• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

デッサンに決まったやり方はあるのでしょうか。

 私は趣味で鉛筆で絵を描いています。  ある美術系のHPを見ていたら、陰影は塗るのではなくて、斜線を角度を変えて加えて変化をつける、というような事が描かれていました。  しかしながら、私の持っている本(A・ルーミス)だと、そうでもない塗り方で陰がつけられています。  そのほかに、スーパーデッサンという本ではほとんどが線によって陰がついているのがよくわかります。  昔、姉が美大に入学するためにアトリエに通っていましたが、先を細くした鉛筆を何本も持っていましたが、私はあそこまですつ必要があるのかと思ったりもしました。  疑問に思うんですが、正しいデッサンという方法が画一されいているものなのでしょうか?  別に美大にはいる気はないですが気になりました。美大の試験とか行く人は、やっぱり、美大せいならぬデッサンをする人間が、みんな先が異様に極細の鉛筆で同じようなデッサンをしているんですか?陰はすべて線でつけ、陰がもともと線であることをわかるようにしておくものでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数575
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • ismael
  • ベストアンサー率33% (228/687)

皆さんが仰るように「正しいデッサン」など存在しません。自分の好きなように描いて良いのですが、デッサンって何の為に描きます?対象物の「本質」をつかむ為の行為と私は考えます。つまり対象を「よく見る」必要があります。陰影を塗りつぶす場合、対象をよく見ないでデッサン(紙)の方ばかり見て一様に塗りつぶしてしまう人が多いのです。そうするとデッサンする意味が半減しませんか? 手法に充分自覚的であればどんな手法もOKだと考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに描くことに夢中になっていると、対象を見なくないで描いていると、昔言われたことがあります。美術の先生に。この質問でなんとなく雰囲気はわかりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • デッサンで斜線。あれは何ですか?

    デッサンとかで影の部分に斜線を沢山ひきますが、あれば陰影ですか? 濃いとクロスさせて沢山ひくし、薄いと少しシャッシャってやる位ですね。 陰影の他に質感とかもあるのかな?とにかくあの斜線が鉛筆でかくときの ベストな陰影の表現ってことでしょうか?何となく見よう見まねで使ってますが。 明確な答えが分かりません。

  • 鉛筆デッサンのコツ 

    12日に入試があります。美大ではないのですが、鉛筆デッサンが試験にあります。 近年の傾向としては、75分間でコップと布を好きなように構成しデッサン、果物をデッサンなどです。 そこで悩みがあります。 ・本番でもおそらくそうなのですが、スケッチブックの画用紙のようなザラザラした画用紙にかくと、鉛筆の粉が定着しないというか、荒く削れるので、若干まだらでもないけど、すれてすぐ黒くなってしまい、ぼやけて密度をあげられない。(主にHBで仕上げに2HやらBを使っています) ・美術の先生は「真っ黒な部分や、真っ白な部分は画面にほんのちょとしかおけない。面積を大きくしてはならない。」というのですが、webなどでうまそうな人のデッサンをみると結構陰影が激しい。 本当にへたくそなのですが・・・参考に自分のかいた絵を載せます。それも含めて何かアドバイスお願いします(><)

  • デッサン力をつけたいのですが…

    今日は、都内の美大に通っているデザイン系学科の学生です。 行きたい就職先のテスト内容がデッサン必須であったことで焦り、最近デッサンに力を入れています。 しかし…枚数は描いていますが、思ったようにデッサン力がつきません…。 人並みにデッサン力をつけたいと思い、市販の教本(スーパー鉛筆デッサンなど)をみたのですが、頼りにならず…。 また、彫刻科の課外授業も受けて見たのですが、教授には絵力が無く、絵が嘘で自分勝手だとまで言われてかなり落ち込んでしまいました…。 私はデッサン紙を黒く汚すほうで、材質の描き分けを過剰にしたり。 ちまちま描きこみ過ぎて、全体の形や本質を見抜く力が無いらしいのです。 鉛筆よりも練り消しを多く使うタイプですし…。 小さなエスキースでも線すらおぼつかなくままなりません…。一発描きなど自分の線に自身が持てないのです! どうしたらモチーフの全体を見れるようになるでしょうか? モチーフを全体的に把握するためのポイントを教えていただきたいです><

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
noname#16191
noname#16191

こんばんは^^ 私の受けたデッサンの授業でも「線で面を表せ」と 言われました、ですが技法と言うものは どちらかと言うと「やりました」とあからさまに 分かる方法ではなく「よくみればそうやっている」という、 料理で言う「隠し味」の様なものだと思います。 隠し味は、使わないと意味が無く、使ってその物を 引き立てる、ある「効果」を生むもの。 人によっては軟らかいエンピツでクロスさせ、 見た目分からない様に重ね陰影を出される方も いらっしゃいますよ。 どのエンピツの種類を使うかは人の描きたい イメージ、シャープだったり柔和だったり。 指でぼかしたり、食パンで消したり、 練り消しだったり、クロスした線描きの後で 一味加えるとまた雰囲気がかわります、 メリハリなどのご利用ください^^ 基礎はほとんど同じですが、そのからの発展は自由です^^ 答えはありません。趣味であれ気持ちよく、 絵をお描きになってください! ではでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり、学校だと"標準"があるんもんなんでしょうか。見る側としてはその"標準"がなっていないとだめなんでしょうかね。 ありがとございました。

  • 回答No.2
noname#8978
noname#8978

八ッチングしたり、とがらせた鉛筆を立てて描いたり、寝かせて描いたり、使い方は色々です。 さらにそれを擦筆(さっぴつ・・紙でできたぼかすための道具)でこすったりガーゼや指で擦ったり、いろいろありますよね。 受験ではないので自分のしたい表現に合った方法をとればなんでも良いのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まぁ、そう言われると返す言葉もないんです。 ありがとうございました。

  • 回答No.1

クロスハッチなんて言いますね。 陰影の強弱を付け易いからだと思っていましたが・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。  描いた後に、こすって、陰をすべてぼかしても、よいということですかね。紙でできたぼかすための道具ってありますよね、。

関連するQ&A

  • デッサンとは何でしょうか?

    よく質問や回答に、「デッサンが~」「デッサンをした方が~」と言う文言を見受けますが、多くは「美大受験向けデッサン」を指しているのだと思います。 「美大受験向けデッサン」はデッサン表現の一部と言う事は正しいでしょうが、「美大受験向けデッサン」=「デッサン」と言うのは誤りがある気がします。 実写的なデッサンは「物体を立体構造的に認識する事」。 漫画的なデッサンは「全体のバランスを意識する事」。 と言うのも見かけますが、定義が二つある事はおかしい。 漫画絵も、3Dのモチーフを2Dにしているのだから、立体認識は必要なので、一つにまとめてしまえばよい気がしますが、それでよいのかどうかと言う疑問もあります。 デッサンとは何でしょうか? ネットで調べてみたらこんなコメントがありました。 「デッサンはフランス語で、線でカタチを表現する事をいいます。辞典によっては輪郭を描くという意味があります。今美術学校の受験で行われているデッサンは正式にはデッサンではありません。」 これは本当でしょうか。 これが本当なら、寧ろ漫画絵のほうがデッサンらしい表現になりますね。 (あくまでも語源であって、今の意味とは違うでしょうが)

  • イラストに必要なデッサン力ってどれくらいですか?

    イラストで、人物画を上達させたいのです。 最終的に結構なリアル絵を描きたいのですが、 その場合のデッサン力って、 (1)美大受験バリバリのレベルデッサン (2)絵画教室レベルのデッサン どっちでしょうか? もちろん美大受験レベルがあれば越したことがないんでしょうけど、 その場合莫大な時間がかかってしまいますのでちょっと抵抗が・・ いや、どうしても必要ならやるんですけどね。 ちなみに今現在の私のスペックは ・イラストの練習1年経過 ・デッサンと言ってもポーマニで陰影をつけずに線だけで形をとるだけの練習 ・模写少々 こんな感じです。 いろんなサイトを見たんですけど、模写で十分とか、デッサン至上主義な人とかの意見で真っ二つなので、みなさんの経験に基づいたお話とか 聞きたいです。もちろんこの質問の内容にかかわらず、アドバイスとか も聞かせてほしいです。お願いします。

  • 鉛筆デッサンについて

    鉛筆デッサンについて質問です。 芸大の受験で鉛筆デッサンがあります。 日々練習をしているのですが、 先生の指導がそれぞれ違って、どちらの方法を採用すれば良いのかわからなくてパニックになってしまいました。 片方は、 ・形どりは構造から理解するために3Bを使ったりして軸や面の変わり目、面なども含め描く ・はじめは鉛筆をやや寝かせてでも大まかに明暗をつける ・ビンなどの白い光った部分もはじめは形に沿った線で覆って陰影をつけてから後で練り消しで抜く ・(石膏の時)→はじめの方では2B、3Bを寝かせて使って、ぼんやりと描き、徐々につめていく と指導してくださり、 もう片方は ・形どりは必要最低限の輪郭線などにとどめ、出来るだけ薄く少なく描く ・はじめから鉛筆は寝かせずに立てて描き、線の集まりで形や影を描く ・白く見えるところや薄い箇所は最初からわりとよけて描く ・(石膏の時)→静物の時の様に形どりは薄く最小限に、時には輪郭のみぐらいの勢いで、それから書きこみも終始立ててハッチングで描く と指導してくださりました。 おそらく両方、デッサンの法としてあるのでしょうが、 もし日本画受験のためにデッサンを描くのなら、どちらを採用すれば良いのでしょうか。 回答よろしくお願いします。

  • 人物画デッサンの顔の描き方

     鉛筆デッサンに凝っていて、芸能人や友人などの写真から人物画デッサンを描いています。 ところが、いくら一生懸命に描いても、どうしても顔が本人に似ないのです。  現物(写真)と見比べても、輪郭や陰影、形などほとんどそっくりに描いているのですが、どうも「本人らしさ」が表現できません。  「なんとなく似ている」程度にしかならず、どこをどうすればいいのか分かりません。 よく新聞などに非常にかんたんな似顔絵が描いてありますが、一目見ただけで誰を描いたのか分かります。でも自分が書くと、どんなに似せて書こうとしても本人に見えないのです。  一般的に人物の顔を似せて書くには、どこに重点があるのでしょうか。個人的には目と輪郭線、ヘアスタイルだと思いますが、決定的なポイントがあれば教えて欲しいです。  是非よろしくお願いします。ちなみに当方は美大や絵の学校などに行ったことはありません。あくまで趣味で書いています。

  • デッサンが上手くならない

    私は美大のデザイン系を目指している受験生で、予備校でデッサンをしています。 先日、観察して描けたかな、と思ったのに、制作を終えて離れて見ると影や色、タッチが汚いことに気づいてすごく落ち込みました。 絵がボサボサとしていて、タッチがそのものになっていないというか、、 前々からそれが癖だったので気をつけようと思い 2Hとかの硬めの鉛筆で寝かせて描いたのに うまくいきませんでした。 みんな、ぴしっと描けているのに、何故できないんでしょうか 絵もなんだかきまってなくて、かっこ悪いです。 私はみんなより早く予備校に通い始めたのに、下手で、汚くて、かっこ悪くて、恥ずかしいです。 いつも、理想とは違った絵になってしまい、次こそは!と思って次のデッサンに臨むのに、また違う過ちをおかしたりして、いつもうまくいきません。 美術なんて、向いてないんじゃないかとも思うけど、 やっぱりやりたいので、諦めずに努力するしかないと思います。 でも落ち込んでしまいます。 予備校は友達も居ないし先生にも聞きづらいので、ここで質問しました。 アドバイスお願いします。

  • デッサンって・・・

    私の趣味はイラストを描くことです。 自分で言うのも何ですが、漫画絵ならそれなりに描くことができます。 美大を出てる方に上手い!と言われる位です。 しかし、デッサンとなると全く駄目です。 小学生以下のような気もします。 漫画絵は輪郭が勝負といえば勝負ですので、とりあえず対象物の形は取れるのですが、そこから先がわかりません。 陰影をつける、起伏を表現する、面で見る、などは本を読み理解できてはいるんですが、どう手をつければいいのか皆目見当がつかないというか。 例えば、フォトショップで形をとった後、ガッと塗りつぶしてからブラシのサイズや濃淡をとっかえひっかえで徐々に細部に手をつけていくような描き方で慣れてきたせいか、形をとった後の真っ白な内部をほっそいほっそい鉛筆の先がどこをどうやって・・・。 まったくイメージがつきません、思考が停止してしまいます。 全体をまず塗って・・・というやり方は駄目って言うし、大雑把に面をとると面のふちあたりの角(わかります?)がかくかくしすぎて修正できないわ、線が強いと後から響いてくるわ、かといって面のカーブやらを最初っから精密に描いていくのはちょっと違うと言われるし。 画板ごとへし折ったろか!という気分になります。 誰かが長時間デッサンしている様を動画で見れば解決つくような気もしますが、そういう動画を見たことがないので・・・。 ここさえ、ここさえ理解して乗り越えれば!!!!と、ジレンマで一杯です。 長々とすみません。 説明がわかってもらえたか心配ですが、今このような状態です。 どなたかアドバイスもらえたら嬉しいです。 上記にある動画とか教えていただけるだけでも・・・。 よろしくお願いいたします。

  • デッサンの学習方法について迷っています

    受験用や趣味の絵画ではなく基礎力をつけるという意味でデッサンの勉強がしたいのですが、経済的な問題で美大などには通えません。 ひたすら独学、美術教室(趣味ではない)に通う、通信教育、ネットでの添削、色々とありますが、こういう場合どんな方法がベストなんでしょうか。 ちなみに、西洋式の”面”で陰影を表現する技術と、輪郭を正しく取る”線”の技術のどちらもバランスよくつけたいと思っています。結果的にはイラストなどでリアルな陰影をつける技術に役立てばと思っています。(この能力にデッサンは不可欠ですよね) 枚数をこなすことが大事と聞きますがやはり添削は必要だと思うので通信教育がネット添削と違って実物も送れるということでも良いのではと思っています。 しかし、美術教室に通ってリアルタイムで指摘してもらう、口頭で説明してもらう方がずっと効率がいいのではないかとも思うのですが、それらの「通うメリット」が本当にデッサンの上達に大事なのかどうか分かりませんし、近くにそういった施設が無いので交通費、もしくは引越しが必要となり、金銭的にそれは避けたいです。 ひたすら枚数をこなしていくだけで良い、などとも聞きます。 実際に上達した方の意見が聞きたいです。

  • デッサン初心者です。

    現在、学校でデッサンを週一回習っています。 先日は人物デッサンだったのですが、先生は鉛筆を使ってデッサンをしている人には木炭で描くように指導していました。 私は今までに一度だけ絵の学校へ通っていたのですが(短期間)、木炭は初めてでした。 先生が他の生徒に指導しているのを見ていると、木炭を使い、まず木炭で大まかに黒い影を作らせていました。 そこから人物を描き始める、というような指導でした。 といっても線で描くというようりも陰で描いていく・・・といったかんじです。 私もそのようなデッサンの練習をしたほうがいいと言われて、挑戦してみたのですがなかなかこつがつかめません。 そのような木炭デッサンのコツ、詳しい書籍など、アドバイスをお願いします。

  • デッサンでモノの存在感を表現するには?

    こんにちは、美大を目指して美術系予備校に通っている高3の者です。 予備校でいつもデッサンをしているのですが、先生によく “質感は出てるけど存在感が薄い”とか “量感が足らない” と言われます。 量感を出そう!と気を使って描いてもどうもうまくいきません。 物がちゃんと置いてあるように影をしっかり描く 置く鉛筆の量を増やす という方法をしてみたのですが、なかなかうまくいかなくて・・・。 もう夏休みも終盤に近づいているので、少しあせっています;;  どうすればモチーフの存在感が出た作品になるのでしょうか? 教えていただけたらうれしいです。

  • 美術の勉強、デッサンなどについて

    私は今中学2年生なのですが、理由あってどうしても美術の学校に行きたいのです。 私が行きたいところは頭もよくなければいけないし、公立高校なので落ちれば最悪です。 頭は今の時点で平均よりもずっと悪いですが、頑張って勉強して良くしたいです。 けど、絵は姉によると美術の先生に教えてもらわないとなんともならないそうです。 去年の先輩で受かった人がいるんですが、頭もずば抜けていい上デッサンは先生に必死になって教えてもらった努力家です。 でも私は美術部でもないし、部活には入れる状況ではありません。 美術の先生に教えてもらうにも美術の先生は美術以外にもいろんな部活を教えているので難しいし、何より私は極度の人身知りで教えてもらうにもままならないのです。 本気で行きたいならそんなわがまま言うな、と言われてしまいそうですがどうしても無理です。 独学でデッサンを覚えて美術の高校に入れるんでしょうか。 参考になるかわかりませんが、私の学校での美術の成績は4です。(他でも4というのかわかりませんが、一番上が5です。) 私は、人の絵を描くときに顔の周りに何本も線を入れて描く描き方と輪郭から描く方法が苦手です。 一発描き?です。それに人の骨が出っ張ってる場所や、手の形、足なんかも描くのは苦手です。アニメ絵にもなってしまいます。 美術の学校に受かるために必要なことを教えてください。 デッサンの資料なんかも探してみましたが、解剖学?みたいな筋肉むき出しの人間の絵ばっかりでよくわからなかったので、見てみると良いインターネットの資料や本など教えてください。 あと私は色塗りや服のしわをかくのも苦手なのですが、それも必要でしょうか。 たくさんわがままなことを言っていますが、教えてもらえるとうれしいです。 もし質問の一部のことでもわかることがあれば教えてください。 きつい口調や、お叱りの言葉などはあまり多いと本当にヘコむので控えめにして頂きたいです。 文章が乱れていてすみません。 何卒、宜しくお願いいたします。