OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

寝苦しさはどこから来るか?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.123803
  • 閲覧数473
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 53% (171/322)

台風が去ってまた寝苦しい夜が戻ってきました。あの寝苦しさって何ですか?
冬に布団にくるまって寝ているとします。布団の中の温度は体温36.5度で室温10度とすると布団の断熱性から考えても25度くらいはあるのではないでしょうか。また体から汗も出ていてそこそこ湿度も高いはず。冬に布団にくるまって寝ているときは温度が25度で湿度も高いのに寝苦しさは感じません。
熱帯夜にTシャツ一枚で寝ているときは室温25度でも寝苦しく感じます。
どうしてでしょう。両者の違いは何ですか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 35% (13/37)

室温が同じでも湿度の違いによって変わってきます。 夏場は冬と違って湿度が高いため、体から出るはずの汗も出にくくなります。冬場は汗をかいても乾燥している為、どんどん蒸発していきますが、夏場は周りの湿度が高いため、なかなか蒸発できないと言った状況です。 (コップに水を入れて部屋に置いた場合、夏と冬では冬の方が乾燥している為早く蒸発するのと同じ。) 湿度を下げることによって、寝苦しさはある程度防げます。
室温が同じでも湿度の違いによって変わってきます。
夏場は冬と違って湿度が高いため、体から出るはずの汗も出にくくなります。冬場は汗をかいても乾燥している為、どんどん蒸発していきますが、夏場は周りの湿度が高いため、なかなか蒸発できないと言った状況です。
(コップに水を入れて部屋に置いた場合、夏と冬では冬の方が乾燥している為早く蒸発するのと同じ。)
湿度を下げることによって、寝苦しさはある程度防げます。
  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 57% (269/468)

仮に冬の布団の中の温度と夏の気温が同じで、その他の湿度などの条件が同じであると仮定して、異なるのはおそらく平均の皮膚温だと思います。 寒いときは、皮膚の血管が収縮して皮膚温が下がっている(熱量の発散が少ない)のに対して、暑いときは皮膚の血管が拡張して皮膚温が上がっている(熱量の発散が多い)ため感覚的に寝苦しさを感じるのではないでしょうか。 このような体温の調節作用のため、結果的に体温はほぼ一定に保 ...続きを読む
仮に冬の布団の中の温度と夏の気温が同じで、その他の湿度などの条件が同じであると仮定して、異なるのはおそらく平均の皮膚温だと思います。

寒いときは、皮膚の血管が収縮して皮膚温が下がっている(熱量の発散が少ない)のに対して、暑いときは皮膚の血管が拡張して皮膚温が上がっている(熱量の発散が多い)ため感覚的に寝苦しさを感じるのではないでしょうか。
このような体温の調節作用のため、結果的に体温はほぼ一定に保たれることになりますが。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ