OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

虫はグルメ?虫も食べない食べ物ってある?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.147252
  • 閲覧数585
  • ありがとう数43
  • 気になる数0
  • 回答数12
  • コメント数0

虫がついてる食べ物は良く、わざわざ虫がついてるくらいだから美味しいのだろうという人がいます。
私も何となくそう思っていた時期がありましたが、
でもこれは本当にそうでしょうか?
虫は食材の良し悪しを見極めて食べるかどうかをきめてるのでしょうか?たまたま近くにあった農作物だから食べたような気がしてなりません。
実際のところはいかがなのでしょうか?
うわさや推測抜きでお願いします。
通報する
  • 回答数12
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全12件)

  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

>「虫のついていない食品」は有害であろうは.結構当たります。 これは、農薬や遺伝子組み替え意外に無視を防ぐ方法がない、という前提(遺伝子組み替えが有害かどうかは別問題として)にたっています。 そもそも、何故殺虫剤を撒くか、というと、手っ取り早く虫を殺せるからですが、横着をせずにまめに虫取りをすれば、食われるより早く成長するので食い跡はつきません。(キャベツなど、外側の葉は落として出荷する) ア ...続きを読む
>「虫のついていない食品」は有害であろうは.結構当たります。

これは、農薬や遺伝子組み替え意外に無視を防ぐ方法がない、という前提(遺伝子組み替えが有害かどうかは別問題として)にたっています。
そもそも、何故殺虫剤を撒くか、というと、手っ取り早く虫を殺せるからですが、横着をせずにまめに虫取りをすれば、食われるより早く成長するので食い跡はつきません。(キャベツなど、外側の葉は落として出荷する)
アメリカでは、巨大吸引式掃除機みたいなやつで害虫を取っているところもあるらしい(以前、TVでやってました)。ただ、栽培規模を拡大して、単一作物にすると害虫を招きやすいですから、少量多品目だと、そんなに虫の集中攻撃はうけません。
お礼コメント
noname#2813

ありがとうございます。
虫をとるがわのことやコストを考えるとなかなか理想というのは遠い印象があります。虫をとるも人件費はかかるわけですからね。
投稿日時 - 2001-10-11 17:30:28


  • 回答No.5

食品材料については.販売業者の希望に合わせた各種規格があります。これを外れたものは販売ルートがなく販売されません。せいぜい地方卸売市場に農家が持ち込む程度ですが.価格が低く(規格外ですから.1箱100円程度.普通は500-1000円)で.箱代程度しか残りません。したがって.規格外の商品は販売ルートから外れます。 キャベツの価格を決定する因子に色があります。表面をはいて中身だけ出荷した場合に.「皮が向 ...続きを読む
食品材料については.販売業者の希望に合わせた各種規格があります。これを外れたものは販売ルートがなく販売されません。せいぜい地方卸売市場に農家が持ち込む程度ですが.価格が低く(規格外ですから.1箱100円程度.普通は500-1000円)で.箱代程度しか残りません。したがって.規格外の商品は販売ルートから外れます。

キャベツの価格を決定する因子に色があります。表面をはいて中身だけ出荷した場合に.「皮が向いてある」ので(病気が出ているのを隠すために皮をむいたろうから)「腐りやすいだろう。やすくしてしまえ」というのが.近所の競人の考え方です。

また.販売側が農家に求めるのは.販売側の販売計画に沿った適正な商品供給ですから.単作にしないと該当出荷量を確保できません。(チェーン店でどのくらい販売するので.その販売量に相当する)同じ規格の商品をこれだけ.*日に*市場に出荷してくれと.電話がかかってきます。消費者の意見を代表するとして強い発言力を持つ大手チェーン店の仕入れ担当の発言は無視できるものではありません。もし.電話に逆らったらば.取り引きを停止されてしまいます。販売計画にしたがって適切な商品供給は.農薬の使用を前提としているものであり.販売計画に従わず商品を出荷したらば.即引き取りを拒否されてしまい.価格暴落となります。

TV等マスメディアで放送される内容は.一般的手法と異なっているから報道価値があるのであり.該当方法はまったく使われていないと解釈できます。自分で関係地域を回ってみると理解できるでしょう。私の場合には日本国内だけですが.いろいろな地域の収穫期を迎えた産地を回ってみるといろいろ面白いことがわかります。
お礼コメント
noname#2813

ありがとうございます。
収穫地巡りというのは時間があったら是非してみたいきがするものです。できれば子供のころにしたかったです。
農家の思い通りに販売できないという事情はとても参考になります。
投稿日時 - 2001-10-11 17:36:32
  • 回答No.3

虫は一般に特定のにおいのある植物に産卵しそたぢます。 だから特定のにおいの有無です。 「虫のついていない食品」は有害であろうは.結構当たります。 しかし「虫食い跡」のある食品は.無害とはいえません。「虫」に気がついてあわてて農薬をたくさん撒いた」場合がありますから。 ...続きを読む
虫は一般に特定のにおいのある植物に産卵しそたぢます。
だから特定のにおいの有無です。

「虫のついていない食品」は有害であろうは.結構当たります。
しかし「虫食い跡」のある食品は.無害とはいえません。「虫」に気がついてあわてて農薬をたくさん撒いた」場合がありますから。
お礼コメント
noname#2813

有り難うございます。
投稿日時 - 2001-10-09 17:41:16
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

そもそも、自然界で、虫に食われてしまっていては植物が全滅しますから、植物なりに防衛機構が働いているはずです。 「フィトンチッド」などは、虫をよける働きがあるはずです。 ただ、人間が食べるような野菜だと、品種改良されて「食べやすく」なっていますので、当然、虫に対しての抵抗性も落ちているでしょう。その範囲の中で、虫にとって美味い不味いの差が出るとは思えません。 たとえば、キャベツについている青虫 ...続きを読む
そもそも、自然界で、虫に食われてしまっていては植物が全滅しますから、植物なりに防衛機構が働いているはずです。
「フィトンチッド」などは、虫をよける働きがあるはずです。

ただ、人間が食べるような野菜だと、品種改良されて「食べやすく」なっていますので、当然、虫に対しての抵抗性も落ちているでしょう。その範囲の中で、虫にとって美味い不味いの差が出るとは思えません。

たとえば、キャベツについている青虫。卵を産むモンシロチョウは、キャベツを食べないので、そのキャベツがうまいかどうかわからない。卵からかえった青虫は、まずいからほかのキャベツにしよう、というわけにはいかない。(隣に生えているキャベツまでいくことは出来ても、同じ畑だと同じようなキャベツしかないし、隣の畑まで行くスピードがない。)

たぶん、農薬がかかっていない、ということからきたのだと思いますが、ただ、畑の管理は農薬ばかりではないはずで、農薬をまかなくても虫にくわれない野菜を作ることはできます。(特定の害虫に集中攻撃を受けるのは、特定の害虫のえさである特定の作物ばかり植えていることが原因しています。←天敵になる生き物もいなくて、特定の生きものの「天下」になる)

ちゃんと管理して、虫のついていない野菜のほうが、たぶん、おいしいと思います。
お礼コメント
noname#2813

有り難うございます。
投稿日時 - 2001-10-09 17:39:56
  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 60% (130/216)

虫が着いている食べ物は農薬の散布量が少ないから、人体への農薬の影響もなく、 虫が着いていない食べ物は農薬をかけたことが考えられ、人体への影響もあることが考えられる、 と言うことの曲解ではないでしょうか? あまり詳しくありませんが、枯れかけた植物はエチレンなどの物質を放出するので、 その様なものから、新鮮かどうかと言うことは判断できると思います。 実際、枯れかけているような葉より、若い葉に虫は ...続きを読む
虫が着いている食べ物は農薬の散布量が少ないから、人体への農薬の影響もなく、
虫が着いていない食べ物は農薬をかけたことが考えられ、人体への影響もあることが考えられる、
と言うことの曲解ではないでしょうか?

あまり詳しくありませんが、枯れかけた植物はエチレンなどの物質を放出するので、
その様なものから、新鮮かどうかと言うことは判断できると思います。
実際、枯れかけているような葉より、若い葉に虫は着いていますし。

それと、昆虫が食べ物を食べる原因の一つとして、摂食刺激物質に刺激されることが挙げられます。
昆虫の味覚試験では、ろ紙に接触刺激物質を染み込ませますが、
その様に処理したろ紙なら、昆虫は食べます。
逆に、摂食阻害物質を持つ植物には当然ながら寄ってきません。
(ただし、ある昆虫にとって摂食阻害物質であるものが、他の昆虫にとっては摂食刺激物質になることもあるようです。)

桑しか食べない蚕にも人工飼料が開発されたのは、
その様な刺激物質・阻害物質などの研究が進んだからです。
ですから、昆虫には味覚があると言われていますが、
食べ物の良し悪しは、摂食刺激・阻害物質の有無によって判断しているだけで、
美味しい不味いの判断は出来ないと思います。
人間のように、酸味、甘味、苦味、渋味、旨味などを感じられるほど
味覚が発達しているとも思えませんし(これに関しては、専門家の意見待ちです)。

それと、昆虫に食べ物の良し悪しが判断できるなら、
オルトランや、アリの巣コロリのような毒薬系の農薬が効かなくなると思います。
これは、根拠にならないかもしれませんが。
お礼コメント
noname#2813

有り難うございます。
蚕の話はとても勉強になります。
接触刺激物質というのも勉強になりました。
投稿日時 - 2001-10-09 17:37:59
  • 回答No.6
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

>それと、昆虫に食べ物の良し悪しが判断できるなら、 >オルトランや、アリの巣コロリのような毒薬系の農薬が効かなくなる アリの巣・・については、蟻にとっておいしい味がつけてあるはずです。味の好みがあるのが判った上で、何を食べさせるか、ということなのでしょう。(毒物自体は無味無臭でかまわない) アリなんかは、移動速度が速いので、えりごのみはするでしょう。戸棚のドーナッツなんか、どこからかやって ...続きを読む
>それと、昆虫に食べ物の良し悪しが判断できるなら、
>オルトランや、アリの巣コロリのような毒薬系の農薬が効かなくなる

アリの巣・・については、蟻にとっておいしい味がつけてあるはずです。味の好みがあるのが判った上で、何を食べさせるか、ということなのでしょう。(毒物自体は無味無臭でかまわない)

アリなんかは、移動速度が速いので、えりごのみはするでしょう。戸棚のドーナッツなんか、どこからかやってきます。

キャベツの葉ですが、あれは内側から次々に出てくるので、若葉のうちにやっつけてしまえば、大きなキャベツの本体が成長するのに障害はないだろう、という意味です。食われておいて葉っぱをめくったのでは、そりゃあバレます。畑からとる時、一番外の大きな開いてしまった葉っぱまで出荷しませんから、そのへんの初期の虫害なら、大丈夫ということです。
  • 回答No.7
レベル11

ベストアンサー率 60% (130/216)

もともとのppooooさんの質問からはずれて、申し訳ございませんが・・・。 >蟻にとっておいしい味がつけてあるはずです。味の好みがあるのが判った上で、何を食べさせるか、ということなのでしょう。(毒物自体は無味無臭でかまわない) アリに食べさせるものはアリの好みに合わせて、毒物自体は無味・無臭と言うことを前提にしています。 これは、毒を盛る相手が、虫に限らず、人間を含む動物の場合にも当てはまりま ...続きを読む
もともとのppooooさんの質問からはずれて、申し訳ございませんが・・・。

>蟻にとっておいしい味がつけてあるはずです。味の好みがあるのが判った上で、何を食べさせるか、ということなのでしょう。(毒物自体は無味無臭でかまわない)
アリに食べさせるものはアリの好みに合わせて、毒物自体は無味・無臭と言うことを前提にしています。
これは、毒を盛る相手が、虫に限らず、人間を含む動物の場合にも当てはまりますけど。
毒が入っていると分かっていて、食べる昆虫なり動物なりっていると思いますか?
食べ物の良し悪しを見極めているわけではないし、たまたま近くにあったからだと考えられませんか?

>移動速度が速いので、えりごのみはするでしょう。
アリの巣の近くに昆虫の死骸、遠くに甘い物を置いておくとして、
昆虫の死骸を避けて、甘いものだけを餌とすることってありますか?

>「フィトンチッド」などは、虫をよける働きがあるはずです。
にしても、完全ではありません。
例えば、ヒノキはフィトンチッドとしてヒノキオールを放出していますが、
カレハガの一種は、ヒノキを食害します。

>人間が食べるような野菜だと、品種改良されて「食べやすく」なっています
作物の育種目標に、病害虫抵抗性品種の育成というものもありますので、
人間が食べる野菜が必ずしも昆虫にとっても食べやすいとは限りません。
今でこそ、遺伝子組み換えによる害虫抵抗性のトウモロコシやジャガイモが話題になっていますが、
それ以前から、耐虫性を持った作物の研究が行われています。
ただし、実際に利用されている作物は、日本では極限られています。

edogawaranpoさんの
>「虫のついていない食品」は有害であろうは.結構当たります。
植物工場を利用すれば、昆虫の発生が少なく、かつ低農薬(無農薬も可能らしいです)で、野菜を作れると思います。


ついでなので、誤字の訂正です。
No.1の答えの中に、一カ所だけ「接触」と書きましたが、「摂食」の誤りです。
すみませんでした。
  • 回答No.11
レベル6

ベストアンサー率 28% (2/7)

私は田舎出身者です、家には田んぼも畑もあります。虫でいつも思い出すのは、「枝豆」です。毎年のようにおばあちゃんが作っています(化学肥料は使っても農薬は使ってないそうです)が、そろそろ収穫という時期になると「カメ虫」がつきます(ほぼ毎年)。臭い匂いを出す虫です。豆のさやにはカメ虫の食べあとがついてたりします。ちよっとひどいときには、洗ったのに豆と一緒に虫がゆであがって食卓に並んでいる事もあります。 ...続きを読む
私は田舎出身者です、家には田んぼも畑もあります。虫でいつも思い出すのは、「枝豆」です。毎年のようにおばあちゃんが作っています(化学肥料は使っても農薬は使ってないそうです)が、そろそろ収穫という時期になると「カメ虫」がつきます(ほぼ毎年)。臭い匂いを出す虫です。豆のさやにはカメ虫の食べあとがついてたりします。ちよっとひどいときには、洗ったのに豆と一緒に虫がゆであがって食卓に並んでいる事もあります。

モチロン枝豆の味はおいしいです。でもさやに食べあとがあったり、調理している時あの嫌な匂いがしたら嫌な人が多いのではないでしょうか?田舎っぺな私なんかは平気ですが・・・居酒屋で綺麗な枝豆をみるたび「どうやって作ってのかなぁ?」なんて思ったりもします。

田舎で畑の野菜を見てそだった者としては、虫はそれぞれ好きな種類の野菜があるのではないか(この野菜にはあの虫みたいに)。農薬なんかを使うと、不快な感じがするから食べなくなる(というより殺される)。食材の良し悪しを見極めて食べるかどうかをきめてるほど、余裕はないと思う。

わざわざ虫がついてるくらいだから美味しいというのではなく、味はやっぱり、栽培方法や品種やテマヒマ(一番影響)でしょう。
  • 回答No.10
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

すみません、耐虫性については「推測」です。 ただ、「アリの巣コロリ」みたいな毒餌が、2回目以後、効き目が下がるのは経験です。仲間の死骸で危険を感じるなら、「アリメツ」にかえても同じはずなのですが、変えてみると、けっこういけます。 栄養バランスは大事ですが、そういうバランスをとるために「味の好み」があるようにも思います。(推測です)栄養を知らなくても、本能的に美味いものを食べていれば栄養失調にな ...続きを読む
すみません、耐虫性については「推測」です。

ただ、「アリの巣コロリ」みたいな毒餌が、2回目以後、効き目が下がるのは経験です。仲間の死骸で危険を感じるなら、「アリメツ」にかえても同じはずなのですが、変えてみると、けっこういけます。

栄養バランスは大事ですが、そういうバランスをとるために「味の好み」があるようにも思います。(推測です)栄養を知らなくても、本能的に美味いものを食べていれば栄養失調にならないようにできている・・・。(アリにとって砂糖が甘いかどうかもわからないのですが。)

このへんになると、最初の質問の答えから離れますが。
  • 回答No.9
レベル11

ベストアンサー率 60% (130/216)

>「わざわざ」やってくると考えたほうが自然です。 「わざわざやってくる」理由は、「餌の確保のため」であって、 昆虫の死骸は嫌いで、労力をかけてでも甘い物を餌にしたいという 選り好みが理由ではないでしょう。 そもそも、アリにとって、甘い物は炭水化物源として、 昆虫の死骸はタンパク質源として、両方とも大切なものです。 巣から同じ距離の所に、甘いものと昆虫の死骸を置くとします。 この場合、も ...続きを読む
>「わざわざ」やってくると考えたほうが自然です。
「わざわざやってくる」理由は、「餌の確保のため」であって、
昆虫の死骸は嫌いで、労力をかけてでも甘い物を餌にしたいという
選り好みが理由ではないでしょう。

そもそも、アリにとって、甘い物は炭水化物源として、
昆虫の死骸はタンパク質源として、両方とも大切なものです。
巣から同じ距離の所に、甘いものと昆虫の死骸を置くとします。
この場合、もしかしたら、昆虫の死骸より甘い物の方にアリが多く集まるかもしれません。
(実験をしたわけではないので、もしかしたらという話ですが)。
しかし、どちらか一方だけを餌にする(=選り好みする)ことはないはずです。

>「アリメツ」という薬(液体)は、ホウ酸に砂糖を混ぜてあるということです(メーカーより)。
アリの嗜好に合わせたわけではないでしょう。
タンパク質が変性しやすいのに対して、砂糖は腐ったりすることはありません。
そもそも、昆虫の死骸なんてイメージが悪いし、そのような物に毒を混ぜた製品が売れるとは思えません。

>「耐虫性作物」というのも、普通の作物に比べて虫に強い、ということで、そのへんにはえている草にくらべて強い、ということではないと思います。
耐虫性に関する知識が無くて、推測だけで話しているように見受けられますが・・・。
有名なのは、クリとクリタマバチの例です。
オリジナルのページが開かないので、Googleのキャッシュで申し訳ございませんが、
http://www.google.com/search?q=cache:cCbXoadhTN8:rms2.agsearch.agropedia.affrc.go.jp/contents/kaidai/sizentotyouwasita/15-1-5-2-4-2_h.html+%91%CF%92%8E%90%AB%81%40%83N%83%8A%83%5E%83%7D%83o%83%60&hl=ja
これで開かなかったら、「耐虫性」と「クリタマバチ」をキーワードに検索してみて下さい。
ここにも書いてある通り、クリタマバチ抵抗性品種は幼虫の成長を抑制します。
クリ-クリタマバチのケースは、化学的抵抗性が働いた例だと思いますが、
他に、物理的抵抗性を利用した物もあります。
http://ss.tnaes.affrc.go.jp/eng/digest/DIGEST.html#DIG24
の「害虫(ウリハムシモドキ)が嫌う毛深い大豆」
ここに出てくるT-207がどのような品種か分かりませんが、
写真を見ていただければ、耐虫性品種がほとんど昆虫の害を受けていないことがお分かり頂けると思います。
更に、直接口にするものではありませんが、お茶でも
http://ss.knaes.affrc.go.jp/kyushu_seika/1997/kyushu1997369.html
表2をご覧頂ければ、耐虫性の強弱で大きな差があることがお分かり頂けると思います。

>野生の草のほうが食べられやすいなら、畑のまわりに草をはやしていたら、畑に侵入する前に草を食べるので、そこで退治できます。
まだ研究が進んでいませんけど、「おとり植物」という物があります。
野菜ではなく、カーネーションの例ですが、
http://web.pref.hyogo.jp/nougi/hygnogyo/no111txt.htm
の7番。PDFファイルは
http://web.pref.hyogo.jp/nougi/kaisetusyo/kaisetusyo2.htm
の32番目。
屋外で有効かどうか分かりませんが、研究が進めば、野菜にも応用できるかもしれません。

昆虫にとって、植物の食べ易さは野生種か栽培種かで決まるものではありません。
12件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ