天使の囀り」買ってきました。
「黒い家」の時、文章にすごく引き込まれた感じがしたので、
やはり同じ作者の、違う作品を読んでみようかな、と思ったんです。
明日から、読みます。
すごく参考になりました(^^)
有難うございました。
投稿日時 - 2001-11-09 23:43:05
-PR-
-PR-

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 11% (14/121)

こんにちは。 集英社文庫から出ているクライブ・バーカーの「血の本」シリーズ全6冊は、超オススメです。 短編集なのですが、すべてが水準以上の出来だと思います。 ホラー、バイオレンス、スプラッタ、そして詩情。 時に胃袋がきゅーっとなる恐怖に耐え、時に涙ぐみながら、じっくりと楽しめること請け合いです。 黒で統一されたカバーが、これまた怖くておしゃれなのですが、少し古い本なので、まだ入手可能かどうかわか ...続きを読む
こんにちは。
集英社文庫から出ているクライブ・バーカーの「血の本」シリーズ全6冊は、超オススメです。
短編集なのですが、すべてが水準以上の出来だと思います。
ホラー、バイオレンス、スプラッタ、そして詩情。
時に胃袋がきゅーっとなる恐怖に耐え、時に涙ぐみながら、じっくりと楽しめること請け合いです。
黒で統一されたカバーが、これまた怖くておしゃれなのですが、少し古い本なので、まだ入手可能かどうかわかりませんが・・・。
  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 20% (4/20)

高橋克彦の「記憶シリーズ」(文春文庫)。 短編集ですが、「遠い記憶」という短編の 最後の一行がメチャ怖かったです。
高橋克彦の「記憶シリーズ」(文春文庫)。
短編集ですが、「遠い記憶」という短編の
最後の一行がメチャ怖かったです。
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 27% (58/211)

定番ですが、スティーヴン・キングはどうですか。 「呪われた町」「IT」「ミザリー」「シャイニング」・・・・ ううう、恐い ( 笑 ) 中には、ラスト部分で「なんじゃ、こりゃ?」という展開もありますが、 読み応えはバッチリです。
定番ですが、スティーヴン・キングはどうですか。
「呪われた町」「IT」「ミザリー」「シャイニング」・・・・
ううう、恐い ( 笑 )
中には、ラスト部分で「なんじゃ、こりゃ?」という展開もありますが、
読み応えはバッチリです。
  • 回答No.4
レベル5

ベストアンサー率 14% (1/7)

沙籐一樹さんの「X雨」は、じりじり怖いです。
沙籐一樹さんの「X雨」は、じりじり怖いです。
  • 回答No.6
レベル6

ベストアンサー率 60% (3/5)

ホラーなのに、どこかせつない。愛が匂う。 大槻ケンヂの「ステーシー」角川ホラー文庫 彼の作品はそのほかもイイです。是非ご一読を
ホラーなのに、どこかせつない。愛が匂う。

大槻ケンヂの「ステーシー」角川ホラー文庫

彼の作品はそのほかもイイです。是非ご一読を
  • 回答No.7
レベル8

ベストアンサー率 21% (7/32)

坂東真砂子「死国」「狗神」。 小説は日本特有のおどろおどろした怖さがいいです。 どちらも映画になっていますが、やはり小説の方がおもしろいです。 あと、私も「天使の囀り」はおすすめです。 読後、背中の毛が全部立っちゃった気がしました。
坂東真砂子「死国」「狗神」。
小説は日本特有のおどろおどろした怖さがいいです。
どちらも映画になっていますが、やはり小説の方がおもしろいです。

あと、私も「天使の囀り」はおすすめです。
読後、背中の毛が全部立っちゃった気がしました。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ