-PR-

解決済みの質問

質問No.1208840
暇なときにでも
暇なときにでも
お気に入り投稿に追加する (1人が追加しました)
回答数3
閲覧数33819
「あくまで」「あくまでも」の意味
「あくまで(飽くまで)」「あくまでも」という副詞の意味ですが、辞書をひくと「物事を最後までやりとおすさま・徹底的に」とあります。例文も「あくまでもがんばる、あくまでも主張を貫く」などとあります。

しかし、よく話の中で「あくまでも個人的な考えですが・・・」「あくまでも噂です」「あくまで一例です」「あくまでの話しです」などという風に使われます。このような文章中では「徹底的に」という意味ではないと思うのですが、どうなのでしょうか。
投稿日時 - 2005-02-08 20:01:23

質問者が選んだベストアンサー

回答No.3
あくまでも、という意味の「徹底的に」という所から転じて、「完全に」とか「中途半端ではなく(どこまでも)」という様な意味合いも持っています。


「あくまでも個人的な」
完全に個人的な

「あくまでも噂です」
=「あくまでも噂[に過ぎません]」
完全に噂に過ぎません

「あくまで一例です」
=あくまで一例[に過ぎません]」
完全に一例にすぎません

「あくまでの話です」
・・・すみません、この用法は聞いた事がありません。
投稿日時 - 2005-02-08 21:19:17
この回答を支持する
(現在1人が支持しています)
お礼
やはり「完全に」という意味ととらえれば、これらの用法は正しいということなのですね。ありがとうございます。
投稿日時 - 2005-02-11 14:42:17

ベストアンサー以外の回答 (2)

回答No.2
あくまでも頑張る→飽くまでも(飽きるの変形)頑張る→最後まで頑張る
あくまでも私の意見ですが→全く私の意見として聞いてほしいのですが→他にも違う考えや意見はあるのが前提です。
こんな感じでしょうか。
投稿日時 - 2005-02-08 20:14:20
この回答を支持する
(現在1人が支持しています)
お礼
なるほど。「これは全くひとつの事(物)であって、他にもあるけど」という意味の「全く」であると考えればいいのですね。ということは「徹底的に」という意味をもつ「飽くまで」とは別の意味をもつ単語なのでしょうか。
投稿日時 - 2005-02-08 20:30:59
回答No.1
「あくまで」には『どこまでも』という意味も持ちます。
「どこまでも個人的な考えですが…」は、個人的な考えの範疇を出ませんが、の意味で使うのでよいのでは。
投稿日時 - 2005-02-08 20:05:53
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
「どこまでも」という意味もあるのですね。その意味で考えれば意味が通るような気もしますね。
投稿日時 - 2005-02-08 20:18:17
この質問は役に立ちましたか?
72人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

回答募集中

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
国語
-PR-
-PR-

特集

誰かに自慢したくなる生物学の問題集!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

発見や気づきのある調査結果をお届け!

OKDreamsにあなたの「夢」を投稿して!
抽選で30組60名様に試写会ご招待!

このQ&Aの関連キーワード

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
国語
-PR-

ピックアップ

おすすめリンク

-PR-