OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

上腕骨骨折と肩関節脱臼が同時に起きた場合の治療法

  • すぐに回答を!
  • 質問No.125685
  • 閲覧数2701
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 9% (1/11)

上腕骨骨折と肩関節脱臼が同時に起きた場合の治療法がわかりません。
骨折が先か、脱臼が先か保存療法の整復がわかりません。
おねがいします
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 69% (65/94)

 この場合、骨折としては上腕骨近位端骨折が多いのでその場合としてお答えします。まず脱臼の整復から行いますが、一般的に肩関節脱臼の場合「前方脱臼」が多いのでその場合でしたらzero posisionで牽引し、これでも整復できなければ観血的に行う用意も必要だと思います。ですからこの操作は全麻下で手術の準備も出来ている状態が望ましいと思います。整復の際に骨折部の転位がおこれば手術適応になることも考慮に入れる必要があります。
(初めからあまりにも転位が大きいか、骨頭が粉砕しているような症例では人工骨頭も考えます)
 当然ながら骨折部の化骨が形成されるまで、脱臼したままに放置することはありません。脱臼があっても骨折部が軽微な場合は、もちろん整復後に三角巾固定でも構わないと思います。
お礼コメント
koichi2

お礼率 9% (1/11)

お礼が遅れて申し訳ないです。
とてもためになりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-09-02 11:48:18
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ