OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

乱闘の時

  • 暇なときにでも
  • 質問No.123362
  • 閲覧数237
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 98% (59/60)

プロ野球で選手同士が乱闘になりそうになった場合、
なんでベンチの選手までもが出て行くのでしょうか?
それでは余計に
乱闘に拍車をかけているような気がするんですが。
サッカーのように
当人同士を退場にすれば済むことなのでは?
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 17% (689/3844)

こんばんは。

野球の乱闘時に選手がみんな飛び出すのはそういう決まり
らしいです。忠誠心というか団結力というか、そういうもの
を示す場なのだそうです。
ベンチを出ないと罰金を取られると聞きました。

また、拍車をかける、という事より乱闘を止めに行く、と
いう意味合いの方が大きいです。たまにベンチから飛び
出した人が一番ハッスルしている時がありますが(^^;。
お礼コメント
InFlames

お礼率 98% (59/60)

チームに対する忠誠心ですかぁ。
確かに重要なことですよね。
士気を高める意味もあるんでしょうね。
サッカーの場合は
サポーターが選手の代わりに乱闘しますからねぇ(笑)
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-24 01:38:35
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 29% (65/220)

乱闘に加わらないと仲間はずれにされるとか.....(^^ゞ 野球に限らず「乱闘」になってるときって、皆が冷静じゃないから乱闘になってるわけで、止めるのって難しいだろうなぁと思いますよ。 あと、まぁ、不謹慎な見方かもしれないけど「プロ」スポーツとしては、多少の演出というのも有っていいと思うし、怪我人やあとのプレーに影響が出ない程度にたまにはいいんじゃないかと。 もちろん、野球の技術で「魅せ」た ...続きを読む
乱闘に加わらないと仲間はずれにされるとか.....(^^ゞ

野球に限らず「乱闘」になってるときって、皆が冷静じゃないから乱闘になってるわけで、止めるのって難しいだろうなぁと思いますよ。

あと、まぁ、不謹慎な見方かもしれないけど「プロ」スポーツとしては、多少の演出というのも有っていいと思うし、怪我人やあとのプレーに影響が出ない程度にたまにはいいんじゃないかと。
もちろん、野球の技術で「魅せ」た上でスパイスとして、ですけどね。
#単に乱闘だけだったらプロレス見てるほうが面白いもん。
お礼コメント
InFlames

お礼率 98% (59/60)

確かにみんな熱くなってるんで止めるの難しそうですよね。
怪我のないように乱闘してほしいですね(笑)
回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-24 01:33:23
  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 32% (15/46)

どっかで聞いた話しなのですが、 例え選手間の問題でもまとめて言えばチームに関わること。 乱闘に行かずに自分だけベンチに…、だと、罰金を取られるそうです<どれくらいかは知りませんが まぁ、ちゃんと止めに行こうとしてる人もいるんでしょうけどね… ...続きを読む
どっかで聞いた話しなのですが、
例え選手間の問題でもまとめて言えばチームに関わること。
乱闘に行かずに自分だけベンチに…、だと、罰金を取られるそうです<どれくらいかは知りませんが
まぁ、ちゃんと止めに行こうとしてる人もいるんでしょうけどね…
お礼コメント
InFlames

お礼率 98% (59/60)

罰金の話は以前聞いたことがありました。
メジャーリーグでもそうなんでしょうか??
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-24 01:34:57
  • 回答No.4
レベル7

ベストアンサー率 18% (4/22)

大リーグではもっと厳しいらしいですよ。もし乱闘になってベンチに残ってようなものなら、チームメイトから裏切り者として仲間外れにされるみたいです。あと日本ではデットボールを当ててピッチャーが帽子を取ってあやまるシーンを目にしますが、大リーグでは絶対にあやまってはならないそうです。野茂がイチローに当てたとき、野茂はあやまろうとしたんですが、キャッチャーが首を振ってとめてました。やっぱり文化のちがいなんですかねぇ ...続きを読む
大リーグではもっと厳しいらしいですよ。もし乱闘になってベンチに残ってようなものなら、チームメイトから裏切り者として仲間外れにされるみたいです。あと日本ではデットボールを当ててピッチャーが帽子を取ってあやまるシーンを目にしますが、大リーグでは絶対にあやまってはならないそうです。野茂がイチローに当てたとき、野茂はあやまろうとしたんですが、キャッチャーが首を振ってとめてました。やっぱり文化のちがいなんですかねぇ。
お礼コメント
InFlames

お礼率 98% (59/60)

まさに文化ですね。
各国で国民性に合ったスポーツが
それぞれの形で発展してるんですね。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-24 22:09:59
  • 回答No.5
レベル7

ベストアンサー率 33% (8/24)

今の日本の野球界では、乱闘の時ベンチにいると罰金があるそうです。たぶんチームによってそれぞれだと思いますが、その他の罰則もあるかと思います。 確かに、乱闘の当事者同士だけでも良いとは思いますが、本質的には、「加わる」ではなく「止める」為にベンチからとび出していると思いますし、やはりチームの結束力と言う意味合いからも、「仲間がやられた」という感情を表に出していったほうがチームにとってもいいからではないでし ...続きを読む
今の日本の野球界では、乱闘の時ベンチにいると罰金があるそうです。たぶんチームによってそれぞれだと思いますが、その他の罰則もあるかと思います。
確かに、乱闘の当事者同士だけでも良いとは思いますが、本質的には、「加わる」ではなく「止める」為にベンチからとび出していると思いますし、やはりチームの結束力と言う意味合いからも、「仲間がやられた」という感情を表に出していったほうがチームにとってもいいからではないでしょうか?
たぶん、自然にこう言った形になったものだと思います。
お礼コメント
InFlames

お礼率 98% (59/60)

罰金はどうかと思いますが、
チームがひとつになるってことは大切ですよね。
いわゆるモチベーションですか(N監督風で)
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-08-24 22:13:10
  • 回答No.6
レベル13

ベストアンサー率 31% (302/946)

#3yaasanさんwrote >野球の乱闘時に選手がみんな飛び出すのはそういう決まり >らしいです。忠誠心というか団結力というか、そういうもの >を示す場なのだそうです。  ここでエピソードをひとつ  1年だけヤクルトに在籍したB・ホーナーがメジャーにいた頃の話。  もともとホーナーはマイナー経験のないエリートという事で結構チーム内では好かれていなかったそうです。  ある日、怪我 ...続きを読む
#3yaasanさんwrote
>野球の乱闘時に選手がみんな飛び出すのはそういう決まり
>らしいです。忠誠心というか団結力というか、そういうもの
>を示す場なのだそうです。

 ここでエピソードをひとつ
 1年だけヤクルトに在籍したB・ホーナーがメジャーにいた頃の話。
 もともとホーナーはマイナー経験のないエリートという事で結構チーム内では好かれていなかったそうです。
 ある日、怪我で欠場していたホーナーは自軍の試合の中継でゲスト出演してたそうですが、その試合で乱闘が起こりました。
 で、ホーナー。ベンチに駆け込みユニフォームに着替えて乱闘に参加したとのこと。
 その一件が元で、チーム内の空気もよくなったそうです。

 メジャー乱闘、ちょっといい話でした♪

#いい話か?^^;

 で、補足
#4.kakukyoheiさん (なるほど、霍去病ですか)
>あと日本ではデットボールを当ててピッチャーが帽子を取ってあやまるシーンを目にしますが、
>大リーグでは絶対にあやまってはならないそうです。

 謝る⇒悪いことを故意にした⇒わざとぶつけやがったなこの野郎!!

…てことになるそうです。

 アメリカは悪いことをしたと確定するまで謝らないんですね~
#「えひめ丸」のときもそう、有責確定までは謝らないんです
お礼コメント
InFlames

お礼率 98% (59/60)

謝る、謝らないは国民性の違いですね。
「えひめ丸」の件でも
テレビでそういった見解をしてましたよ。
ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-08-24 22:15:11
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ