-PR-
解決
済み

ベクトルで表わす

  • 困ってます
  • 質問No.86958
  • 閲覧数72
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 53% (85/160)

(1)直線をベクトルで表わすとどういう式になるか。
(2)円をベクトルで表わすとどういう式になるか。

こんな質問があったらどういう風に答えればいいのでしょうか?
基本ベクトルを使うのでしょうか?よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

t,r以外の小文字は、上に→がついているとしてください。
両方共に、教科書に載っていることですが。。

(1)2通りあります。
点A(a)を通り、dに平行な直線上の点P(p)
p=td+a
2点ABを通る直線
p=ta+(1-t)b
p=(1-t)a+tb

(2)点A(a)を中心とする半径r上の点P(p)
|a-p|=r

です。
お礼コメント
knightluck

お礼率 53% (85/160)

ご回答ありがとうございます。
確かに教科書に載っていることなのですがあまりにも問題が漠然としていて手のつけようがありませんでした。
投稿日時 - 2001-06-09 21:04:27
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 31% (81/257)

まともな答えじゃないですが..。 2次元ですかそれとも3次元?一応3次元ということで..。(直線はどちらでも同じ) 1)直線:P + tV(P:直線が通る、任意1点の位置ベクトル、t:パラメータ、V:単位方向ベクトル)ですが、図形処理では普通、P,Vだけで持ちます。 2)円:図形処理では普通、 ・(単位)法線ベクトル ・円の中心の位置ベクトル ・円の半径 で表現します。
まともな答えじゃないですが..。

2次元ですかそれとも3次元?一応3次元ということで..。(直線はどちらでも同じ)

1)直線:P + tV(P:直線が通る、任意1点の位置ベクトル、t:パラメータ、V:単位方向ベクトル)ですが、図形処理では普通、P,Vだけで持ちます。

2)円:図形処理では普通、
・(単位)法線ベクトル
・円の中心の位置ベクトル
・円の半径

で表現します。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ