OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

Brown-Sequard(ブラウン-セカール)症候群の運動障害

  • すぐに回答を!
  • 質問No.100311
  • 閲覧数2272
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 10% (8/74)

Brown-Sequard症候群で例えば第5頚髄半側が損傷を受けた場合、下位ニューロン障害(弛緩性麻痺)が現れるのは第5頚髄レベルに支配される筋だけなのでしょうか?とすると、上腕三頭筋や前腕の筋には上位ニューロン障害(痙性麻痺)が現れるのでしょうか?本には上肢は弛緩性麻痺、下肢は痙性麻痺と書いてあったのですが・・・。わかりにくい質問ですみません。
あと、自律神経にはどういった症状が現れるのか、ご存知の方がいましたらこれもお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 69% (65/94)

 基本的に末梢神経障害の場合は「弛緩性麻痺」、中枢神経障害の場合は「痙性麻痺」なので、損傷レベルによって症状が変わります。運動神経は、脳から手足の末梢部までに3つのニューロンを介しているので、神経筋接合部のニューロン(最も末梢のニューロン)が残っていれば「痙性麻痺」になるはずです(いわゆる核上麻痺)。運動神経は脳のarea4から錐体路を通って延髄で交差し、脊髄の前根に達します。この時点で2つのニューロンを ...続きを読む
 基本的に末梢神経障害の場合は「弛緩性麻痺」、中枢神経障害の場合は「痙性麻痺」なので、損傷レベルによって症状が変わります。運動神経は、脳から手足の末梢部までに3つのニューロンを介しているので、神経筋接合部のニューロン(最も末梢のニューロン)が残っていれば「痙性麻痺」になるはずです(いわゆる核上麻痺)。運動神経は脳のarea4から錐体路を通って延髄で交差し、脊髄の前根に達します。この時点で2つのニューロンを介し前根で最終ニューロンに移行するので、C5レベルの損傷で、その神経根が損傷を免れたのであればC5に支配されているdeltoidは痙性麻痺になると思います。自律神経に関してはこの限りではないので、同側の自律神経症状が出ると思います。
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 55% (148/265)

第5頚髄半側が損傷を受けた場合、脊髄前角細胞もおかされますので、この部位では弛緩性麻痺となります。それ以下では、痙性麻痺です。上腕三頭筋はC6-8支配ですから、痙性麻痺となります。 頚髄には自律神経線維は入っていないので、自律神経症状は出ないのでは?
第5頚髄半側が損傷を受けた場合、脊髄前角細胞もおかされますので、この部位では弛緩性麻痺となります。それ以下では、痙性麻痺です。上腕三頭筋はC6-8支配ですから、痙性麻痺となります。
頚髄には自律神経線維は入っていないので、自律神経症状は出ないのでは?
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ