OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

虚勢手術をしたワンちゃんを飼ってる方へ

  • 困ってます
  • 質問No.125997
  • 閲覧数108
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 96% (27/28)

うちは、血の繋がりのないオス(9ヶ月)とメス(6ヶ月)の
ワンコ1匹ずつを飼っています。オスの方はそろそろ発情期がきたようです。
マウンティングは数ヶ月前からしていましたが、
今はメスのお尻ばかり追いかけています。人や物にはしません。
アソコにも変化が見られ、液体(?)を出すまでになってしまいました。
1日中メスを追いかけて困っています。
ひどい時なんか、メスが食事の時やオシッコの時まで上に載ろうと・・・。
自然現象なのでしょうがないとは思うのですが、メスの方は
まだ何をされてるかわかっていないのでかなりストレスになってるようなんです。
普段おとなしいのに、今は敏感になって、オスが近づいただけで
吠えて飛びついて噛もうとします。
うちにはケージがない為、入れておくことが出来ないし、したくありません。
それ以外はすっごく中がいいので、離すと両方が寂しがるんです。
メスが生理が来る前に虚勢手術をしようかと思っているのですが、
友人などから、虚勢手術をしてから噛むようになった、とか、
体を触らせてくれないようになった、という話を聞いて、悩んでいます。
動物病院の先生は、手術をすると多少はおとなしくなるし、マウンティングも減る
と聞きました。
子供を産ませる気はないのですが、やはり手術はかわいそうで・・・。
おなかを切られているのを想像しただけで泣きそうになってしまいます。
でもこのままだといっぱい子供が出来てしまいますもんね・・・。

虚勢手術をしてよかった、しなければよかった、してから変わった、
などがあれば是非お聞かせ下さい。今後の参考にしようと思っています。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 40% (143/356)

こんにちわ。
我が家にMダックス・スムースの♂3歳半がいます。
去年の暮れに去勢しました。
手術は、タマタマの中身を取り出してしまうだけで、おなかは切りませんでした。(中身は砂肝のようだったと母は申しております)(笑)

それまで、無駄吠え、マーキング・母へのマウンティングがすごかったのと、実はペット禁止のところに引越しを余儀なくされてしまったので手放すわけにもいかないので、母に勧めたんです。
無駄吠えが特にひどく、両親は声帯を切ってしまおうかと言っていました。
去勢には父も母もすごく抵抗しました。私も抵抗がありました。(特に父がショックだったようです)でも、現実を考えると行った方が良いと3ヶ月くらいかかって説得しました。子も取る気が無かったし、それでもダメなら声帯切除という方向をそこで考えて欲しいと訴えました。
施術後1ヶ月間は歩き辛い(バランスが取れなくなったようです)カンジがあったようですが、徐々に無駄吠えもマウンティングもマーキングも無くなりました。
今ではとても大人しいですよ。体を触られるのも大好きだし、以前より甘えん坊になったかも?声帯切除もしなくて済んだので、私はホッとしましたよ。(声帯切除をするくらいならされたら私と一緒に暮らすよう、家を出てやる気でしたから)
ただ、デブになります。体は元々デカいのですが、少食のワリにすぐに1kgは増えてしまいます。適度な運動はしなければなりません。

どうしても去勢してしまうのに抵抗がある(私は専門家では無いのですが、どこも悪くないのに切除してしまうのは、人間でもあまり体に良くないような気がするので)ならば、「インプラント」という方法があります。(個人ページですが下記のURLを見つけましたのでご参照ください)後日、子を取りたくなったら、取ることが可能になりますよ。これなら開腹する必要も、全身麻酔をかける必要もないですよね。獣医さんに問い合わせてみてください。

ではでは。
お礼コメント
postmark

お礼率 96% (27/28)

実は私もペット禁止のマンションに住んでいるので(家主さんは知ってますが)
ケージに入れると吠えまくるので困っています。
メスの方は全く無駄吠えをしない子なので安心なのですが。
やっぱり無駄吠えやマウンティングも減るんですね。
安心しました。
mixiさまのお言葉はすごく共感できるものがありました。
親切な回答ありがとうございました。
やっと手術をする決心が着きました。
投稿日時 - 2001-08-30 03:40:34
-PR-
-PR-

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 13% (6/43)

家ではメスを飼っていますが、田舎という事もあり近所には放し飼いの犬がいて 9ヶ月位の頃かな?避妊手術をしました。初めての生理でいきなりオス犬が家 にやって来て・・・。それまでもメスばかり2匹を飼っていた事があるのです が、どちらの犬も出産後に子宮にばい菌が入ったということで5年位で死んで しまいました。 今度の犬はこういう事にならないように、と思いきって手術しました。 既に10年生きています。 ...続きを読む
家ではメスを飼っていますが、田舎という事もあり近所には放し飼いの犬がいて
9ヶ月位の頃かな?避妊手術をしました。初めての生理でいきなりオス犬が家
にやって来て・・・。それまでもメスばかり2匹を飼っていた事があるのです
が、どちらの犬も出産後に子宮にばい菌が入ったということで5年位で死んで
しまいました。
今度の犬はこういう事にならないように、と思いきって手術しました。
既に10年生きています。当時で、5日間入院し、4万円弱かかったと記億し
ています。
確かにオス犬は来ますが、家の犬は『フンッ』って感じで全然相手にしてませ
ん。(一緒にその辺で遊んだりはしますけど)
手術をして本当に良かったと思っています。
とっても大人しく、みんなからかわいがられるいい子ですよ!!
10歳になってもまだ赤チャンのまま?って感じです。甘えん坊で。
家では今後また他の犬を飼うことがあっても必ず避妊手術はすると決めています。
お礼コメント
postmark

お礼率 96% (27/28)

子宮にバイ菌ですか・・・すごくかわいそう・・・
読んでてとても悲しくなりました。
いつどこで子供ができるかわからないですもんね。
確かに人間の勝手で手術をしたりするのは抵抗がありましたが、
望まれない子よりいいですよね。
反省しました。
みなさんの意見で虚勢手術をする決心を致しました。
参考になるお言葉ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-30 03:17:17
  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 17% (8/47)

去勢ですよ。 ...続きを読む
去勢ですよ。
お礼コメント
postmark

お礼率 96% (27/28)

そうですよね。やっぱり。
投稿日時 - 2001-08-30 03:12:28
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 42% (42/98)

去勢するのが1番だと思いますよ。手術後攻撃的な性格になるなんてあまり聞いたことはありませんね。通常、逆の目的で去勢しますから。もちろん、postmarkさんのワンちゃんがこの一般論に当てはまるとは言い切れませんが。 去勢手術は普通お腹は切りませんよ。麻酔をかけることにおいてのリスクは他の手術と変わりませんが、傷は小さな物です。 犬種・体の大きさ等で違いはありますが、6ヶ月の子であれば妊娠可能か ...続きを読む
去勢するのが1番だと思いますよ。手術後攻撃的な性格になるなんてあまり聞いたことはありませんね。通常、逆の目的で去勢しますから。もちろん、postmarkさんのワンちゃんがこの一般論に当てはまるとは言い切れませんが。

去勢手術は普通お腹は切りませんよ。麻酔をかけることにおいてのリスクは他の手術と変わりませんが、傷は小さな物です。

犬種・体の大きさ等で違いはありますが、6ヶ月の子であれば妊娠可能かもしれません。もし発情が来たら早めに手を打たないと赤ちゃんが出来てしまいますよ。もし迷っているならメスの子の発情を抑えたりオスの性行動を抑制したりするホルモン注射がありますから、取り敢えずそういう処置をしてから考えてもいいと思います。
お礼コメント
postmark

お礼率 96% (27/28)

友人の所のように、攻撃的になるワンちゃんは特別なのでしょうか。
おなかを切らないと聞いて安心しました。
今日動物病院で虚勢手術の予約を入れてきました。
メスの方がもしかして発情してそれにオスが反応してるのかもしれないそうです。
驚きました。6ヶ月でも妊娠出来るかもしれないなんて。まだあんなに小さいのに。。。
みなさんのおかげで決心が着きました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-30 03:23:01
  • 回答No.4

ホルモン剤の投与は「繁殖目的」だけれども今は出来ない場合に限るべきで(結局手術させることから余計に犬の肉体的負担が大きくなる)、postmarkさんの場合は勧められることかどうか疑問です。原則は、両方の去勢・避妊手術でそのほうが犬達の負担も少なくでき、かつ長く一緒にいられる賢い選択です。効能はほかのアドバイスされる方々の言葉を参照ください。 去勢は可哀想と考えるのは勝手です。少々きつい言い方ですが、それ ...続きを読む
ホルモン剤の投与は「繁殖目的」だけれども今は出来ない場合に限るべきで(結局手術させることから余計に犬の肉体的負担が大きくなる)、postmarkさんの場合は勧められることかどうか疑問です。原則は、両方の去勢・避妊手術でそのほうが犬達の負担も少なくでき、かつ長く一緒にいられる賢い選択です。効能はほかのアドバイスされる方々の言葉を参照ください。
去勢は可哀想と考えるのは勝手です。少々きつい言い方ですが、それは飼い主のひとりよがりであることを理解するべきです。ケージに入れることについてもそうです。可哀想だから何もしないというのは飼い主の怠慢以外のなにものでもありません。postmarkさんも気づいておられるとおり、ストレスがたまっているのは犬達のほうです。繁殖目的でもないのにオスとメスの両方を…避妊・去勢の計画をせずに購入する…この点については猛省を促します。
お礼コメント
postmark

お礼率 96% (27/28)

確かに飼い主の一人よがりかもしれませんね。
ケージについては、入れるとすごく吠えるし、怖がって入ってくれないのです。
それでもやはりケージにいれるべきでしょうか。
1匹だけ飼っているならともかく、
どちらかだけを入れるなんてやっぱり私にはできません。。。
なので虚勢手術をする決心をしました。
オスの方は日帰り出来るそうなので安心しました。
最初は子供を産ませる気も少しはありましたよ。
でも今はたいへんさがわかったので。
オスとメスの両方を飼う理由は人それぞれですよね。
全く何も計画してないわけではありません。
投稿日時 - 2001-08-30 03:30:44
  • 回答No.5

去勢手術と性格の変化について。 精巣の中でアンドロゲンが作られており, 外部の刺激を受けた脳下垂体が精巣へ 命令を出します。それによって雄性を発揮する。 去勢をする事によって,精巣でのアンドロゲンが 作られなくなり,性格が穏やかになります。 しかし,生活の中で学習をした事に対しては, 去勢をしても効果は期待できません。 アンドロゲンとは,男性ホルモンの事です。 去勢手術, ...続きを読む
去勢手術と性格の変化について。

精巣の中でアンドロゲンが作られており,
外部の刺激を受けた脳下垂体が精巣へ
命令を出します。それによって雄性を発揮する。
去勢をする事によって,精巣でのアンドロゲンが
作られなくなり,性格が穏やかになります。

しかし,生活の中で学習をした事に対しては,
去勢をしても効果は期待できません。

アンドロゲンとは,男性ホルモンの事です。

去勢手術,避妊手術を嫌がる飼い主さんの多くが,
健康な体にメスを入れるのが可哀想,,と言われます。
それでは,手術をしなかった事により,将来,
即,手術をしなければ命に関わる
子宮蓄膿症,悪性乳腺腫瘍,前立腺癌などに,
罹患した時の,動物達の精神的,肉体的苦痛について,
飼い主さん達はどのように考えているのでしょう。

その事がいつも,私の疑問となっています。

     
お礼コメント
postmark

お礼率 96% (27/28)

やっぱり性格が穏やかになるんですねー 安心しました。
みなさんのお言葉で両方のワンコを虚勢手術する決心をしました。
かわいそうなんて言ってられないですよね。
みんなの為に(ワンコも含めて)それが一番いいと思いました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-30 03:33:53
  • 回答No.7

■ホルモン剤使用による弊害について 注射による定期的な投与も、インプラントによる(徐放剤による方法)も同じホルモン剤です。正常の発情での交接、出産サイクルを経ないことで子宮や卵巣に起因した障害が起こる率が上がることはよく知られていることですが、ホルモン剤投与によって内分泌環境を撹乱することでその危険性はさらに上昇します。ピル服用と子宮癌発生比率の関係は人間で十分立証されています。 同様に男性ホルモ ...続きを読む
■ホルモン剤使用による弊害について

注射による定期的な投与も、インプラントによる(徐放剤による方法)も同じホルモン剤です。正常の発情での交接、出産サイクルを経ないことで子宮や卵巣に起因した障害が起こる率が上がることはよく知られていることですが、ホルモン剤投与によって内分泌環境を撹乱することでその危険性はさらに上昇します。ピル服用と子宮癌発生比率の関係は人間で十分立証されています。
同様に男性ホルモンと前立腺腫瘍の関連性についてもしかりです。またホルモン剤の投与は循環器系に少なからずの影響を与えます。こういったいくつかの事例から犬猫のホルモン剤服用に疑問をもちます。どうか見た目の安易さからこういった治療方法に期待感を持たないで下さい。太りやすくなるとかの症状も全てに共通のもので、手術だけのものではありません。手術を遅らせることは他の方の質問の際に書きましたが犬猫の体力的な負担を増すものであまり勧められたものではないのです。原則として家庭犬などで繁殖を求めないものは手術、事情があって繁殖期を遅らせたい場合のみホルモン剤の使用を検討すべきです。その場をごまかすためにホルモン剤を使用というのは本道ではありません。

■去勢・避妊の飼い主の道義的な責任について

私は色々な立場で望まれない犬猫の子供達を見てきました。その末路は哀れなものです。飼い主がその気がなくともちょっとした油断で子供を作ります。動物だから仕方のないことなんです。
私自身の経験もそうでした。ちょっとの油断でそこにいるはずのない野犬の子供ができてしまい。貰い手を捜して奔走した事があります。一匹はどうしても見つからず、手元に残しました。とってもかわいいんですが、雑種は雑種です。貰い手は簡単には見つかりません。その中には不幸な末路をたどるコもでてきます。雑種は一度交雑すればその後ずっと雑種です。ですから血統証がもてはやされる今の世の中ではいつ転がり落ちるかわからないのです。愛しているコの子供達を不幸にしないため、そして本当だったら貰い手のあったはずのコたちの指定席を奪わないため、犬猫を飼育し、繁殖する目的をもたない場合は去勢・避妊するのが義務なんです。生き物をペットとして飼うことは本来人間のエゴです。しかしそのエゴの中でかわいいコたちを苦しませないために人間がしなければいけない事があると思います。多分に感情的な文章で申し訳ありませんが真意を理解いただければありがたいです。
お礼コメント
postmark

お礼率 96% (27/28)

とても親切にご回答いただいてありがとうございます。
みなさんのお言葉で虚勢手術をする決心が着きました。
望まれない子が少しでも減るようにと・・・
ちょっとした油断で出来ても、それは犬のせいじゃないですもんね。
飼い主の責任ですよね。深く反省しております。
投稿日時 - 2001-08-30 03:43:43
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
飼い主同士、同じ悩みを共有!うちの子はこうだった!経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ