OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

「野球はツーアウトから」と言いますが

  • 暇なときにでも
  • 質問No.141789
  • 閲覧数202
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 84% (435/515)

よくテレビの解説者などが「野球はツーアウトから」と言いますよね。
確かにそういわれて見ると、ツーアウトになってから逆転のヒットが出たりして、野球の醍醐味を感じます。
しかし疑問なのですが、本当に野球で内容が劇的に動く(逆転したりする)のはツーアウトからなのでしょうか?
そういう統計はあるのでしょうか?それとも主観的にそう思いこんでいるだけでしょうか?
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 17% (690/3845)

こんばんは。

統計の資料は全くないのですが、実際にはそれほど偏った
結果はでていないと思います。主観的なものだと思います。

では、なぜ「野球はツーアウトから」と言われるのか、と
いうとツーアウトは攻撃側から見るとかなり切羽詰った
状態ですので、そこからの得点は劇的になり、印象に残り
やすい、という事がまず挙げられると思います。
もう一つは守備側から見てあとアウト一つでチェンジと
いうシチュエーションはノーアウト・ワンアウトの場面に
比べて気持ちが楽になる分、打たれやすいと周りが思い
込む事ではないでしょうか。
後、考えられるのはノーアウト・ワンアウトの時より、
ツーアウトの時の方が単純にランナーの数、塁の進み具合
が大きい事が多い、という事でしょうか。

参考になれば、と思います。
お礼コメント
whitehole

お礼率 84% (435/515)

回答ありがとうございます。
そうですね、確かにノーアウトよりもツーアウトの時の方がランナーの数や塁の進み具合が大きいですものね。
基本的なところを見落としていました!
投稿日時 - 2001-09-26 21:07:27
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 21% (66/302)

ツーアウトから劇的に動くのではなく、ツーアウトだからこそちょっとしたプレーも劇的に思うんじゃないですか?追い詰められた心理状態を開放してくれるから劇的に感じるのだと思いますが、どうでしょう? ...続きを読む
ツーアウトから劇的に動くのではなく、ツーアウトだからこそちょっとしたプレーも劇的に思うんじゃないですか?追い詰められた心理状態を開放してくれるから劇的に感じるのだと思いますが、どうでしょう?
お礼コメント
whitehole

お礼率 84% (435/515)

回答ありがとうございます。
なるほど、やはり劇的というのは主観的なものであって、内容的にはワンアウトまでの時と同じだったりするのかもしれませんね。
投稿日時 - 2001-09-26 20:56:33
  • 回答No.2
レベル7

ベストアンサー率 18% (3/16)

何を言ってるんですか・・? 野球は1回の表,ノーアウトからです・・・・・と言う回答は望んでないですよね・・(しつれいしました) たぶん,統計的にはツーアウトからの逆転については,劇的に差は無いと思います。 パチンコと同じではないでしょうか・・ 負けた事は忘れてしまうが,稼いだ記憶はいつまでも残る・・・みたいな感じで・・。 たとえば,九回裏2アウトでクリーンアップってケースもよく見ます ...続きを読む
何を言ってるんですか・・?
野球は1回の表,ノーアウトからです・・・・・と言う回答は望んでないですよね・・(しつれいしました)

たぶん,統計的にはツーアウトからの逆転については,劇的に差は無いと思います。

パチンコと同じではないでしょうか・・
負けた事は忘れてしまうが,稼いだ記憶はいつまでも残る・・・みたいな感じで・・。

たとえば,九回裏2アウトでクリーンアップってケースもよく見ますよね。
(よく見るような気がするだけだと思いますが・・)

それだけ,鮮明に記憶にのこると言う事でしょう。

ただし,9回あたりではピッチャーもへばってきているし,場合によっては交替のタイミングですので他の回よりも,得点ないし逆転の『可能性』は多いかもしれませんね・・

ソフトボールをやっていますが,最終回は(気合)が入るのは確かです。
お礼コメント
whitehole

お礼率 84% (435/515)

回答ありがとうございます。
つまりデジタル時計で4:44を見て「また444だ!不吉な!!」と思うのと一緒ですね…って全然違いますか(笑)
投稿日時 - 2001-09-26 20:58:56
  • 回答No.3
レベル7

ベストアンサー率 17% (6/35)

 「ツーアウト」をとられたからといって、あきらめるな。  ここからが勝負だ。がんばれ。  ここから、逆転したこともあるんだ。  という意味で、気合を入れる言葉でしょう。 ...続きを読む
 「ツーアウト」をとられたからといって、あきらめるな。
 ここからが勝負だ。がんばれ。
 ここから、逆転したこともあるんだ。

 という意味で、気合を入れる言葉でしょう。
お礼コメント
whitehole

お礼率 84% (435/515)

回答ありがとうございます。
確かに応援しているチームがツーアウトになると気合い入りますね。
投稿日時 - 2001-09-26 21:01:50
  • 回答No.4
レベル7

ベストアンサー率 33% (2/6)

高校野球経験者です。 少し、趣旨は違いますがこういう試合がありました。 0-6で負けていてこのままいったら、コールド負け ペースでしたが、ところがどっこい7回表にノーアウト でしたが、満塁でして、まず2点入り、その後に、 満塁ホームランがとびだし、追いついたというゲームが ありました。ちなみに、打ったのは自分です。この時の 心境としては、自分でも信じれないほど、打つという気持ちで一杯で、打て ...続きを読む
高校野球経験者です。
少し、趣旨は違いますがこういう試合がありました。
0-6で負けていてこのままいったら、コールド負け
ペースでしたが、ところがどっこい7回表にノーアウト
でしたが、満塁でして、まず2点入り、その後に、
満塁ホームランがとびだし、追いついたというゲームが
ありました。ちなみに、打ったのは自分です。この時の
心境としては、自分でも信じれないほど、打つという気持ちで一杯で、打てる気がしました。
自分が思うにツーアウトからというのは、選手が
このままで終わってたまるかと、集中力が高まるために
起こる、ドラマだと思います。メンタルの問題だと思います。追い詰められた人間ほど、いつも以上の力を
だしませんか。明日は大事なテストだってときとかは
時間を忘れてひたすら勉強するように。
火事場の馬鹿力っていいますし。漢字違うかもしれません。あくまでも、もちろんの事、そこにいたるまでの、
練習による自信などもからんでくると思いますが。
集中してα波状態の人間はとにかく、強いと思います。
お礼コメント
whitehole

お礼率 84% (435/515)

回答ありがとうございます。
元高校球児の方ですか!
う~ん、なるほど経験者の言葉だと重いですね。
力が拮抗している場合、最後に勝るのは集中力ということですか。
投稿日時 - 2001-09-26 21:05:04
  • 回答No.6
レベル7

ベストアンサー率 33% (3/9)

統計は見た事ありません。どっかのスポーツ紙なら出せるでしょうけど・・。 出してみても、二死からの劇的シーン(得点のケース)は統計的には高くはないでしょうね・・・。 ただ、二死で連打(1・2塁)とか二死で1点得点後とかに限定すると かなり高まるでしょう。 特に、プロ→ノンプロ→・・・→小学生とレベルを下へ落とせば落とすほど・・・・。 二死から点が入るなんて、見ててこれほどワクワクするものは ...続きを読む
統計は見た事ありません。どっかのスポーツ紙なら出せるでしょうけど・・。
出してみても、二死からの劇的シーン(得点のケース)は統計的には高くはないでしょうね・・・。

ただ、二死で連打(1・2塁)とか二死で1点得点後とかに限定すると
かなり高まるでしょう。
特に、プロ→ノンプロ→・・・→小学生とレベルを下へ落とせば落とすほど・・・・。

二死から点が入るなんて、見ててこれほどワクワクするものはありません。
やってても、これほどショック(盛り上がり)はありません。
ショック(盛り上がり)が大きいだけに・・・連鎖的にヒットが続き大量点(劇的)になるんです。

そういう時に「この勢いは止まりません!」なんて解説や「何がどうなってるのかわからなかった。」という談話が出てきます。
「野球もメンタルなスポーツ」これが答えです。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ