OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

所有格としてのme

  • 暇なときにでも
  • 質問No.112698
  • 閲覧数303
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 70% (291/411)

映画などを見ていると、myのかわりにmeを使うことがよくありますね。He's me husband.とか。こういうmeの使い方をするのはどういう場合(人)なのでしょうか。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 38% (482/1255)

私の考えでは

1.英語をしっかり勉強しなかった人、ボキャブラリーがない人
これは英語を母国語としている人でも十分な教育が受けれなかった人も含む

例:Me no English, Me no money ...etc

2.シャレで使う人
上記1を皮肉ってマネる人

3.子供
まだ英語の文法がよくわかってないから
お礼コメント
mtkame

お礼率 70% (291/411)

ありがとうございます。ネイティブにとってはIやmyよりmeの方がなじみが深いということでしょうかね。
投稿日時 - 2001-08-02 20:51:31
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 29% (1122/3749)

小声で言うとか、あまり強く発音しない時は「mai:マイ」でなくて「mi:ミー」と発音されます! これは多分どの辞書にも発音記号として出ていると思います...因みに今手元にあったのは旺文社の「ニューサンライズ」です。 ...続きを読む
小声で言うとか、あまり強く発音しない時は「mai:マイ」でなくて「mi:ミー」と発音されます!

これは多分どの辞書にも発音記号として出ていると思います...因みに今手元にあったのは旺文社の「ニューサンライズ」です。
お礼コメント
mtkame

お礼率 70% (291/411)

初めて知りました。でも小声だから「マイ」が「ミー」に変わるなんてことが本当にあるんでしょうか?
投稿日時 - 2001-08-02 20:48:40

  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 23% (256/1092)

ラテン語などでは、与格や奪格というのがありました。 英語にすると、rob of meのof meとか、give meのmeとかです。 特に後者は目的格と言われますが、英語では与格の役割がなくなってきたというのが実際のところです。 myのかわりにmeを使うというのは、ひょっとすると、与格なのかもしれませんよ。 つまり、He's for me husband.とか、そういう可能性もあるん ...続きを読む
ラテン語などでは、与格や奪格というのがありました。
英語にすると、rob of meのof meとか、give meのmeとかです。
特に後者は目的格と言われますが、英語では与格の役割がなくなってきたというのが実際のところです。

myのかわりにmeを使うというのは、ひょっとすると、与格なのかもしれませんよ。
つまり、He's for me husband.とか、そういう可能性もあるんじゃないでしょうか。

とはいっても、そういうことを言う人が言語の知識があってしゃべっているわけでないのだったら、下の人たちの理由でしょう。
お礼コメント
mtkame

お礼率 70% (291/411)

うーん、確かにそれほど文法的に深く考えて使っているとは考えられないですね。(^_^;)
投稿日時 - 2001-08-02 20:46:15
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 24% (92/378)

ほんとは詳しい方にお任せしたかったのですが、 まだ投稿がありませんので、参考までに。 それは黒人英語をはじめとするクリオール英語でしょう。 クリオール英語というのは、他の言語との混成でできあがった英語です。 したがって、純粋な(?)英語とは文法が異なります。 所有格(my)が目的格(me)で代用されるというのは、 クリオール英語で見られる例です。 クリオール英語に至る前のピジン英語でも同 ...続きを読む
ほんとは詳しい方にお任せしたかったのですが、
まだ投稿がありませんので、参考までに。

それは黒人英語をはじめとするクリオール英語でしょう。
クリオール英語というのは、他の言語との混成でできあがった英語です。
したがって、純粋な(?)英語とは文法が異なります。
所有格(my)が目的格(me)で代用されるというのは、
クリオール英語で見られる例です。
クリオール英語に至る前のピジン英語でも同様の現象が見られます。
ピジン英語というのも混成英語ですが、クリオールと違って
文法が確立されていません。

というわけで、He's me husband. のような言い方は
知識不足や教育不足が原因ではありません。
学校で「文法」を学ばなくとも言語は習得できます。
単に純粋な(?)英語とは異なる文法を用いているだけです。
お礼コメント
mtkame

お礼率 70% (291/411)

ありがとうございます。クレオールでもそういう使い方があるんですか。
私の記憶では、アイリッシュとかコックニーといったネイティブ(?)が使っていたところしか覚えていないので、方言としてそういう言い方があるのかとも思いましたが、そうでもないようですね。
投稿日時 - 2001-08-02 20:44:52
  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 24% (92/378)

ちなみに Long time no see! 「久しぶり!」という 表現はピジンだかクリオールだか忘れましたが、混成英語です。 中国語の文法に則って「久しぶり」と表現するとこうなるそうです。 だからといって、中国語と英語の混成かどうかは定かでありませんが。
ちなみに Long time no see! 「久しぶり!」という
表現はピジンだかクリオールだか忘れましたが、混成英語です。
中国語の文法に則って「久しぶり」と表現するとこうなるそうです。
だからといって、中国語と英語の混成かどうかは定かでありませんが。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ