-PR-

締切り済みの質問

質問No.1501576
困ってます
困ってます
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数2
閲覧数734
花札での化け札(9月・菊に盃)について
花札をする時に、大体どのゲームでも
9月の札(菊に盃/本来はタネ)はカス札に加えてもいいというルールがありますよね。
なぜ9月の札(菊に盃)だけをカス札に加えてもいいというルールができたのでしょうか?

随分悩んだのですが、私の予想だと
盃→酒→酒かすときて酒「かす」とカス札の「カス」を掛けているのかなぁと思ったり。
そうだったらとても遊び心があっていいなぁと思うのですが(笑)
どのサイトをしらみつぶしに探しても分かりませんでした。知っている方がいたらぜひぜひ教えてください。
よろしくお願いします。
投稿日時 - 2005-07-09 10:36:45

回答 (2)

回答No.2
「菊に盃」の札の盃をよく見ると
http://www.riguru.com/product_info.php/products_id/1416
「寿」という字が書いてありますよね。

花札には地方札という種類の札もあり、歴史的には花札より古い時代の札が
伝承されています。その中の赤八という種類の札に「壽」という文字がはいった札があり、
http://members.at.infoseek.co.jp/stone2/akahachi-tamada.html
(画像右上の札)
この札を用いるゲーム(技法)ではこの札は取ると何の役の札にも使用できる
「化け札」として使われていたようです。
この「壽」という文字の入った札が「菊に盃」の札になっていったのかどうか、
または「壽」という文字の入った札は「化け札」として取り扱うという
ルールが花札の「菊に盃」の「寿」という文字にルールだけが受け継がれて
いったものかは不明ですが、「寿」という文字がその札が「化け札」で
あることを表しているということはいえると思います。
投稿日時 - 2008-01-10 10:15:33
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
回答No.1
自分も色々見て回ってみましたが、恐らく大きな意味は無いのではないかと。
菊の盃の真意(重陽の節句)からしても、酒かすと繋げることは出来ませんし。

単純に菊の盃は、元々複数の役のキーになっている札で、更に戦略性、面白みを挙げるためにタネとカスどちらでも良いというルールが出来たのではないかと思います。

また、地方によっては「花札」ルールには無く、「こいこい」ルールにはあるという所もあるようなので、"こいこい"向けに後付けされたルールかもしれません。
投稿日時 - 2005-07-09 15:58:34
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
この質問は役に立ちましたか?
0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

-PR-

-PR-

特集

背筋がゾクゾクする心霊体験を要チェック!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

【期間限定】1ヶ月無料キャンペーン中!

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

-PR-

ピックアップ

おすすめリンク

-PR-