OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

勘定科目

  • 困ってます
  • 質問No.148822
  • 閲覧数2491
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

どの勘定科目で処理すればいいか迷っています。
ある法人協会の会員登録費なんですが。。
こういった費用はどうすればいいのでしょうか?
”各種申請手数料”とかでしょうか・・?
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 22% (94/409)

個人の青色申告では公的な会員費は 公租公課で処理しています。 例えば青色申告会費、商店会費、商工会議所会費も含めて居ます。
個人の青色申告では公的な会員費は

公租公課で処理しています。

例えば青色申告会費、商店会費、商工会議所会費も含めて居ます。


  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 12% (21/165)

私の会社では雑費で処理しております。 各種申請手数料という勘定科目はありません。振込手数料も雑費です。 雑費でいいと思います。
私の会社では雑費で処理しております。
各種申請手数料という勘定科目はありません。振込手数料も雑費です。
雑費でいいと思います。
  • 回答No.3

会員登録費も今後の会費も、「会費」として処理すれば良いでしょう。 各種の会の会費は、全部、この中に入れます。 「会費」の勘定科目がなかったら、今後も継続するでしょうから、新たに作ります。 基本的に「雑費」とい科目は、内容が不明瞭なので余りお勧めしません。 但し、その会員登録費が、将来、脱退時に戻ってくるのでしたら、経費ではなく、「預け金」等の資産に計上します。
会員登録費も今後の会費も、「会費」として処理すれば良いでしょう。
各種の会の会費は、全部、この中に入れます。
「会費」の勘定科目がなかったら、今後も継続するでしょうから、新たに作ります。

基本的に「雑費」とい科目は、内容が不明瞭なので余りお勧めしません。

但し、その会員登録費が、将来、脱退時に戻ってくるのでしたら、経費ではなく、「預け金」等の資産に計上します。
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 36% (81/219)

「雑費」でいいと思います。会社によっては「諸会費」という勘定科目を設けているところもありますので、その場合は「諸会費」がいいでしょう。消費税区分は、その会費に対価性(毎月の冊子代など)がなければ非課税扱いでいいと思います。殆どの会費は非課税ではないでしょうか?
「雑費」でいいと思います。会社によっては「諸会費」という勘定科目を設けているところもありますので、その場合は「諸会費」がいいでしょう。消費税区分は、その会費に対価性(毎月の冊子代など)がなければ非課税扱いでいいと思います。殆どの会費は非課税ではないでしょうか?
  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 39% (43/110)

雑費でいいと思います。 「会費/諸会費/団体会費」といった科目があるなら雑費じゃまずいでしょうが、なければ雑費で何の問題もないと思います。 たいした金額にならないでしょうし、新しい科目を作るだけ労力の無駄だと思います。
雑費でいいと思います。
「会費/諸会費/団体会費」といった科目があるなら雑費じゃまずいでしょうが、なければ雑費で何の問題もないと思います。
たいした金額にならないでしょうし、新しい科目を作るだけ労力の無駄だと思います。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ