-PR-
  • すぐに回答を!
  • 質問No.8655489
解決
済み

AutoCAD2007の検索置換について

  • 閲覧数229
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 78% (47/60)

AutoCAD2007にて複数のファイルへのコマンドスクリプトをスクリプトメーカーを使用し作成しようとしましたが、findコマンドを使用するとダイアログボックスが出てきてしまい処理を続行することができませんでした。

そこで何かまたいいフリーソフトがないか探していた所、AcText(Ver1.47)というソフトを見つけました。

使用方法は非常に簡単だったのですが、エラーが出てしまい作業が出来ませんでした。
エラーの内容は「作業ファイルの削除に失敗しまいた。」と出てきました。

ログ情報は以下の様になっています。

前面表示設定:常に前面表示に設定します
作業フォルダ内の残骸を削除します
  AcTextAcad0001.DWGを削除します
--------------------
バッチ処理開始
--------------------
実行ファイル:□□□□□□□□□□□□□.DWG
CAD:コピー図面にリンク N0004763,YK71967,SEQUENCE,CUD-P020_01.DXF.DWG
  作業ファイル生成 AcTextAcad0001.DWG
  図面コピー中
  バージョンチェック
  ファイルのフルパスを取得
    └システム変数を復元
■■エラー■■CAD:ファイルのオープンを確認出来ませんでした。
  作業ファイルの最終処理は行いません
  作業ファイルを削除します AcTextAcad0001.DWG
■■エラー■■CAD:作業ファイルの削除に失敗しました
  作業ファイルを削除します C:\AcText\WorkFolder\AcTextAcad0001.DWG
■■エラー■■CAD:作業ファイルの削除に失敗しました
--------------------
前面表示設定:通常に設定します
--------------------
■■確 認■■エラー、警報、注意のいずれかがありました。内容を確認してください。
設定ファイル:開いています「C:\AcText\AcText.INI」
設定ファイル:保存中


何か手順が間違っているのでしょうか。
どなたか教えて頂けますでしょうか。宜しくお願い致します。
  • 回答数1
  • 気になる数0

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 56% (196/348)

たしか、FindとかQSELECTはスクリプトでは使えなかったと思います。

ご自分でLISPなどでオブジェクト検索用のコマンドを作って、それをスクリプトで実行させたらいかがでしょうか?
ssgetというコマンドにフィルターをつけて実行すれば希望のオブジェクトだけ検索できます。

※LispファイルはAutoCADにドラッグ・アンド・ドロップすれば実行できますが、図面をまたいで実行できないのでコマンド化しておかなければなりません。
補足コメント
kimiyo123

お礼率 78% (47/60)

返事が遅れてしまい申し訳ありません。

Find等のコマンドはスクリプトでは使用できないことは分かったのですが、AcText(Ver1.47)というフリーソフトはその検索、置換を複数のファイルへ行うことが出来るというソフトらしいのですが、そのソフトが使用出来なかったのです。

ご回答ありがとうございます。
少し、そのLISPというものについて調べてみたいと思います。
投稿日時 - 2014-07-02 17:20:39
お礼コメント
kimiyo123

お礼率 78% (47/60)

現在はAcTextを使用し、一つのファイル毎に検索、置換を行って対処をしております。

まだ、LISPについては調べることが出来ていませんが
回答して頂いたこと、感謝しております。

また、宜しくお願い致します。
投稿日時 - 2014-07-09 09:44:55
  • ありがとう数0
-PR-
-PR-
  • 回答数1
  • 気になる数0
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?

関連するQ&A

-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ