OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

デジタルコピー禁止の技術について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.137015
  • 閲覧数341
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 20% (56/270)

市販のCDおよびMDは、MDやDATへのデジタルコピー時に孫コピーが禁止になっていると思いますが、これは、どのような技術により実現されているのでしょうか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 62% (6253/9971)

またまた、回答です。
シリアルコピーマネジメント(SCM、SCMS、Serial Copy Management System)と言います。
簡単に言えば、レコーディングをするときに著作権情報を一緒に記録するだけです。
どういうことかというと、マスターディスク(0世代)は
著作権信号である複製制御情報(CCI:Copy ControlInformation)がコピーを許可します。
しかし、コピーするときには、この信号を識別したあと著作権情報を書き換えてこれは1世代目のディスク(音楽)ですよコピー不可ですよと言うCCIも記録されるのです。

そして、次に一世代からデジタル録音しようとすると、録音機がまずこの信号を検出してコピーの可否を確かめ1世代ならデジタルコピーを許可しません。


これで良いですか?
補足コメント
kazu-kun

お礼率 20% (56/270)

ありがとうございます。
ひとつだけ。どの部分からコピーしても、禁止になると思いますが、CCIはどの部分に書き込まれているのか、常にデータに含まれているのですか。
よろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-09-17 19:23:56
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 29% (141/483)

(SCMS)Serial Copy Management Systemと言う技術です。
(SCMS)Serial Copy Management Systemと言う技術です。


  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 62% (6253/9971)

CCIはどの部分に書き込まれているのか、常にデータに含まれているのですか。 そうです。通常は音声のデジタル転送にはS/PDIF(ソニーフィリップスデジタルインターフェース)などを利用します。商用の製品を除いて、これらのデジタルインターフェースには著作権信号も同時に流せるような仕組みがあります。著作権情報は音声と一緒にこのデジタルインターフェースなどを通じて絶えず送られます。
CCIはどの部分に書き込まれているのか、常にデータに含まれているのですか。

そうです。通常は音声のデジタル転送にはS/PDIF(ソニーフィリップスデジタルインターフェース)などを利用します。商用の製品を除いて、これらのデジタルインターフェースには著作権信号も同時に流せるような仕組みがあります。著作権情報は音声と一緒にこのデジタルインターフェースなどを通じて絶えず送られます。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ