-PR-
goowalker

仕事で工程管理の勉強を始めました。
基礎的な用語なんですけど分かりません、教えてください。
(1)工程能力指数のCpとCpkとの違いが分かりません。どちらも同じ意味なのでしょうか?
(2)PpとPpkは何を意味するのでしょうか?

教えて下さい、宜しくお願します。
  • 回答数1
  • 気になる数1
  • Aみんなの回答(全1件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2005-06-22 16:19:40
    • 回答No.1
    (1) Cpは工程能力指数(Process Capability Index)のことで、工程でのデータ分布と規格との数的関係を表したものです。通常、
    Cp=(上限規格値-下限規格値)/6s
        s=工程データの標準偏差
    で計算されます。
    ただし、このCpはデータの分布の中心(=平均値)が上限規格値と下限規格値の中央にあることが前提となっていて、ズレは考慮されていません。
    そこで、平均値が上下規格の中心からずれている(=かたより)場合に用いる指標として、Cpkが作られました。

    Cpk=(1-K)Cp

      |平均値-(規格上限値+規格下限値)/2|
    K=--------------------------------------
       (規格上限値+規格下限値)/2

      |・・|は絶対値

    です。したがって、偏りがない場合(平均値が上下規格値の中央と一致)はK=0で、Cp=Cpkですが、ズレが大きいほど、工程能力指数は下がります。

    (2) Ppは工程性能指数(Process Performance Index)といわれ、アメリカのGMなどが提唱するQS9000という規格で使われているものです。
    QS9000では、上記のCpの式で計算したものをPpと呼びます。ではCpはどうなるのかというと、上記式のsの部分が Rbar/d2 となります。これはX-R管理図から求めるもので、統計上、郡内変動を表します。これに対して、Ppはデータの標準偏差を使うところに違いがあります。
    PpkはCpkと同様で、
    Ppk=(1-K)Pp
    Kの計算は上記と同じです。

    QS9000では工程管理の一貫として管理図を使うことが書かれているため、管理図から工程能力指数を出そうとしたようです。そのため、工程管理でわかる工程能力とサンプリングデータによる工程能力を分ける意味で、PpとCpを作ったようです。

    ちなみに、どの指数も、1以下では工程能力がないと判断され、QS9000では2以上が目標とされます。
    お礼コメント
    とてもご丁寧な回答ありがとうございます。
    勉強不足で分からない箇所がいくつかありますが、
    すこしづつ勉強していきたいと思います。
    投稿日時 - 2005-06-22 20:45:09
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-
    • 回答数1
    • 気になる数1
    • ありがとう数309
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ