OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

非営業部門の年俸の出し方

  • 困ってます
  • 質問No.161584
  • 閲覧数137
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

例えば総務や、経理など非営業部門の場合の年俸ってどうやって算出しているのですか?
それらが、載っているURLなどがあったら教えてください
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 32% (32/99)

年棒は、会社がその部門に対して負担しようと考える人件費とその部門に要求される仕事量から算出すべきものです。その部門の仕事量がどのくらいでそのためには何人の人間が必要かを割り出し、仕事量に人件費を割り振れば一人分の年棒が算出できます。もちろん、仕事量によって年棒に差をつけます。したがって、年棒は個人の能力でなく、その役職や職責の仕事の量によって決まります。
よく、個人の能力を他の人が判断して年棒を決めるといわれることがありますが、これは明らかに間違った考え方です。個人が他の人の能力を判断できるはずがありません。役職者の仕事は、部下に対して根拠のない評価をする事ではなく、部下ににあった仕事を与え、その人が能力を発揮して全体の仕事量が増加するように努めることです。このあたりを勘違いしている人が多くいると考えられます。
このような年棒の考え方について正しく理解している書籍などは、皆無ではないでしょうか。おそらく、どこを探しても正しく書かれたものはないと思います。
年棒制は会社が人件費を一定に保つためのもので、能力主義と同質のものではありません。年棒制は正しく導入しないと、モチベーションを低下させるだけのまったく意味のないものになる可能性があります。今,多くの会社がその状態に陥っています。同じ哲を踏まないよう,充分に検討してから導入される事をお勧めします。
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ