OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

自営業の帳簿と確定申告

  • 暇なときにでも
  • 質問No.140375
  • 閲覧数528
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 27% (16/59)

私の母はカラオケ喫茶の自営をしています。
利益が少ないので、税務署にもわざわざ申告しなくてもいいと言われたそうなのですが、私にきちんとした帳簿をつけて欲しいと母に頼まれました。
そこでいくつか質問があります。

1)通信費や高熱費などは月々預金から引き落としされているのですが、他の仕入れなどはほとんど現金扱いなので、わかりやすい現金出納帳を作ろうと思っています。その際預金からの引き落としも勝手に現金で支払いということにして記帳してもよいのでしょうか?

2)収入が分かるように、毎月の純利益(おおまかに売上から諸経費を引いたもの)を表にしようと思います。
確定申告の際はこの純利益を所得金額として良いのでしょうか?

3)確定申告の際、提出しなければならないものは何でようか?またそのためには普段からどういったもの(仕入れ帳や売上帳など)を記帳する必要がありますか?また申告の際お店の領収書や納品書なども確認されるのでしょうか?

なにしろ知識不足なもので大変お恥ずかしいのですが、必要なことは最低限知っておきたいと思い、投稿させて頂きました。分かりやすいアドバイスをいただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

1.預金からの引き落としも勝手に現金で支払いということにして記帳してもよいのでしょうか?

一旦、預金を現金で引き出したことにして、現金出納帳に「預金引き出し」として入金の欄に記入します。
そうすれば、経費を出金の欄に記入できます。

2.その方法で良いのですが、大まかではなく、正確に記入する必要があります。
正確な数字で記入して有れば、帳簿として認められます。
経費の漏れの内容に注意しましょう。

3.白色申告と青色申告では少し違います。
提出するものは、青色申告の場合は、「確定申告書」と「決算書」です。
決算書の用紙は指定のものが税務署から送られて来ます。
白色申告の場合は、決算書は提出する必要がありませんが、作っておけば、税務署の調査などの時に便利です。

普段作っておく帳簿は、白色の場合は、現金出納帳と上記の2の表で良いでしょう。
青色申告の場合は、売上帳・仕入帳・経費帳・現金出納帳などです。
この帳簿は、青色申告会で斡旋しています。

申告の際は、領収書や納品書の確認は有りません。
調査の時に見せられるように、保存(7年間)しておけば良いのです。

青色申告と白色申告については、下記のページをご覧ください。
青色申告の申請をしなければ、自動的に白色申告になります。
http://www.genech.com/useful/aoiro.html

その他に、下記のページが参考になります。
必要ないことも書かれていますから、必要なところだけご覧ください。

http://www.aoiro.org/new/caseme00.htm

http://www.contents-web.com/kakuteichamber/story/24-26.html

不明な点は補足願います。
お礼コメント
ayumi13

お礼率 27% (16/59)

おかげ様ですっきり解決しました(^-^) 
なんせ中途半端に帳簿つけると後が大変ですもんね~
母に聞かないと分かりませんが、白色か青色か確認してから早速エクセルとにらめっこしようと思います!
わかりやすく、的確・ご丁寧に教えていただき、本当にありがとうございました!
投稿日時 - 2001-09-25 01:50:52
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 27% (100/365)

全て書き込んでありますので 別の視点から 預金通帳は、家計と店舗に分けて口座を開設する 現金も別に用意をする。 店舗と家と同じ建物の場合、電気等の使用量を明確に分けて計上する。 ひとつしかメーターがない場合は、一定割合で按分を費用として計上する。 他のものも、店舗用・家庭用をなるべく分けて しっかりと支出する財布(口座)を決めておく。 第三者が見ても、どのような条件でどのように費用 ...続きを読む
全て書き込んでありますので 別の視点から

預金通帳は、家計と店舗に分けて口座を開設する
現金も別に用意をする。
店舗と家と同じ建物の場合、電気等の使用量を明確に分けて計上する。
ひとつしかメーターがない場合は、一定割合で按分を費用として計上する。

他のものも、店舗用・家庭用をなるべく分けて しっかりと支出する財布(口座)を決めておく。

第三者が見ても、どのような条件でどのように費用を家庭用と分けたか確認が取れるようにし、説明ができ、その方法・割合を続けて使用して申告書を作成する。
お礼コメント
ayumi13

お礼率 27% (16/59)

ひとつの建物だと光熱費なんかの申告がややこしいなんて考えもしてなかったです(;^_^A
自営といっておきながら、ちゃんと前もって建物が別だと言う事をお伝えしてなかったですね。申し訳ありません。
うちは別なので、帳簿をつけるのは楽そうです。
さっそく今日から帳簿をつけますね!アドバイスありがとうございました!!
投稿日時 - 2001-09-25 01:59:59


このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ