OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

MIDI端子とTO HOST(パソコン端子)の違いについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.116970
  • 閲覧数1116
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 12% (132/1044)

楽器のキーボードで、MIDI端子とTO HOST(パソコン端子)の違いについて説明していただきたいのですが、よろしいでしょうか?

思うのには、いずれもMIDIデータをやり取りする端子ですが、MIDI端子の場合にはMIDIインターフェイスとMIDIケーブルが必要で、パソコン端子の場合にはこれが不要で、これ以外の何かが必要・・・なんだかわからなくなってしまいました。

よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 34% (574/1662)

MIDI端子はMIDIの規格を満たしているいろんな物が
接続可能な端子です。
TO HOST端子はMIDI端子が無いパソコンにつなげるための
端子で,厳密にはMIDI規格を満たしていないデータが
やりとりされます。楽器の場合はついていない場合が
多いと思います。DTMとしてパソコンとつなぐ場合,
パソコン側にMIDI I/Fを追加しなくてもいいように
DTM音源に追加されてきた物です。

TO HOST端子はパソコンのシリアル端子(RS-232C,RS-424)に
接続します。
ケーブルはシリアル接続用の物を使いますが,お互いの
コネクタの形状によりいろんなものがあります。
確実な所では,キーボードのマニュアルに接続ケーブルの
型番等があると思いますので,それに従うといいと思います。
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ