OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

CPU使用量がいっぱいに

  • すぐに回答を!
  • 質問No.134085
  • 閲覧数121
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 16% (46/279)

win2000を使っているんですがソフトを3つまたは4つ開くとすぐにCPU使用量がすぐに100%近くまで行ってしまうんです。
何かいい方法がありますか?
スペックはPen(3)933 メモリは386です
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 34% (574/1662)

タスクマネージャーで見えるCPU使用率が100%になるという意味でしょうか。

とすると、動かしているソフトの数は問題でなく、
動かしているどれかのソフトがCPUを使っていると
思います。

また、使用率が100%でも、それで使っているプログラムが反応が良くないなどの問題がなければ、
それはそれでかまわないと思いますが。

うちのマシンはSETI@HOMEを動かしていて,
常時100%使ってます(^^;
逆にこれをとめれば、7%ぐらいです。
(Duron 700MHz,512MB)

100%が気になるようでしたら,ひとつひとつ動かしながら、問題のソフトを見つけて、
それを使わないか、同じ機能を持った別のソフトを
使うようにすることになるでしょう。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 40% (404/988)

こんにちは。 紛らわしいのですが、あれは、100%といっても、例えばNT4.0の場合ですが、 1/100000秒 に一回処理を行っていれば、100%なんです。(^^; これは、Windowsのタスクがこれ以上早い時間を管理できない為起こります。これを早くしちゃうと、低速なCPUが切り捨てられちゃうんですね。仕様というか、配慮と言うか、その辺の原因です。 「限界。もぅアップアップ(@@;」と言うわ ...続きを読む
こんにちは。

紛らわしいのですが、あれは、100%といっても、例えばNT4.0の場合ですが、 1/100000秒 に一回処理を行っていれば、100%なんです。(^^;
これは、Windowsのタスクがこれ以上早い時間を管理できない為起こります。これを早くしちゃうと、低速なCPUが切り捨てられちゃうんですね。仕様というか、配慮と言うか、その辺の原因です。
「限界。もぅアップアップ(@@;」と言うわけではないので、安心してください。

↓CPU利用率に関する情報でこんなものがありました。
●コンピュータがバッテリで稼動すると CPU 使用率が高くなる
http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articles/J053/7/71.htm?LN=JA&SD=SO&FR=0
●QoS を使用するプログラムによって CPU が 100% 占有される
http://www.microsoft.com/JAPAN/support/kb/articles/JP263/2/07.HTM?LN=JA&SD=SO&FR=0

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 37% (110/293)

もしかしてInternet Explorerを起動すると100%になりませんか? 私の場合はIEがおかしくてよく100%継続状態に陥ります。 IEを再起動したらたいてい直りますが・・・ こんな感じで100%にしているプログラムを特定するのがよろしいのではないかと。 タスクマネージャの一覧でも特定できますし。
もしかしてInternet Explorerを起動すると100%になりませんか?

私の場合はIEがおかしくてよく100%継続状態に陥ります。
IEを再起動したらたいてい直りますが・・・

こんな感じで100%にしているプログラムを特定するのがよろしいのではないかと。
タスクマネージャの一覧でも特定できますし。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
あなたが体験したトラブルや解決方法を共有しませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ